FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面会。。。

2009.03.26 (Thu) 義弟の病院・病気と症状

先週面会に行こうと思った日、急用が入り
その翌日と思っていたけど、やはり急に来客がありで
12日に行って以来となってしまった。

12日は支払いを済ませた後、病室に行ったけど
義弟は眠っていて、声をかけても起きず
シェーバーのクリーナーを交換してる間も、ガタガタ音をさせたけど
起きる気配もなかったので、寝顔を見て帰ってきてしまった。

昨日病室に行こうと思ったら、病室の前にいた看護婦さんが

「あ、Aさん、病室が変わりました」

と言われた。
義弟の様子を聞いてみたら、最近は食事がなかなか進まず
介助が必要になっているらしい。
その後行ってみると、2人部屋から4人部屋に移っていた。
入所の時、空きが出次第移動出来るけど、失礼な話だが
空きが出るということは、誰かが亡くなるということだし
若い患者さんが多いから、いつになるかわからないと言われていたから
半年から1年ぐらいは、ベッドの差額代がかかるだろうと思っていたんだけど
予想に反して、早い時期に移動が出来た。

昨日も眠っていた義弟。
ベッドの周りを見たら、拘束具も準備がしてあり、管が入っていて
ベッドの横に、義弟の尿が溜まっていた。
自宅にいた頃から、尿量が多かったから、おむつでは漏れるのかもしれない。
病院に任せているのだし、たくさんの患者さんを看ているのだし
その大変さは実感しているから、看てもらえるだけでありがたいこと。

「弟くん、起きてる?」

と声をかけたら、昨日はパッチリと目を開けた。
他の患者さんが入浴タイムだったので、昨日はお風呂の日だったのかな?
義弟もお風呂に入った後らしく、顔色もよくさっぱりとした顔をしていた。

「私は誰でしょう?」
「・・・・・恵子ちゃん」
「良かった♪しばらく会えなかったから、忘れられたらどうしようかと思ったよ」
「・・・・・」
「調子はどうですか?」
「・・・・・」

パッチリと開いた目が、ジッと私を見つめたままで返事はしない。

「調子はどうですか?」

何か言ってるのだけど、口パクしてるだけで、声が聞こえないんだよね。
なので、口の動きを見ることにしたんだけど、その動きも遅い。

「調子良い?まあまあですか?」
「まあまあ」
「病室変わったね?いつ変わったのかな?」
「・・・・・」
「いつ病室変わりましたか?」
「・・・・・今日のお昼かな?」

後で、看護婦さんに聞いたら、日付は忘れたけど、数日経っているとのこと。

「ご飯は食べた?」
「・・・・・」
「お昼御飯は食べましたか?」
「食べた」
「美味しかった?」
「・・・・・」
「ご飯は美味しいですか?」
「美味しかった」

なんだか何を聞いても、ジッと私を見つめたまま固まっていて
数回同じことを聞くと、オウム返しをしてるだけみたい。

義弟の向かいのベッドの方は、テレビをレンタルしたらしく
結構大きな音で、テレビを見ていた。
義弟の隣の方は、義弟より少し年上くらいの方だったけど
手にミトンをされていて、眠っていたし、斜め前の方はご老人で
薄眼を開けていたけど、ボーっとしてたから、寝たきりの方なのだろう。
その中で、大きな音でテレビを観てるのは、周りの方の脳の刺激になってるんだと思う。
ちょうどWBC2連覇のワイドショーが流れていたので

「弟くん、WBC野球だけど、勝ったの知ってる?」
「・・・・・」
「日本が2連覇したね?」
「2連覇したね」
「日本は強いね」
「強いね」

やっぱりオウム返しをしてるだけみたい。
状態としては、悪化したと言えるだろうな。
去年の今頃を考えると、ちょうどお彼岸の時期で、実家に預けていた頃。
まだ自力で歩けていたし、悪態もついていたのに
1年でここまで悪化してしてしまうとは・・・

義弟は私が話しかけてる間ずっと、瞬きもせずにジッと私の顔を見つめていた。

「ここは快適ですか?」
「・・・・・」
「居心地はどう?悪い?快適?」
「快適」
「そう、良かったね(笑)顔色も良いし、気分はどう?」
「・・・・・」
「気分は良いですか?」
「良い」

ジッと見つめてるだけで、あまり表情が変わらない義弟。
話も続かない私としては、やっぱり15分くらいが限界となって帰ることにした。

「じゃあ弟くん、また来るね」
「・・・・・」
「何か欲しいものある?」
「・・・・・」
「また来る」
「・・・・・」
「じゃあね、バイバイ」
「・・・・・」

まったく返事はなく、ジッと私を見つめてた義弟だけど
帰りがけ義弟のベッドに足をひっかけて、コケた私を見てニコッと笑った。
私も照れ笑いをしながら、手を振ったのだけど、やっぱりジッと見たままだった。
1ヶ月前は、Vサインをしたり、バイバイって手を振ったり

「もう帰っちゃうの?」

なんて、甘えたことも言ってたのにね。

病院を出て、すぐに主人に電話をして、今の話をした。

「次は、俺が行ってみるわ」

状態が悪化してるのは、実感する。
でもけいれん発作は起きてないようなので、脳腫瘍は大人しくしてるのかな?

1週間面会に行けないと、なんだか気になってしまうのだけど
1週間から10日に1度くらいのペースで、主人と交代で面会に行こうと話している。
最近はよく眠っているらしいので、けいれんはなくても脳腫瘍の影響は
あるような気もする。

穏やかに過ごせているのなら、それでいいんだろうね。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。