。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ・・・

2011.02.15 (Tue) 父の看護日誌

覚悟はしていたつもりでも、ちょっとだけ心が痛い。

父の物忘れが、だんだんひどくなっている。
デイから戻ると、携帯で連絡をすることにしてるのだけど
最近は、連絡してくることを時々忘れるようだ。
こちらから、電話をすると

「あ~、今帰ったよ」

と言うこともあるけど

「あれ?俺電話してないか?」

と言うこともある。その電話で

「明日もデイだから、洗濯してね」
「あ~、今やってるところだ」

そう答えるのだけど、次の日の朝行って

「準備してある?」
「あ~、してあるよ」

そう答えるけど、汚れ物を入れたままのカバンが置いてある。
夕方は電話だけで確認出来てたけど、最近はそれもダメになりつつあるのかな?
洗濯機は使えるようになったけど、翌朝脱水の終わった洗濯物が
そのまま洗濯機の中に残っていたりもする。
合図音が鳴ってるはずなんだけど、気が付かないのかな?

おトイレの失敗も、頻度が増えてきたから
次の段階を考えた方が良いのだろうと思って
紙おむつはまだまだ抵抗がありそうなので
重度の失禁用おパンツを購入してみた。
本人は、あまり気にしてないように感じる。
だから、何気なくおパンツを変えてみようかな?

先日、弟から電話が来たから、ちょっと父のことを話してみた。

「そうかよ、親父もション●ンちびるようになっちゃったのかよ(笑)」

笑うか・・・いつも笑って終わる、弟。
普段の生活に、父との関わりがないから、実感もないんだろうな。
ま、弟に相談しても解決策はない。
介護の解決策は、その状態を受け入れて、どうするか?だからね。

主人の父親も、家の中がどんどんゴミ屋敷と化しているようだ。
お正月に主人だけ実家に行ったのだけど、その時に義姉の次女には
就職祝い、三女にお年玉を置いてきた。
そのお礼の電話が入ったのだけど、その時に義父のことを話していた。

「オヤジになんかあったら、また恵子さんが大変になるんだから
 どっかの施設に入れちゃえばいいんだよ」

義姉が言ったそうだけど、この義姉も自分の父親がもしもの時
何かしようと言う気持ちはないらしい。
簡単に施設に入れろと言うけど、その過程を知ってるのか?
費用の問題もさることながら、義父がどういう状態になるのか?
その状態の義父を、受け入れてくれる施設が見つかるのか?
その作業だって、全部私だっちゅうの!
ま、義弟の時だってそうだったけど、弟も義姉も
何もしないなら、口も出さなきゃいいけどね。

ちょっと心がうつむくと、いろんなことを考えちゃう。
考えて解決するなら、たくさん考えればいいのだろうけど
考えたところで、どんどん心がうつむくだけだ。

だから今は、父が笑顔でいてくれるなら
それで、よし!としましょうか。。。
スポンサーサイト

もう2月。。。

2011.02.09 (Wed) 父の看護日誌

1日過ぎるのが、毎日早くて困ります。。。

11日に父のお薬をもらいに、K先生を受診。
心臓の検査をすることを伝えて帰ってきた。

お正月にエアコンを使った時は、何もなかったのに
15日エアコンのスイッチを入れたとたん、アレルギー症状が出た私。
喉は痛くなるし、咳にくしゃみ、鼻水は大洪水になった。
義弟が我が家の住人になった翌年に、目にはアレルギー症状が
出てると言われて、目薬は時折差していたけど、2.3年前から
鼻水やくしゃみや咳、喉の痛みも出始めた。
でも何に反応してるか?検査はしたことがなかったので
徒歩で行ける病院で、検査をしようかなって考えた。
16日に、父のお薬をお薬箱に4週間分補充したのだけど
残りのお薬を入れた袋を、父の部屋に忘れたことを
すっかり忘れていた私・・・アタチも危ないってば!( ̄m ̄*)
18日、いつものように朝様子を看に行くと、父のポシェットに
目薬が入ってないと言うので、目薬を入れてある引き出しを開けると
なぜか父のお薬の袋が、入っていた。

なぜか?じゃないっつうの・・・アタチが忘れたわけであります。
気が付いて確認したのだけど、『カバサール』だけ見つからない。
なんでも捨てる父、きっと捨てたに違いない!きっぱり!
んで、近所の医者に行く予定を変更して、父と同じK先生のところで
検査をしつつ、『カバサール』も再度処方してもらおうと思った。
が、しかし・・・月に2回の処方は実費になるそうな。
考えてみれば、4週間分はお薬箱に入っているので
2月に入ってから、処方してもらうことにして、私の検査だけしてもらうことに。
症状からして、アレルギーには間違いないし、ハウスダストの可能性が高いので
『タリオン』を3日分処方されて、結果を聞きにくるように言われた。
家に戻って、お薬を飲んだら、夕方にはのどの痛みも治まってきた。
3日後に結果を聞きに行ったのだけど、一般的に言われている原因には
まったく反応がみられず・・・何に反応してるかはわからずじまい。
『タリオン』が効いてるようなので、とりあえずこのまま経過観察になった。
の・・・だけど・・・K先生・・・

「悪玉コレステロールが高いね~。おとうさんも高いもんね~」

で、父と同じ『クレストール』を処方されることになりました。
とうとう、私も常備薬が2種類です。

その後『カバサール』は、デイの連絡帳が入ってる袋の中で発見。

「俺は知らない」 「俺は触ってない」 「わからない」

何度か問いただしたけど、そんな返事しか返ってこないし
追及したところで、忘れちゃうものしょうがない。

「はいはい、忘れた恵子が悪かったね」

ちゅうことで、すでに父の記憶からはすべて消え去ったようです。

デイのバッグには、予備としてズボン・おパンツ・ステテコちゃんを
入れてるのだけど、最近取り換えてくることが多くなってきた。
自分の衣類を使用してるので、自分が着替えて来てることも忘れちゃうらしい。
たまに、デイのお洋服を着てくると、洗濯中に不思議に思うらしくて

「なあ、恵子。これは俺、借りて来たのかな~?」
「うん、借りたんじゃない。なんかこぼしたか?また漏れションしたんでしょ(笑)」
「そうか~」

と、一応納得。
お洋服を返してしまえば、すっかり記憶のかなたに飛び
本人は、あまり気にする様子もないので、いいんじゃないかと・・・
先日、デイの職員Kさんが送ってきてくれたので、少し話した。

「最近、また失敗してるみたいだね」
「うん、でも進さん、あんまり気にしてないみたいだから大丈夫だよ」
「いつもお手数かけて、すいません」
「ううん、元気に楽しく過ごしてくれれば、それでいいから」

はい、毎回楽しみに出かけて行く父なので、ありがたいことです。

ずっと二層式の洗濯機を使っていた父だけど、脱水層がダメになり
1週間ほど前から、全自動洗濯機に変更した。
必要以外のボタンには、ガムテープを貼り、使い方の張り紙をして
このところ毎日、様子を看に行っているのだけど、やっと一人でも
洗濯機を使えるようになってきた。
全自動に替えることを嫌がっていた父だけど、洗濯層から脱水層に
洗濯物を移す作業がなくなって、楽になったと喜んでる。

やはり毎日同じことをして、習慣化することは大事なんだな。

先週は私、鬼のかく乱で発熱し、風邪を引いとりました。
体調も良くなってきたので、今度は確定申告をやっつけます!

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。