FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美談じゃない。。。

2009.04.23 (Thu) 思うこと

このところ、体調が良くない私。。。
なんとも身体が重くて、気力が湧いてこないという感じ。
彩佳には、季節の変わり目だからじゃない?と言われ
主人には、子宮筋腫のせいじゃないか?と言われ
自分では、更年期じゃないか?と思っているんだけど
素人判断は良くないと思う。
子犬のメイが、まだ長時間のお留守番が出来ないから
主人が1日休みを取ると言ってくれてるので
とにかくまずは、婦人科を受診してみようと思っている。

義弟は、一日のほとんどを眠って過ごしている。
まだ主人のことも、私のこともわかっているので
それだけは救いなのだと思う。
不思議なもので、一緒に暮らしていたころは
こんな毎日がいつまで続くのかとうんざりしていたけど
今は義弟を見ていると、去年の今頃はまだ自力で歩いていたし
減らず口も叩いていたのになと思ってしまう。
だからと言って、また一緒に生活したいとは思わないのだけど・・・
大部屋に移ってから、排泄の匂いがキツクなった。
義弟の会社の社長さんがお見舞いに来てくれると言っていたけど
匂いの問題や、義弟の反応の鈍さも伝えた。
それを理解してもらってないと、介護経験者じゃなければ
不愉快な思いをさせてしまうように思う。

昨日、清水由貴子さんが、介護疲れから自殺したのではないかと報道された。
介護から手が離れた今だからこそ、わかることもたくさんあるけど
その真っ只中にいるときは、必死の何物でもない。
周りから何を言われても、追い詰められてしまう時だってある。
私だって、介護殺人は他人事じゃなかったのだから
介護自殺、介護殺人の報道を観ても
当事者の気持ちが痛いほどわかってしまうだけに、私にはそれが
必ずしも悪いことだとは言い切れない。
理性が吹っ飛んだ瞬間、自分の抱えている物を
自分で始末しようと考えてもおかしくないと思う。

この前は老人施設『静養ホームたまゆら』の火事で
10人亡くなり、4人がまだ身元不明だと聞いた。
生き残った老人は、まだこの施設にとどまりたいと言っていた。
身寄りがなかったり、子供たちに迷惑をかけたくないと言って
自分から進んで、この施設を利用していたらしい。
それでいいんじゃないの?と、私は思ってしまう。
火事が出て、施設の設備に問題があったとか、この施設を紹介した市がどうとか
いろいろ言われている。
介護施設も拘束をすると虐待になるとか、徘徊があるからと言って
鍵をかけ閉じ込めるのはどうなのか?とか、本当に言うのは簡単だ。

そうせざる負えない状況のある現実を、知らないから言えるんだと思う。
介護の実態は、綺麗事じゃない!

介護殺人や介護自殺には、気持ちが痛くなるけど
美談として放送される介護には、感動何ぞという気持ちは
さっぱり湧いてこない。

介護保険を当然の権利として、サービスを受けるべきだと言うけど
この4月からの改正では、なるべく介護保険を使わせない方向に行ってるし
表向きは介護される側が人間らしく生きるためと言ってるけど、老人ホームを減らして
実際は自宅介護しろと言うような方向に向いている。
介護する側には、人間らしい生活から程遠くなって行ってるような気がする。

実際に義弟の介護をしてる時、合間の時間を使って
買い物に出かけたとき、レジのところにある鏡を見て

「うわっ!私ったらひどい!」

と、自分でビックリすることも、しばしばあった。
髪はボサボサ、歯磨きも忘れて、体調が悪くても後回しで
顔色も悪くて、キツイ顔して・・・
あの頃は、人間らしい生活なんて出来てなかった。

その症状や生活する環境によっては、うまく介護保険を使えない場合だってある。
我が家だって、もし『階段用リフト』がなかったら、施設の利用は出来なかったと思う。

脳の障害や認知の症状もそれぞれだと思うけど
一度拒否されてしまったりすると、二度目の気力が湧いてこないこないことだってある。
自分が頑張ればいい、自分が我慢すればいいって思ってしまうことだってある。
介護だって、自分で自分を追い詰めてしまうこともある。
いくらお金を払っていても、施設に預けることに罪悪感だってある。

先日、長門裕之さんと南田洋子さんの介護生活が報道されていた。
75歳になっても、6000万円の借金があり休むことは出来ないと言うが
一般家庭とは違うし、それでも家政婦を雇える経済力があるのだから
『老々介護』とは言っても、本当の『老々介護』とは違うと思う。

これは決して、長門裕之さんのことを非難してるわけじゃない。
長門さんの愛情は、素敵なことだし素晴らしいことだと思うし
あの年齢で、過酷なことだ。
父と長門さんは1歳違いだから、父と比べたらどれほどの苦労か。
長門さんの気持ちの大きさに、感動はする。

実際に介護する相手が、配偶者だったり親だったりすれば
また気持ちも違ってくるのかもしれないし
介護される側の、症状にもよると思うけど、それでも介護を美談にしてほしくない。
長門裕之さんと南田洋子さんの、夫婦愛として報道されるのであれば
それは素敵なことだと思うけど、介護の実態として報道するのはどうかと思う。

あくまでも、私個人の意見と言うことで・・・

介護は美談じゃない!きっぱり!

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

芸能人は社会的に影響力があるのでカミングアウトすることは一般の人の興味を促すのに意義はあると思うんだけど、問題は番組の取り上げかた。

望むのは、美談にしないこと。愛情物語にしないこと。

城戸さんの、明るい介護話もやめてほしいと思っています

もちろん、毎日の介護、笑えることも、優しい気持ちになれることもあります
でもね~その何倍も辛いことがあるんだから、そこをしっかり伝えてほしい。

1番キツイ時の自分を忘れないで、汚いことも、悲惨なことも話してほしいですね

残念ながらそういう展開はなかなかないので、体験談はほぼ、見ないし、読まなくなった私です

そうですよね。。。

ビゴさん、こんにちわ。
介護を美談や愛情物語にされてしまうと
今後その立場に立った方々が、そうではない感情を持った時
追い詰められてしまうような気はします。

汚いこと、悲惨なことがたくさんある中の
笑えることや優しい気持ちになれることが
救いだったりするわけだけど、それはほんの少しですものね。

私もどういう風に話されるのか?興味があるので観ますが
毎回ガッカリして終ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。