FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同居。。。

2012.05.23 (Wed) 父の看護日誌

突然ですが、3月から父と同居生活が始まっています。

順を追って、綴っていこうと思う。

1月のケアマネさん来訪日。
恐れていた、ケアマネさんの変更が伝えられた。
Tさん、会社を辞めて自宅近くでケアマネの仕事を始めるそうな。

父が介護保険を申請して、今年の2月で丸5年になる。
当初から、担当してくれて、義弟のケアマネも務めてくれて
我が家の事情を、よく理解してくれていたTさんです。
思えば、父も時折やらかしてくれたけど、まあまあ安定していて
義弟の介護で、限界に近かった私の相談や愚痴を
嫌な顔しないで、根気よく聞いてくれたケアマネさんです。

「このままTさんに、お願いするわけにはいかないの?」

と聞いたら、担当の方々を連れていくことは禁止というのが
退職する際の、決まり事だそうです。
残念なことに、これで縁は切れてしまうわけです。

次のケアマネさんを、自分で見つけるか?
会社の方で、引き継ぎするか?は
我が家で、選択出来るそうなので
Tさんの信頼する方を、お願いしたいと伝えた。
3月で退職だけど、2月の中旬から有給を消化するとのことで
2月の訪問日に、新しいケアマネさんを連れてくることになった。

2月になって、新しいケアマネさんKさんを紹介された。
Tさんもイケメンちゃんだったけど、これまたKさんも
背が高くかなりのイケメンちゃんです( ´艸`)ムププ
専業主婦のこのおばちゃんにとって、若いお兄さんとの会話は
リフレッシュになるっちゅうものです(*≧m≦*)
Kさんも、よく話を聞いてくれる方で、安心しました。

あとは、父がTさんからKさんに変わったことを
どこで認識できるかってこと。

父の状態は、お正月が明けてから、少しずつだけど
私が確認できるほど、悪化してるようだった。
朝様子を看に行くと、リビングでゴロリと横になっていて
体調が悪そうに見える。
よくよく話を聞いてみると、夜中から起き出していたらしい。
そんなことが、ちょくちょく起きるようになった。

「新聞取ってないけど、どうしたの?」
「いや、見に行ったけどまだ来てなかった」

ちゅうことは、新聞が来る前に起きてたってことだよね。
朝食用のパンなどを、夜中に食べてしまって、デイで

「朝食べるものがなかったんだよ~」

と言うこともあったらしい。
歩行も、フラフラすることが増え
気持ちも落ち込んでいるような・・・

とにかく、3月の受診でお薬が増えることになっていたので
起床時と起き上がった際の、血圧を数回測らなくちゃいけない。
で、朝犬のお散歩前に、父の家に出かけるとすでに起きていたり
朝血圧を測りに来るから、玄関のチェーンはかけないよう言ってあるのに
玄関の鍵を開け、ドアを開けるとチェーンが掛っていて入れなかったり
それでもなんとか、3回ほど血圧を測ることが出来て
あと2回ほど測ろうと思っていた。
朝父が眠っている部屋に入ると、父は前日着ていた洋服のまま
ズボンだけ脱いで、お布団に入っている。
デイに行くことを嫌がることはないけど、足のフラつき、めまいなど
本人も自覚し始めて

「身体が思うように動かなくて、情けなくなるんだよ~」

と、気持ちも落ち込んできたことも、気になった。
父の様子が気になりながらも、3月の受診でお薬が増えれば
また元の父に戻ってくれるんじゃないかと、勝手に思っていた。
毎朝毎夕様子を見に行き、デイのない水曜と日曜はお昼も行った。

デイの職員さんも、年が明けてから父の状態が良くないことを
気にかけてくれていた。
私といる時間より、デイにいる方が長いのだから
デイの職員さんの方が、父の状態を敏感に感じ取ってくれていて
連絡帳や電話でも、心配してくれていたけど
事情を話して、とにかく3月の受診まで様子を看てほしいと伝えてあった。

とりあえず、トンチンカンなことは言うけど
それなりに、会話は成立していたし、食事も
時々残すことはあっても、食べないことはなくなっていた。
・・・と、私は思っていたけど、実際のところはわからない。
父の言うことは、二転三転したし、さっき自分で言ったことを
忘れてしまってたり、当然だけど私の言うこともスッポ抜けた。

とにかく、早く3月の受診日が来ればいいと、そればかり考えてた。

そして、2月29日水曜日。
この日は、横浜でも朝から雪が降って、とても寒かった。
その雪は、どんどん降り積もって、デイはお休みだったから
本当は、お昼も様子を看に行く予定だった。
でもあまりの大雪に、この日お昼はサボってしまった。

その結果、夕方様子を看に行って、倒れている父を見た。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。