FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義姉からの電話。。。

2009.07.25 (Sat) 思うこと

普段主人の起床時間は、夜中の1時過ぎ。
義弟の施設、主人の父、私の父からの電話は緊急の場合を考えて
鳴るようにしてあるのだけど、それ以外は主人が9時前後には眠りにつくので
9時以降の電話は鳴らないように設定してある。
このところ、仕事が薄い主人。
でも昨日は、めずらしく夜勤仕事があり、帰ってこなかった。
いつもは私も主人に合わせて、同じ時間にお布団に入り
懐中電灯のようなもので、本を読んだりしてるのだけど
昨夜は主人もいないので、テレビを観て起きていた。

電話が入ると、モデムがカチッと音がして液晶が光る。
昨夜9時半過ぎ、テレビを観ていたらカチッと音がして電話の液晶が光っていた。
発信元は義姉だったので、電話を取った。

最初主人の携帯に電話をしたらしいが、出なかったらしい。
積み込みをしてたか?まだ仮眠中だったか?
それで自宅に電話をしてきたらしい。

今週は父の引っ越しがあるため、我が家の都合が悪いことは伝えてあった。
だけど、義姉と義兄(義姉の旦那)と話し合った結果
そういう状態なら早めに面会に行った方がいいんじゃないか?と
義兄が言ったらしく、25日か26日に面会に来たいと言うことだった。
義姉には3人の娘がいるのだけど、長女は行けないけど
二女三女も一緒に、家族4人で面会に来たいと言う。
なので、我が家の都合をもう一度話すと、家族だけで面会に行くって。

どう考えたって、そりゃあ無理だ。

「たぶん行っても、対応の仕方がわからないと思うから
 憲一さんか私が、一緒に行った方がいいと思いますけど」
「そんなにひどいの?もうわからないのかな?」
「認識はしてると思うんですけど、私のことも看護婦さんって言う時もあるし
 話しかけても無反応だから、何度も声かけしてこっちの世界に戻すというか・・・」
「・・・そうなんだ・・・」
「面会時間が午後2時からなんですけど、時間帯によっては排泄の匂いもすごいし
 周りも認知症の方ばかりで、大人でも衝撃を受ける方がいるから
 子供達には、厳しいかもしれませんよ」

いろいろ説明はしたけど、想像がつかないらしい。

「なんか様子が全然わからないから・・・」

だろうね!
面会に来ないのだし、介護を経験したことがなければ、想像もつかないと思うわ。
一目瞭然と言うやつで、看なければわからないんだってば!
来週はお祭りの手伝いがあって来れず、義父がお盆明けに来るみたいだと伝えたら
お盆もお盆明けも、都合がつかないんだって。
8月3.4日は、私も予定が入っている。

「9日はどうですか?」
「9日か・・・間に合うかな?」
「一番怖いのは誤嚥肺炎で、いつどうなるかわからないとは言われてますけど
 今すぐどうこうってことでもないし、なんとも言えないですけど」
「・・・どうしようかな・・・」
「8月は3日4日は予定があるんですけど、それ以外だったら平日でも
 大丈夫なので、電車で来るなら新横浜の駅まで迎えに行きますけど」
「じゃあ、もう一度旦那と相談して、8月に入ったら連絡します」

その後すぐに主人に電話して、義姉との電話の内容を話した。

「子供達には厳しいって言ったよ」
「ボーっとして固まってるの見たら、子供たちは気持ち悪いって思うだろうしな」
「けんちゃんか私が一緒に行かないと、対応の仕方がわからないと思うって言ったけど」
「俺もそう思うわ。それでいいよ」

義姉がどうするかは、今のところわからないけど
自分の都合を後回しにしてまで、義弟の面会に来ようということではないらしい。
これは義父も同じだけど、実は話していて、かなりイラついた。
元々、期待はしてなかったけど、こんなものなのか?

私は21年前に母を亡くしてるが、今でも母が恋しいと泣ける時がある。
義姉も母親を亡くして、10年目になる。
恋しいと思う時はないのかな?
生活が別々だと、確かに実感はないけど、母親と兄弟では違うのかな?
私にも弟がいるけど、自分より先にいなくなるなんて想像が出来ない。
長男の主人が残っているからいいのか?
自分の息子、自分の弟がこの世からいなくなるかもしれないのに
会いたい、会っておきたいいう気持ちにはならないのか?
母の時、死に目にも会えなかった私。
だからこそ、父は自分が看るんだと思って、自分の近くに連れてきた。
その気持ちを主人もくみ取ってくれてるから、出来てることだけど
これも元々期待はしてないが、この分じゃ、義父に何かあっても
義姉は何もしてくれないだろうな。

ま、もっとも私も今週末はこちらの都合で、面会を断ったわけだけどね。
いろんな思いがあって複雑だけど、今まで通り期待をしなけりゃいいことだ。

昨日父の部屋のエアコンも移動し、電気屋さんも手伝ってくれて
冷蔵庫、洗濯機、テレビに電子レンジ等電気関係は全部移動して
生活するのに困らない程度の荷物を運んで、昨日から父は新居に移ってきている。
今日はデイの日なので、出かけてる間に明日の完全引っ越しに備えて
最終準備作業を終わらせる予定だ。
とにかく今日明日は、父の引っ越し作業に打ち込みましょ!

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

そうですよねぇ・・・

自分の親・兄弟・姉妹・・・今の家族じゃなくても 元家族に対する思いって
人によって様々で、本当に冷たいって感じる人いますよね。

私もいくら義理の両親でもほっとくなんて出来ないです。
出来ることがあるならしてあげたい、やらなきゃいけない・・って思います。

私も小学生で父を突然亡くしたので、生きてる間にしてあげないと・・って思いますね。

もちろん出来ることしか出来ないし、何かを犠牲にしてまでとは思いませんが、
でもしようと思う気持ちがあるのとないのとでは大違いですよね。

そういう状況にある義弟さんを見舞う事も今までなかったとか考えられない・・・。

でも、人は皆自分と同じ考えを持ってないから、期待しないであきらめるしかないですよね・・・。
わかってても、やりきれないような気持ち・・・わかります。。。。。

こんばんは。

どうなんでしょうね。
家庭を顧みない人もいるのは確かですけど、
なんともいえませんね。

十人十色といえば、それまでなんですけど^^;

yukariさん♪

長々とコメント返しが出来ず、ごめんなさい。
やっと落ち着きました。

義姉からは、まだ連絡はありません。
来るか来ないかは、本人たちが決めることなので
いいんですけどね・・・なんだかな~という気持ちです。

だけど人がどうしたとかじゃなく、自分がどうあるべきか?
それだけ考えればいいのかな・・・って、今はそう思ってます。

介護事務資格の先輩さん♪

はじめまして!
こんな拙いBLOGを読んでくださり、ありがとうございます。

生活が別になって、時間が過ぎると、いなくて当り前だから
いくら身内でも、自分のことが優先になるのでしょうね。
でも自分の息子、弟がこの世からいなくなると考えた時
何をおいても会いたいと思うのは、普通の感情ではないかと・・・

だけど、十人十色と言えば、それまでですよね。
自分の感情を押しつける気持ちはないので、お任せするしかないです。

これからもよろしくい願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。