FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアマネさん来訪日。。。

2010.07.24 (Sat) 父の看護日誌

昨日はケアマネさん、来訪日だった。
先月介護保険の更新月だったので、今回は
父の通っている施設の方も来る予定になっていた。

施設のKさんから、少し遅れるとの連絡があったので
まずは、ケアマネさんといつもの面談から入った。

実は先週金曜日の朝、様子を看に行った時便秘をしていた父。
思うように排便がなく、硬いと言っていた。
翌土曜日、施設に行く前もお腹が張っていた様子。

「おとうさん、水分が足りないんじゃない?」
「そうかな~?」

お薬も飲み忘れていたので、コップ1杯のお水と一緒に
お薬を飲ませたのだけど、そのままデイに出かけた。
施設でも何度もトイレに行き、長いこと座っていたらしい。
職員さんが気が付いたのは、お風呂の時。
おパンツからズボンまで、粗相をしてしまい
お風呂の前洋服を脱いだ際に、スボンの汚れを
隠れてティッシュで拭いていたそうな。
気が付いた職員さんが、汚れ物を軽く流してくれて
下着類は持参してるので、施設のズボンを貸してくれた。

粗相をしたことは、父にとって恥ずかしくて隠したい。
ちょうど施設から帰ってきた時、お散歩に行くのを
仕事から戻った主人が、駐車場で待っていたのだけど

「なんかじいちゃん、下向いて元気なかったぞ」

と言っていて、職員さんにその話を聞いて納得。
お散歩の帰りに寄って、聞いてみることにした。

「おとうさん、今日デイでうんち出たの?」
「いや、出ないよ」

ん?と思ったけど、少し突っ込んでみた。

「トイレで、ズボンに漏れちゃったんじゃないの?」
「そんなことないよ」
「ふ~ん・・・お腹はスッキリした?」
「うん、もうお腹はスッキリしたよ」
「じゃあ、うんち出たんだね?」
「いや、出てないよ」

なるほど・・・排便はないのに、スッキリしたってか( ̄m ̄*)
漏れ防止で紙おむつの話をしても、これだけは絶対に拒否するし
これ以上突っ込むとさらに落ち込むので

「ズボン借りてきたんでしょ?」
「うん、だからもう洗濯してんだよ」
「じゃあ、月曜日忘れないようにね」

洗濯するために、ズボンを脱ぎおパンツ1枚だったので
タンスから半ズボンを出して、履くように言うと

「俺、こんなの持ってたのか?」

タンスにしまってしまうと、その存在を忘れてしまうので
和室の竿に掛けて、目に付くようにした方がいいようだ。

長くなったけど、そんな話もした。
約23年間、住み慣れた団地から我が家の近所に
越して来た時は、朝晩一緒に犬のお散歩に出ていた父。
当時はコーギーのなつがいたので、なつのリードを持って
歩くのが父の役目で、張り合いもあったようだけど
一昨年なつが旅立ってからは、張り合いがなくなってしまい
次に迎えた子も、ラブラドールと大型犬だったので
父にリードを持たせることは出来ず、だんだんとお散歩に
出ることがなくなってしまった。
春咲きまでは、日中一人で歩いていたこともあったけど
今は暑さもあるので、買い物もあまり出ることはなく
私が買ってきて、置いてくる。

当初に比べると、確実に足の筋力は衰えてきてるのだけど
施設では、一番元気と言われている。
現在、月・木・土の週3回施設を利用しているけど
昨年から、もう一日増やそうかと言ってるのだけど

「今のままでいいんじゃない?」

と、なかなか首を縦に振らなかった父。
前から時々やっていたことだけど、最近家にいると
昼間から飲んで、寝てしまうことが多いのが
ちょっと気になっていた。
飲むと言っても、小さなコップに1杯程度だが
その話をケアマネさんにすると、やはり家の中で
横になることが多いと足腰も弱るし
足腰が弱れば、外出も億劫になってくるので
やはり、もう一日増やした方が良いかも、と言う話になった。

「いや~、俺はよ、目が悪いからな~」
「じいさん、話を反らしたな(笑)」

父は自分に都合が悪くなったり、会話が理解できないと
目の話しをして、話を反らすことがある (^m^*)
そんな話をしているところに、20分ほど遅れて
施設のKさんが到着した。
その20分の間に、2回連絡もあった。

施設のKさんが到着して、施設での父の様子は

「進さんは、何も問題はありませんよ」

と言われて、ホッと一安心。
先日の粗相の話もしたけど、問題するほどのことではないとのこと。
この施設3ヶ所に施設を持っているのだけど
父の通っているところは、開設して5年目。
昨年、その施設の裏手に増築をしたそうで広くなり
受け入れ人数も増やしたそうな。
開設当初から、通所している方もいるけど
状態が悪化している方が多い中、父は通所して3年半
状態に大きな変化もなく過ごしているのは
父だけかもしれないと言っていた。

「進さんは、うちの施設ではベテランですから」

と言われた父の顔は、満面の笑みを浮かべて

「ベテラン?そんなことないよ~(ニコニコ笑顔)」

元職人ですから、ベテランと言う言葉は嬉しいらしい( ̄m ̄)
で、もう1日増やしたいと言う話をしたら

「そうですね~、進さんの性格を考えると・・・」

父は最初人見知りをするところがある。
水曜日と思っていたのだけど、木曜・土曜に
通ってる方が、火曜日に多いからどうか?と言われた。

「おとうさんどうする?火曜日なら知ってる人もいるってよ」
「じゃあ、行ってみようかな?」
「お~、やっとその気になってくれましたね」(ケマネネさん)

ベテランと言われて、気を良くした父(='m')
しばらく様子を看て、疲労感が出るようなら
元の週3回に戻すと言うことで、来週から
試しに火曜日も通所が決まった。

「迎えに来てくれるのかな?」
「もちろんお迎えに来ますから、大丈夫ですよ」
「だけど、職員さんも大変だよな~」

父はよく、そういうことを言う。
ゲームも自分ばかりが優勝したらいけないからと言って
少し手を抜くこともあるらしい。
そういう方が他にもいらっしゃるそうだけど
周りに気を遣い、周りの様子を見れるというのは
良いことで、とにかく今を維持出来ることが大事。

自宅では時間をかければ、着替えも5本指の靴下(^m^*)も
履けるし、一人でやることが出来る。
デイでは、もちろんだけど職員さんは時間に追われるわけで
入所当初より、着替え時間がかかるようになり
足元もおぼつかない時もあるため、介助されることも
増えているらしい。
2年ほど前から、祝日も受け入れを検討していたそうだけど
やはり職員さんからの反対意見もあり、懸案事項として
伸び伸びになっていたそうな。
ところが、月曜日の利用者さんは
ハッピーマンデーが増えたことで、月イチで休みとなると
困ると言うことから、施設を変えると言う方が多数いたことで
今年から祝日も受け入れが始まった。
職員さんには、大変申し訳ないと思うけど
我が家も祝日受け入れは、本当にありがたいことだ。
父は、今の施設以外は行きたくないと言うので
施設を変える気はにけど、1年を通して1週間ずつ
同じように過ごせるのは、習慣化出来るから良い。
デイでのお風呂は、座って前の部分は自分で洗うらしいけど
頭、背中、足などは洗ってもらっているそうな。

「至れり尽くせりなんだよ~」

と父が言ってるいるが、うんうん、そうだよね~(*⌒m⌒*)
こんな話を聞いても、本当にありがたいことです。
歩く時も腕を取って、トイレなど介助してくださるようだけど
今まで、私が手を取ると、嫌がって振り払っていたのが
最近は、黙って腕を取らせるのは、施設でのことが
習慣化してることもあるのではないかと思う。
私にとっては、心配なとき腕を取っても嫌がらず
取らせてくれるのは、安心にもつながるのでありがたい。

週4回のデイも、うまく習慣付いてくれるといいな。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。