FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院から。。。

2009.08.24 (Mon) 義弟の病院・病気と症状

義弟のことを書く前に、私の検査結果を書いておこうかな。

19日に病院に行ったのだけど、病院は変えるつもりでいたから
結果だけ聞いたら、さっさと帰ってこようと思っていた。
ところがでしな、今回の先生の態度はガラリと変わった。

「その後、出血はありましたか?」
「7日から11日までありました」
「まず検査の結果ですが・・・」

と言うことで、がん検査の結果は問題なしだった。
問題だったのは、一応やっておきましょうと言った血液検査。

RBC 431  (正常値370~490)
Hb   8.5 (正常値11.5~15.0)
Ht 29.6   (正常値35.0~45.0)

これがどの程度なのかわからないのだけど
か弱い女性の代名詞・・・貧血・・・『鉄欠乏性貧血』と診断された。

なるほど・・・倦怠感やちょっとした作業で、すぐに疲れること。
おしゃべりするだけで目が回ったり、息切れもここからきてたらしい。
どうやら更年期ではないみたい。
もう2.3年前から、軽く症状は出ていたけど、徐々にだったから
自覚症状もあまりなかったけど、ここ1ヶ月ほどで悪化したらしく
自覚症状が強く出てきたようだ。

でも血液検査だって、こっちが言ってやったようなもの。
症状なんか、何一つ聞いてこなかったのに、今回はやたらと聞いてきたから
自分がおかしいと感じていることを、いくつか伝えたのだけど、とっても親切だった。
生活するのに支障がなければ、この程度なら手術の必要はないと言ってたのに
今回は

「それだけの症状が出てるなら、手術を考えた方がいいかもしれませんね」

( ̄△ ̄;)エッ・・・なんじゃと?

選択肢は三つ。
年齢的にも閉経は近い・・・( ̄□ ̄||)えええっ!!・・・そうだ・・・
が、当然個人差があるから、あとどれくらいは判断は出来ないそうだけど・・・

一つ目は、鉄剤を飲みながら、閉経を待つか?
二つ目は、お薬で強制的に生理を止め、閉経を待つか?
だけど、子宮側に飛び出してる筋腫のせいで、不正出血があるのだけど
生理は止まるが、不正出血は止めらないので、何かあれば出血は続くそうだ。
三つ目は、子宮全摘出手術。

が、現在の貧血の状態では、手術は出来ないので
まずは『フェロミア錠50mg』を、朝夕1錠服用して1ヶ月様子を看ることになった。
で、1ヶ月後の9月16日に、要相談。
午前の最後の予約で、時間をかけて説明をしてくれるらしい。

病院を変えるつもりでいたのだけど、主人に相談したら

「どこに行っても手術は選択肢の一つに入るだろ?
 今後のことを考えても、今手術しちゃった方がいいだろ」

まあ、少々複雑な気持ちもあるのだけど、手術と言う方向で
主人も付き添ってくれるということで、診察を受けることにした。

更年期のせいで、身体がしんどいんだろうと思いながらも
自分がなまけものなんじゃないかって気持ちもありつつ
「なにくそ!」根性で、毎日を過ごしていたけど
要するに、空気の薄い高いお山で、生活してるようなものらしいから
無理をすれば、引っくり返るわけだから、気を付けなくちゃいかんのよね。
原因がわかったことで、ある意味気持ちも楽になったし
か弱い(←ここ強調)女性の代名詞、貧血だなんて
私も普通の女の子?だったってことだわね。

「まあ、お前もタフだよな」

って、そう言う言い方かよ!と思いつつ、覚悟を決めるしかないわけで
この1ヶ月は、自分を労わることにしてた。

今日は、わんこの病院でフィラリアのお薬をもらいに行った後
買い物を済ませて帰宅する頃には、目が回ってフラフラとする。
少し横になろうと思っていたのだけど、義弟の病院から留守電が入っていた。

土曜日から38度越えの発熱で、今朝も38.2度あるそうな。
すぐに相談員のOさんに連絡をしてみた。

20日から口から物を食べることが出来なくなり
22日から発熱、今日あたりから点滴治療に入るだろうとのことだった。
点滴が入ると、状態が良くなる場合もあるが、厳しい状態らしい。

自分の状態も日々波がある。
今日は調子が良いと思う日もあるけど、午後には電池切れ状態だったり
朝起きた時から、横になりたい日もある。
今週自分の状態を考えながら、面会に行った時
Oさんに伝えておこうと思っていたのだけど、電話で伝えておいた。

すぐ様子を看に行きたいところだけど、今日の私の状態で車の運転は無理だ。
主人に連絡を入れ、義父と義姉には連絡をすると言い
なるべく早めに病院に行くとは言っていたけど
これを書いてる途中で、今また病院から、連絡が来た。

「痛み等には反応があるので、意識がないわけではないが
 いつ急変してもおかしくないので、ご家族に連絡をして面会に来てください」

とのこと・・・・・言葉では言わなかったが、危篤状態だ。

会社の同僚のMさんにも、連絡を取った。
後はなにをすればいいんだっけ?

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。