FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物。。。

2010.01.29 (Fri) 父の看護日誌

父の忘れものは、結構頻繁になってきてる。
毎年元旦には、弟一家がくるのだけど
今年も元旦のお昼頃来ると連絡があった。

元旦の朝は、毎年お雑煮を届けるのだけど
今年は彩佳も自立するので

「ジイジと一緒に食べといで」

と言って、彩佳に届けさせた。
弟一家が来ることを伝えてあったんだけど
到着して父の家に行くと、なんと父ったら真っ赤な顔して出てきた。
来ることを忘れて、一人で一杯飲んじゃったらしい

「S一達が来るって言ったでしょ?忘れちゃったの?」
「うん、忘れちゃった」

ヤレヤレ ┐( -"-)┌ヤレヤレ
もうオネムモードに入ってる父だけど、お年玉が気になり出した。

「恵子、お年玉もう上げてもいいか?」
「もうちょっと落ち着いてからでいいよ」

しばらくすると、また

「恵子、もうお年玉上げてもいいか?」

孫の喜ぶ顔が見たくてしょうがないんだろうな。
今年は、弟夫婦や私達夫婦にもお年玉を包んでくれた父。
上げるだけ上げたら、お布団に入っちゃった( ̄m ̄*)

寝ちゃった父は置いといて、みんなでトレッサに出かけました。
夜は、みんなで宴会♪

「やっぱりみんなで食べるご飯は、美味しいな~♪」

と、ご機嫌な父。
手の力も弱ってきてるので、カニさんを剥くことが出来なかった。
少しずつ手助けする部分が増えてきてるな。

5日には、ケアマネさん来訪だったけど
これも毎回同じことを言ってる。
ケアマネさんが帰ると

「デイの施設を紹介してくれたのは、Tさん?」

最近毎回のように、聞いてくるんだよな。

デイだけは楽しくて、行く曜日も間違えないし
帰ってくれば、ちゃんと洗濯もして干してる。
まあ、これだけやってくれてればいいんだけど
先日I先生診察日に、日付を聞かれて困った父。
今週の水曜日に、めずらしく電話が来た。
私の診察日だったので留守にしていたから、着信が入ってたので連絡してみた。

「お父さん、電話くれたね?」
「うん、したみたいだな」
「したみたいって、忘れたの?」
「いや・・・した」
「用事があったんでしょ?なに?」
「いや、別に・・・」

たぶんこの時には、自分の間違いに気が付いていたんだと思う。

「別にって、用があったから電話くれたんじゃないの?」
「いや、別に用事はないんだよ」
「ふ~ん、娘の声でも聞きたくなった?」
「うんうん、そうなんだよ~」
「あらそう、じゃあ何でもないのね?」
「いや・・・実はさ~、カレンダーにI先生って書いてあるからよ~」
「それは先週のことじゃない?先週I先生のところ行ったでしょ?」
「そうだっけ?・・・そうだよな~」
「1週間、間違えたね?今日は何月何日だっけ?」
「ん・・・1月26日?」
「いやいや、今日は何曜日?
「水曜日・・・」
「じゃあ、何月何日?」
「ん・・・1月28日?」

おい!なぜ1日飛ぶんだ?

「水曜日だよ?」
「あ~、7か」
「何月何日よ?」
「1月27日(笑)」

笑ってる場合か!(≧m≦)

で、またまた新聞の契約をしてしまった父。
数年前、同じ新聞社の同じ人が1ヶ月の間に3回も来て
2年半くらいの契約を取って行った。
本人は、いつもの新聞社だと思って契約してたようなんだけど
1週間前に契約したことは、記憶からこぼれてたんだよね。
おまけに、4ヶ月経って新聞が2社入ったから、あわてて私に連絡してきた。
契約書は捨てずに持っていたから、わかったことなんだけどね。
この時も一悶着あって、やり方に頭に来て、この新聞社とは契約しないと決めてる私。
今の部屋に引っ越した時も、こういうことがあったことを説明して
この新聞社の人には、断ってあったんだけど、今回は違う人が来たらしい。
父には新聞は私がやってるから、勝手に契約しちゃいけないと言ってあったんだけね。

「あのさ~、新聞なんだけど・・・」
「新聞は恵子がやってるから、契約しちゃダメだよ」
「・・・・・いや、契約はしてないんだけどよ」
「ならいいけど」
「あのさ、お米があるんだよ」
「お米?お米もらったの?もらったんなら、契約しちゃったんでしょ?」
「いや、契約はしてないんだけどよ、お米を置いて行ったんだよ」
「契約してないのに、お米を置いてく訳ないでしょ?」
「・・・・・そうだよな~」
「そうだよな~じゃないでしょ!今そっちに行く」

怒られるもんだから、契約してないって言い切りやがった!
ずいぶん前に、誰かと同じような会話をした気がするじょ(^m^*)

結局、父のところに行くと、しっかり契約書を持ってるし
お米と油をもらっておった。
すぐにクーリングオフして、引き取りに来てもらったんだけど
引き取りに来た人が、引っ越しの時に来た人。

「僕もおかしいと思ったんですよ」

と、この方は覚えていてくれたらしい。
新聞屋さんも販売店が違えば、対応も違うんだろうけどね。

そしてここからが、義弟と違うところ。
すっかり落ち込んだ父。

「俺は物覚えが悪くなっちゃって、自分でも情けなくなっちゃうよ」

背中が丸くなって、自分を責め始めちゃう。
紙に書いて、壁に貼り付けてあるんだけど、読むのも忘れる。

「あのね、忘れちゃうのはしょうがないの。ほら見てごらん。
 ここに書いてあるでしょ。新聞は勝手に契約しないって」
「そうだよな~」
「インターホンを取る時に、この紙をよく見てね」
「そうだよん~、ここに書いてあるんだよな~」
「忘れてもいいから、なんかおかしいと思ったら、すぐに恵子に電話して」
「そうだな~」
「電話くれれば、すぐに解決出来るんだから。まあいいやって放っておいたらダメなの」
「・・・・・」
「もうおじいちゃんなんだから、忘れ物ぐらいするよ。忘れれるのはしょうがないの。
 だけど、これなんだ?ってわからない時は、すぐに電話くれればいいの」
「そうだよな~、そうすればいいんだよな~」
「もう解決したんだから、落ち込まなくていいよ」
「うん、わかった!もう新聞は契約しない」

B型ふたご座の男は、立ち直りも早いらしい( ̄m ̄*)

前は、義弟が何かやらかしてる時に限って、父も何かやらかしてと
重なったりするから、ついキツい口調になったり
怒鳴っちゃったりした時もあったから、父も怒られるのはイヤだよね。

ヤレヤレ ┐( -"-)┌ヤレヤレ... とは思うけど
こちらも、少しおおらかに対応出来ればいいと思う。

ちょっと記憶に関して、怪しくなってきてるけど
もう少し、穏やかな日を過ごさせてもらいたいないな~。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。