FC2ブログ

。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいね。。。

2009.01.29 (Thu) 義弟との日々の出来事

何に腹が立ったって、ケアマネさんにまで電話したことが許せなかった。
何度も催促されてるのを、私がシカトしてたならそれもしょうがないだと思うけど。
腹も立つけど、やらなきゃいけないことでもあるから
相談室に依頼書が届いた後、どういう流れになるのかを聞いてみようと思い
朝1番で相談室に電話をしてみた。
電話に出たのは、前日とは違う方でFさんだった。

「ちょっと待ってくださいね。今カルテを見ますから・・・」

そう言って、Fさんは電話でじっくりと話を聞いてくれた。
病棟の看護師長からいきなり電話が来たこと。
相談して連絡をすると言ってるのに、直後にケアマネさんにまで電話したこと。
状態が安定しなければ、次の施設だって探しようがないのに
点滴はしなくていいとは言われたけど、実際今どういう状態かもわからないのに
明日にでも退院しろと言われたこと。

などなど、ちょっと感情的に話をしてしまったけど、このFさん
さすがソーシャルワーカーとでも言いましょうか、すべて黙って聞いてくれて
冷静に答えてくれているのを聞くうちに、こっちの気持ちがだんだん治まってきた。

「電話したのは、病棟の看護師長って言ってました?」
「Sさんって、言われたと思いますけど」
「あ~、Sですか・・・」

ちょっとその言い方に、こういうことはよくあるんだなって印象を受けた。
まあ、そんなことよりも、今後のことを話さなくてはいけない。
病院がどういうところかはわかっているから、ずっといられないこともわかっている。
何もしてなかったわけではなく、安定したら、すぐ動けるように
それなりに準備もしていたと話しもした。

Fさんの説明によれば、入院当初2週間という治療計画が出ている。
2週間が過ぎて、ガンマナイフも終わり、義弟の状態も安定しているので
その後の治療計画もなく、退院できる状態にある。
この病院は救急病院でもあるため、ベッドの確保も必要となり
看護師長としてはベッドを回すという役割があるので、そういう電話を入れたと思われる。

それで思い出した。
確かに入院の時、2週間様子を看てその後のことは考えると話した。
ただその後、次の施設が見つかるまでと言われたので、こちらとしては
月単位で考えてしまったんだよね。
見解の相違と言うか、認識の違いと言うか・・・そう思ったら、妙に納得してしまった。

「最初からそういう説明があれば、私も納得できる部分もあります。
 病院がどういうところかはわかってますから、ずっと看てもらえるとは思ってません。
 相談室があるなら、入院した時に教えていただけてれば、すぐにそちらに伺ってました。
 でもいきなり電話で、明日にも退院しろみたいに言われたら、パニくりますよ」
「わかります、わかります。おっしゃってることはよくわかりますよ。
 本当は担当医のMがきちんと、今の状況をお話した上で
 退院と言うお話をしなくていけなかったわけです。これは病院側の不手際です」

なるほど、そこを認めるんだなと思ったら、少し気持ちが落ち着いた。
私はM先生にも他の看護婦さんのこともなんとも思っていない。
でもあの看護師長の言い方は、人を追い詰めるような言い方だった。

「あんな言い方するのが看護婦ですか?病院ってこんなに不親切なところなんですか?」
「そうですよね~、おっしゃってることは本当によくわかります」

こうやって言われたことを思い出していて、ふと思ったけど
病院のソーシャルワーカーだけあって、不手際と言う言葉は使ったけど
言ってることはよくわかるって、病院が悪いとは絶対に言わなかったな。
まあ、病院が悪いと言うわけでもないけどさ。
でも結果は出さなくていけないってところだと思うけど

「依頼書はまだ届いていませんが、このお電話で受付ますので
 すぐに担当のMに紹介状等の書類を書くよう要請して、H病院には私の方から
 連絡をして、やり取りをしますので、そこはご安心ください」

H病院とは、私が見つけて検討してくれると言った病院と併設された老健のこと。
幸い横浜市は病院同士の横のつながりが蜜になっているそうで
こういった場合は、病院同士のやり取りでどうなるかを決めて
結果を家族に知らせてくれるんだって。
ただの老健は、またやり方が少し違うみたいだけどね。
担当のM先生の判断にもよるらしいけど、2月いっぱいは難しいと言われた。
もっといろいろ話したのだけど、結果としてはやはり退院はせざるおえない。
電話だけではなく、会って話をしたいとお願いして、翌日の午後3時に約束をした。

Fさんとの電話を切った後、自宅介護を覚悟することにしてケアマネさんに連絡をした。

「でもお義姉さん、自宅介護で大丈夫ですか?」
「大丈夫も何も、もうしょうがないよね。この状況じゃ・・・」
「そうなんですけど・・・」
「もう前みたいに、やらせなきゃとは思ってないから、後は穏やかに過ごせることを考えるよ」
「今度はお義姉さんが主体で、完全な介護になるとは思いますけど」
「大丈夫だよ。犯罪者にはならないから」
「いや、僕はそこが心配で・・・」

おい、おい、他人の目からみると、私って本当に危ないのか?
自分じゃそこまで追い詰められてるとは思ってないけど、そう見えるのかな?

で、自宅介護に必要な物や、私が必要と思われる物を伝えて
翌日以降、いつでも届けてもらえるよう手配してくれることになった。

その夕方、そう言った準備のことで、ケアマネさんと電話で話しているとき
携帯に病院から電話が入ったので、一旦電話を切った。
よし!対決の時が来た!そう思ったのにさ。
相談室への依頼書と、M先生と話す時間を
翌日看護師長から電話させると言っていた看護婦さん。
結局電話をくれたのは、そのとき対応してくれた看護婦さんだった。

逃げたのか?そう思ってしまったよ。
M先生との話しは、翌日2時から3時と言われたのだけど
3時に相談員さんと約束があることを伝えると、それが終った後
病棟の看護婦に声をかけてくれれば、M先生に連絡を取るということになった。

折り返しで、ケアマネさんに連絡した。

「文句言ってやろうと思ってたのに、あの看護師長逃げたのかな?」
「いやいや、そういう人なんですよ。だからいつまでも、腹を立ててる方が損ですよ」
「そうなんだけど、ケアマネさんにまで電話したのが許せなくてさ」
「僕のことはいいですよ。よくあることですから、気にしないでください」

だけど、ムカつくわ。
だから、翌日病院に言ったら、どの方が看護師長なのか知らないので
顔だけは見て、あいさつはしてやろうと思ってた。

「それでですね、明日の話に僕も立ち会っていいですかね」
「あ、都合がつくなら、そうしてもらえた方が私は助かる」

と言うことで、ケアマネさんも立ち会ってくれることになった。
その電話を切ってしばらくして、今度は役所のMさんからも電話をもらった。
今までのいきさつを話してる途中で、生命保険の外交員さから
携帯に電話が入ったので、明日また電話をすると言うことで切った。
生命保険のガンサポート、一時金が降りるそうなので
2.3日中に本社から書類が届くから、すぐに届けてくれるそうな。
もっとも振り込まれるまでは、当てに出来ないものだけど少しまた希望の光が見えた。

そして、翌日。それが昨日なんだけど、Mさんも忙しい方なので
朝一で連絡を入れて、話の続きを簡単にしたら

「今日3時に、Tさんも一緒に話すんだよね?」
「そう」
「3時か、私も立ち会いたいけど、今日は無理だな~」

Mさんも立ち会ってくれようと思ってるのか?って考えたら、ちょっと嬉しかった。

「だけどさ~、恵子さんは大丈夫?」
「なにが?」
「いや、自宅介護になっても大丈夫なの?恵子さんの身体もそうだけど」
「まあね、あの看護師長の電話の後から、不眠と胃痛が治らないけどね」
「ほら~、だからさ、身体の心配もしてるのよ」
「Tさんにも同じこと言われたけど、大丈夫だよ。犯罪者にだけはならないから」
「いや、いや、そういうことを防ぐのも私たちの仕事だから」

・・・って、おい!私冗談のつもりで言ってるんだけど
本当に私はそんなに危ないのか?って・・・(≧m≦)

「それでさ~、私も昨日あれから考えてね。先週の金曜日に男性一人空きがあるって
 言ってた老健があって、それと2月1日にオープンする老健があるのね。
 そこもどうかな?って思ったんだけど」
「いいもなにも、そこは私が電話しても大丈夫?」
「それでもいいんだけど、ちょっとTさんと連絡して、私から電話してみるよ」
「えっ?Mさんが電話してくれるの?」
「それくらいはやるよ」

って、その言葉を聞いたら、ふと涙腺がゆるんだ。
もちろんケアマネさんも、一緒に動いてはくれてるんだけど
我が家だけを担当しているわけじゃないし、自分でなんとか見つけられればと
思ってた部分もあるし、役所の人がこういうことで動いてくれるとは思わなかったんだ。

「ありがとう、本当にありがとう」
「いや、いや、こんなことぐらいしか出来ないし、ダメかもしれないからさ、その時はごめんね」
「私はまだ恵まれてるよね。Tさんだって、いろいろやってくれてるし
 Mさんだって、こうやって電話くれて話し聞いてくれるじゃん」
「いや、聞くだけで何の役に立たないんだけどさ」
「でも一緒に考えてくれるじゃん。それだけでも、幸せなことだよね。
 もっと大変な人だって、自宅介護してる人はたくさんいるよ。
 この程度のことで、限界だの無理だのって騒いでたら、がんばってる人に申し訳ないよ」
「本当恵子さんって、前向きだよね?」
「前向きと言うより、能天気なだけだと思うけど、一緒に考えてもらえるのは嬉しいよ」

Mさんが電話してくれる老健の結果は、ケアマネさんと相談して
Mさんかケアマネさんから連絡をくれると言うことで、一旦電話を切った。
しばらくして、Mさんから連絡が来て、ケアマネさんとは連絡が取れなかったそうな。
結果としては、男性一人空きがあると言ったところは、埋まってしまってたらしい。
2月1日オープンの老健は、個室が1部屋空いてるらしいけど
月々が30万近くなるということで、これも無理。
でも4月1日オープンの特養があるので、4月以降動きが出てくると思うから
申し込みだけしておくといいんじゃないとの事だった。

午後からケアマネさんと会うから、そのとき伝えておくと話して電話を切った。

来週には義弟も自宅に戻ってくるだろう。いよいよ自宅介護突入だな。
支えてくれようとしてる人が、私にはたくさんいるわけで
そう思ったら、へこたれるわけにはいかんよ。

そう思いながら、午後3時10分前、ケアマネさんとの待ち合わせ場所に出発した。。。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。