FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ・・・

2011.02.15 (Tue) 父の看護日誌

覚悟はしていたつもりでも、ちょっとだけ心が痛い。

父の物忘れが、だんだんひどくなっている。
デイから戻ると、携帯で連絡をすることにしてるのだけど
最近は、連絡してくることを時々忘れるようだ。
こちらから、電話をすると

「あ~、今帰ったよ」

と言うこともあるけど

「あれ?俺電話してないか?」

と言うこともある。その電話で

「明日もデイだから、洗濯してね」
「あ~、今やってるところだ」

そう答えるのだけど、次の日の朝行って

「準備してある?」
「あ~、してあるよ」

そう答えるけど、汚れ物を入れたままのカバンが置いてある。
夕方は電話だけで確認出来てたけど、最近はそれもダメになりつつあるのかな?
洗濯機は使えるようになったけど、翌朝脱水の終わった洗濯物が
そのまま洗濯機の中に残っていたりもする。
合図音が鳴ってるはずなんだけど、気が付かないのかな?

おトイレの失敗も、頻度が増えてきたから
次の段階を考えた方が良いのだろうと思って
紙おむつはまだまだ抵抗がありそうなので
重度の失禁用おパンツを購入してみた。
本人は、あまり気にしてないように感じる。
だから、何気なくおパンツを変えてみようかな?

先日、弟から電話が来たから、ちょっと父のことを話してみた。

「そうかよ、親父もション●ンちびるようになっちゃったのかよ(笑)」

笑うか・・・いつも笑って終わる、弟。
普段の生活に、父との関わりがないから、実感もないんだろうな。
ま、弟に相談しても解決策はない。
介護の解決策は、その状態を受け入れて、どうするか?だからね。

主人の父親も、家の中がどんどんゴミ屋敷と化しているようだ。
お正月に主人だけ実家に行ったのだけど、その時に義姉の次女には
就職祝い、三女にお年玉を置いてきた。
そのお礼の電話が入ったのだけど、その時に義父のことを話していた。

「オヤジになんかあったら、また恵子さんが大変になるんだから
 どっかの施設に入れちゃえばいいんだよ」

義姉が言ったそうだけど、この義姉も自分の父親がもしもの時
何かしようと言う気持ちはないらしい。
簡単に施設に入れろと言うけど、その過程を知ってるのか?
費用の問題もさることながら、義父がどういう状態になるのか?
その状態の義父を、受け入れてくれる施設が見つかるのか?
その作業だって、全部私だっちゅうの!
ま、義弟の時だってそうだったけど、弟も義姉も
何もしないなら、口も出さなきゃいいけどね。

ちょっと心がうつむくと、いろんなことを考えちゃう。
考えて解決するなら、たくさん考えればいいのだろうけど
考えたところで、どんどん心がうつむくだけだ。

だから今は、父が笑顔でいてくれるなら
それで、よし!としましょうか。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。