FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面会&私の診察結果。。。

2009.08.08 (Sat) 義弟の病院・病気と症状

5日の夕方、義弟の会社の同僚Mさんからメールが来た。
この日、面会に行ってくれたそうだ。
いつものように眠っていたらしいけど、声をかけたら
目を開けたものの、Mさんに気が付かなかったそうだ。
右目は開いたけど、左目は開かず、目は見えているのか?と
心配してくださった。
義弟の左目は、過去に網膜剥離を起こし、3回手術をしている。
が、視力は0.7あり、右目も1.2ある。
目は見えていても、何度も声をかけたり肩を叩いて刺激を与えたりしないと
認識出来ないのだと思われ、そう説明をした。

翌日の6日、義弟のところに、面会に行ってきた。
午後2時半近くになってしまったのだけど
ちょうどおやつを食べているところだった。
なんだかさっぱりとした顔をしていて、左目もパッチリ開いていたから
午前中にお風呂に入ったらしい。

年配の介護士のおばちゃんが、おやつを食べさせていたのだけど
なんだかずいぶん乱暴に食べさせているな~と思いつつ

「こんにちわ~」

とあいさつをして、義弟のそばに行き

「弟くん、元気にしてた?」

と声をかけると、義弟が私の方を見た。
その口に、おばちゃんはゼリー状の物を運んでいるのだけど
口の周りにはみ出すために、ティッシュでやたらと拭いていた。
食べるよりも、拭いてる方が多いんじゃないかと思うほどはみ出していた。
食べ方もへたくそになってきてるのかな?と思いながら看てたのだけど
そのおばちゃん、いきなり

「これ、やってください」

と、持っていたコップを私に押しつけてきた。

「ヨーグルトは全部食べましたから、これとお盆は下げます」
「はあ・・・・・」
「あ、それはお茶ですから」
「はあ・・・・・」

やっていただいてるわけだから、余計なことはしない方がいいと思って
看てたのだけど、笑顔をもなく、アンタがやって当り前的な物の言い方をされると
ちょっとカチンと来るので、一瞬顔に出てしまったように思う。
別に食べさせるのがイヤなわけじゃないが、言い方ってあるよな。
それだけ言うと、おばちゃんはあいさつもなく、さっさと出て行った。
ムッとしながらも、たまに来たのだから、これくらいはやってもいいかと思い
おそらく誤嚥防止のために、とろみの付いたゼリー状のそのお茶を
スプーンで口元に持って行くと、口を開けたので
口の中に入れると、以外に上手に食べるじゃないか。
おばちゃんが食べさせていた時、なんであんな乱暴に口に入れ
口の周りにはみ出してしまってたんだろう?と、ちょっと不思議だった。

けど、しばらくするとそのおばちゃん、小さなバッグを手に持って

「お疲れ様~」

と他の介護士さんに声をかけて、お帰りになった。
なるほど・・・早く食べさせて、帰りたかったんだ。
そこにちょうど私が行ったから、これ幸いにバトンタッチして帰ったのか。
まあ、いいけど、理由を言ってくれりゃあ、快くお礼も言って交代したのに
ああいうやり方を見たり、あんな物の言い方は、気分が悪いよ。

ま、お任せしてる以上、文句を言う気もないのだけど。

「弟くん、飲んだ?食べる?」

と聞くと、うなずく時もあるが、無反応の時もあった。
でも口元にスプーンを持って行くと、口を開けるので食べる気力はあるみたい。
食べることを拒否する方もいるそうで、残った手つかずヨーグルトなど
義弟に食べさせてくれることもあるそうな。

「憲児さん、よく食べてくれるから」

主人に↑の話をした時、前回主人が面会に行った時は
途中で看護師さんが来て、ヨーグルトを食べさせてくれながら
主人に言ったそうだ。

食べさせた後、容器をナースセンターに持って行き
お茶と聞いたけど、いったい何だったのか?聞いてみると
ほうじ茶や麦茶にお砂糖を入れて、やはり誤嚥予防のために
とろみを付けたものだそうで、この時のは麦茶だったそうだ。
でもいくらとろみを付けていても、あんなに乱暴に食べさせてたら
いつか誤嚥を引き起こすんじゃないか?と思った。

「そうなったら、それでもいいじゃねえか。しょうがねえよ」

主人はそう言っていた。

ナースセンターから戻ると、義弟は目をつむっていたので

「弟くん、眠いの?」
「・・・・・」
「ベッド倒そうか?」
「・・・・・」
「倒すよ」

そう言って、ベッドを倒しながら

「弟くん、私は誰だっけ?」
「・・・・・」
「私は誰?わかる?」
「・・・・・(かすかにうなずく)」
「だれ?名前言ってみて」
「・・・・・恵子ちゃん」

空気が抜けたような声だったけど、はっきりと「恵子ちゃん」と言った。

「うん、そうだよ。良かった、覚えててくれて(笑)」

ベッドを倒して、枕元に行き

「どっか痛いところない?」

と声をかけながら、身体を触ってみたら、痩せた身体は骨々しくゴツゴツしていた。
身体の当たるところに、クッションを移動して

「どう?痛くない?」

と聞いたけど、ジッと私を見つめていた義弟。
いろいろ声をかけてみたんだけど、しばらくするとそのまま目を閉じた。

「弟くん、眠いの?もしも~し?」

もう声をかけても、目を開けない。

「じゃあ、帰るよ」

と声をかけたけど、目を開けることはなかった。
ナースセンターに行き

「食ったら寝るみたい。ベッド倒してきたので、後で様子看てもらえますか?」
「あ、わかりました。お疲れ様」

30分ほどの面会で帰ってきた。
今回は私のことがわかっただけで、満足な面会だった。

***************************

はてさて、私の病院の結果なのだけど・・・
なんとも納得が行かない結果となってしまった。

2年前に別の病院で診察を受けた時
筋層内筋腫と粘膜下筋腫の、二つあると言われていたのだけど
万が一の手術を考えて大きな病院で診察を受けたが
筋腫があると言われていることを、あえて言わなかった。
救急対応の大きな病院って言うだけで、安心してしまうものだけど
どう診察されるか?聞いてみたかったんだよね。

診察室に入ると、30代半ばだろうと思われる若い先生だった。
この時点で、大丈夫?と思ってしまったのが良くなかったかな?

毎回1週間から10日早く、生理がくること。
終わったと思って、1週間もするとまた出血があり
不正出血があること、長い時は半月以上ダラダラと出血があったり
生理痛もあり、2日位は寝込むことなどなど
先月は15日に生理が来て1週間ほどで終わったが
1日から微量だが、また不正出血が始まっていることも話した後内診。

超音波で診てもらった時、私の横にも画像は出ていて
大きさを測っていたようだけど、なんの説明もなし。
その後下腹部を手で押されたので

「そこの部分、ぽこっと何か触りますよね?」
「あ、わかってましたか?これは子宮ですね」
「子宮?」
「・・・・・」

返事なし・・・説明不足もいいところだ。

「頚がんの検査はしたことあると思うんですけど、体がんはないでしょう?」
「ないです」
「頚がんと体がんと、両方検査しておきましょう」
「はい、お願いいます」

がん検査はしてもらったけど、診察室に戻ってからも
パソコンに向かって、何やら打ち込んではいるが
こちらから質問しないと説明がない。

「筋腫はあるんですか?」
「ありますね。5cmくらいの大きさです」
「5cm?」
「でもこれくらいなら、生活に支障がなければ
 無理して手術の必要もないと思いますよ」
「でも2日位寝込むし、半月以上出血が続くときもありますけど?」
「う~ん・・・・・たとえば貧血があれば、手術も考えた方がいいけど」

そうは言うけど、貧血の検査をするとは言わない。
2つあると言われていた筋腫だけど、一つしか言われない。
子宮の奥側に5cmある筋腫が、子宮の方に飛び出しているので
子宮も大きくなっていて、不正出血もそのせいらしい。

「普段健康診断をする機会もないので、川崎に行ったりすると
 献血に行くんですけど、毎回ダメですけど?」
「最初に血を抜いて、検査した後ですか?」
「そうです」
「じゃあ、一応血液検査しときましょうか。でも貧血がひど過ぎても手術はできませんよ」
「はあ・・・」

別に手術がしたいわけじゃないって!
要領を得ないと言うか、何と言うか・・・
更年期って、血液検査でわかるから一緒にやってもらおうと思い

「首から上だけ、異常に汗を掻くんですけど」
「典型的な更年期の症状ですね」
「更年期の検査もしてもらえますか?」
「年齢的に更年期の時期ですから、検査しても意味がないと思いますけど」
「意味がない?」
「ええ、お金がかかるだけですよ」

だからお金の問題じゃなくてさ。
血液を取るなら、一緒に出来ないのか?
半月以上の出血や生理のたびの、この身体のしんどさ。
原因は筋腫だろうけど、解決策はないのか?
手術を好んでしたいとは思わないが、現状を受け入れるしかないということか?

血液検査とがん検査の結果を、2週間後の19日に聞きにくるように言われて
診察は終わったんだけど、なんとも腑に落ちない結果で
ホッとするとか、安心出来たという気持ちじゃない。

家に戻って、主人に話したのだけど、主人も納得出来てない。
まあ、とにかく2週間後の結果を聞いて
それからまた考えようということにしていた。

体がんの検査の後の注意事項の書いた用紙をもらっていたのだけど
そこには激しい腹痛や発熱、大量に出血があった場合
連絡するように書いてあった。
6日の夜から、出血量が増え始めたのだけど
いつも1週間から10日早く来る、私の生理周期。
生理が始まったとも思えるが、主人に相談したら一応連絡をしてみろと言うし
そのまま別の病院に行くこと考えるよう言われ、仕事も早退してくると言う。
病院に連絡はしたけど、おそらく生理だろうから、2.3日様子を看て
量が減らなければ、10日に受診するように言われた。

ただ様子を看ろと言われたことに、主人が激怒した。

と言うのも、私の叔母(母の姉)が、やはり筋腫だから様子を看るよう言われて
半年後に大量出血でそのまま入院、が、子宮がんの末期で
その3ヵ月後に他界している。
なので、もう一人の叔母(母の妹)は、筋腫がわかった時点で手術した。
ご近所さんでも、様子を看るように言われていて
ある日突然大量出血で、入院手術と言う方の話しも聞いてる。
切っても切らなくてもいいよと言われ続けて、別の病院を受診したら
すでのメロン大、赤ちゃんの頭と同じくらいの大きさになっていて
おまけに腸に癒着もあり、通常の手術で2時間くらいのところ
5時間かかったと言う方もいる。

「だから医者の言うことは、信用が出来ない。他の病院に行けよ」

義弟のこともそうだけど、自分のことでも
誤診があったり、原因がわからないと言われたこともあり
別の医者で、病名がわかったり原因がわかったこともある主人。

「こっちが医者を選ばなきゃダメだ。がん検査は結果として
 聞きに行けばいいけど、他の病院でも診てもらえ」

婦人科は出血量が多いと、診察が出来ないので、主人は
結果を聞く前でも、出血が止まったら他の病院に行けと言う。

このまま生理に突入ということは、今回もまた半月近く出血してることになる。

「お前さ、1年の半分は血を出してるよな」

って、冗談を言う時もあるが、これで貧血がないと言われたら
私の血って、どんだけ濃いんだよってことだな(≧m≦)

とにかく昨日から、体調は絶不調だ。
半月出血してようと、身体がしんどかろうと
やらなきゃいけないことは、誰だってやる。
これを生活に支障がないと判断されれば、それまでのことだし
動けるうちは、大丈夫ってことなのかも・・・

まあ、行きたくないと思いつつ行き始めた病院だから
納得行くまで、行ってみるか。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

心配ですね。。。

ろくな説明もしてくれない医者ほど不安なモノはないですよね。
こちらが聞いたことにも満足な回答がないなんて、信じられない☆

ご主人が言われるとおり、他の病院でも診て頂いた方が良いですよ!
別に何もなければそれで良いですが・・・・。
気持ちがすっきりしますよ、きっと。。。。

でも、一年の半分は出血状態って・・・・・(-_-;)
ホントに貧血じゃないんですか???

変な意味でスゴイ(笑)

・・・・いや、強いのかな(笑)?

yukariさん♪

説明不足の先生は、不安になりますね。
検査検査もうんざりするけど、その方が安心はできますね。

信頼できなければ、担当医を変えるか病院を変えるしかないように思います。
とりあえずは、がん検査の結果を聞いて、その後また
違う病院を受診する予定でいます。

「血が足りない。鉄分が不足してる~」

って、ずっと鉄のサプリを飲んでますけど
立ちくらみは、しょっちゅうですよ。
本当にこれで貧血はないと言われたら、わたしの血は
相当濃いんでしょうね (^m^*)

でもケンカっ早くはないですよ~(*⌒m⌒*)ぷっっ♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。