FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアマネさん&眼科

2009.05.15 (Fri) 父の看護日誌

12日はケアマネさんが父のところに来た。
1ヶ月に1度、来るわけだけど、今回はなんだか久しぶりな感じがしたよ。
それだけ、この1ヶ月はのんびり過ごしたということかな?

いろいろ聞かれたけど、父に特別変化はなく
毎度同じ話を繰り返す父の話を、いつものように聞いてくれていた。

現在父の介護度は、『要介護1』
来年の6月に更新となるのだけど、今回の改定で
父の場合『要支援』になる可能性がある。
でもやはりこの1ヶ月の間に、問題がたくさん出てきてるそうな。
父みたいタイプは、介護保険のしくみを理解してないから
もし今と同じサービスが受けられなくなったら
どうしてデイに通えなくなったのか?自分の何が悪かったのか?
って、自分を責めてしまうタイプだと思う。
それが原因で、さらに認知が進んでしまう場合もあるということで
一応介護認定が『要支援』になっても、今と同じサービスを受けたいという
希望を出せるようになったらしい。

あと1年あるから、またさらに変更もあるだろうから
今から心配してもしょうがないけど、週3回の通所は確保したいな。

とにかく、デイに行くことが楽しくてしょうがない父。
今の生活ペースを崩さないようにすることが大事だって言われた。

先日叔母の告別式で、福島まで出かけて、体調を崩した父。
49日や新盆の話も来たのだけど、父も出かけるのを嫌がるし
無理に連れて行って、また体調を崩されるのも困るので
出かけるのはやめて、こちらから送ることにした。

義弟と同じく、父ももう楽しいことだけして、穏やかに過ごしてほしいからね。


今日は、目薬が無くなったので、眼科に行って来た。
昨年8月に行って以来、義弟のことでドタバタしてた私。
目薬もたくさん残っていたので、今日まで行かなかった。
久しぶりの視力検査だったからか?
失明した右目も検査されていたけど

「真っ暗で何も見えないんだよ」

と父が何度言っても、検査したお姉さん。
父の右目の前で、指を立てたり手を振ってみたりしながら

「これもわかりませんか?」

と何度も聞いてるので

「ごめんなさいね。右目は10年以上前に失明してるから何も見えないんだ」
「光も感じませんか?」
「真っ暗だって本人が言ってるから、光もわからないと思うけど」
「・・・そうですか・・・わかりました」

納得いかないのか?( ̄m ̄*)

そのあと、診察となった。
右目はすでに石灰化が始まってるので、ガサガサに見える。
見える左目の視力は、裸眼で0.4あるそうな。
白内障が出てるけど、これだけ視力も出てるしメガネで見えるから問題なし。
右目は渇きを防ぐ目薬・・・こちらは値段も安く、成分的にも今までのより
良い目薬が出たということで、それに変更(ティアバランス)して、それと軟膏(タリピッド)。
左目は白内障予防の目薬(カリーユニ)が出た。

また3ヶ月後くらいに来るように言われた。

今年に入って、義弟が入院してから昼食と夕食はお弁当をお願いしてたけど
父も飽きてきたのか?たまには自分の食べたい物をと言うので
夕食だけに変更、水曜日はお休みにして、毎週水曜日は
一緒に買い物に出ることにした。
最近は朝晩のわんこのお散歩も、朝は起きれないし
夕方は飲んじゃってることもあるし、デイの日は行かないし・・・
一人でトレッサのスーパーに出かけると、必ず出口を間違えて迷子になっちゃう。
デイの日は、帰ってくると必ず携帯で電話をするように言ってるけど
それ以外で週に1度くらい、娘とのコミュニケーションも取らにゃいかん!
ということで、毎週水曜日は一緒に買い物に出かけることにした。

今日も眼科での待ち時間

「施設もよ~、車椅子やおむつの人が増えたな~」

・・・って、その話は毎回聞いてるがな・・・(≧m≦)

ゲームの話やお風呂のことや、毎回会うと同じ話が出るけど
それだけデイが楽しいんだろうな。

来年の更新時、今のサービスをそのまま受けられるといいんだけど。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。