FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お試しか!

2010.11.20 (Sat) 父の看護日誌

注文していた、軽失禁用ボクサーパンツが到着した。

軽失禁用ボクサーパンツ
これなんだけどね・・・

義弟は、ブリーフ派だったから、紙おむつの装着感に
あんまり違和感は、なかったように思う。
主人も、ボクサーパンツを持ってるけど
基本的には、トランクス派。

主人が言うには。。。

「たま苦しい(失礼!)」

と言うことらしい(='m')くすくすっ♪
女には、わからない感覚ではごじゃりますが(≧m≦)

水曜日に注文したのだけど、注文したあと、父に

「おとうさん、おしっこした後、漏れちゃうことあるでしょ?」
「ん?うん・・・」
「そういう時のための、パンツがあるんだって」
「うん・・・」
「それ注文してみたから、試しに履いてみようよ」
「いいんじゃない」
「おとうさんも、ちょっと漏れても気にしなくていいから、安心だし」
「そうだな~」

なんて、会話をしておいたので、今朝持って行った。

「おとうさん、パンツ届いたよ。見て」

そう言って、ボクサーパンツを見せた。

「どう?恰好良いでしょ?」
「そうだな~(笑)」
「今日から、履き替えて行こうよ」
「うん」
「じゃあ、ズボン脱いで、履き替えよう」

そう言ったら、マッサージチェアにつかまって
ズボンを脱ぎ出したので、足元で介助を始めた。
ふむふむ・・・すっかり、介助されることに抵抗がない。

膝までは、自分でズボンを下して、足元で私が脱がす。
同じく、ステテコちゃん、そして

「下向いてるから、パンツも脱いで」

はい!おパンツも、そのまま脱いでくれました。
今度は、逆バージョン。
膝まで上げれば、後は自分で履いてくれました。
とは言っても、シャツなどがたるんでたり、はみ出してたり
そこは、整えて・・・

「どう?履き心地は?」
「う~ん、なんか狭苦しいな」

なるほど・・・主人が言ってたことだわね( ̄m ̄*)

「でも、これ履いてた方が、安心じゃない?」
「そうだよな~、慣れだよな、慣れ」
「そういうこと」
「慣れれば、どうってことなくなるよな」
「うん、そうだよ。だから、がんばって慣れてね」
「そうだな」

自分に言い聞かせているような感じだったけど
トランクスだと、漏れた時ほぼダイレクトにズボンが濡れちゃうけど
これなら、ワンクッション入るから、少しはいいかな?と思う。

デイの職員さんは、排泄の際、感覚が鈍ってるんじゃないかって言ってたけど
なんとなく、会話の様子では、漏らしたことはわかっているけど
恥ずかしくて言いだせず、放置してるような気がするんだな~。
じゃなきゃ、今まで「たま苦しい(失礼!)」のはイヤだって言ってたのに
自分に「慣れ」だと言い聞かせながら
こんなにすんなりと、このボクサーパンツを受け入れるとは思えない。

親の良く目・・・じゃなくて、子の良く目かしらん?

とりあえず、これで様子を看てほしいと、連絡帳に書いたので
しばらくは、このまま行くしかないわねん。
これに慣れてくれれば、紙おむつの装着感も違和感が少ないかも。
今すぐじゃないけど、行く行くのことを考えるといたしかたない。

お試しの履き心地、慣れてくれることを祈るのみでごじゃる。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。