。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私ったら・・・

2010.11.25 (Thu) 父の看護日誌

親の良く目・・・いや、子の良く目・・・
いやいや、私の願望というところでしょうか・・・

「おとうさんは、まだ大丈夫!」

なんて、思いたかったんだろうな。
父の排泄障害は、決定的になった。
週5回のデイ通い、デイの職員さんの方が
父と過ごす時間は長いし、プロだもんね
私の目よりも、職員さんの目の方が確かなわけだ。

日曜日の朝、いつものように様子を看に行ったら
施設のスウェットを着ていた。

「おとうさん、それ施設のじゃない?」
「いや~、俺のズボンだろ?」
「ううん、おとうさんのじゃないよ」
「俺のだよ」
「おとうさん、そういうのは持ってないでしょ?」
「そうだっけ?」

そう言いながら、ズボンを脱いで確認し始めた父。
タグのところに、施設の名前が書いてあるのを見て

「あれ~?本当だ」
「そうでしょう(笑)」
「最近よう、時々違うズボン履いてるんだけど、なんでだ?」
「ん?覚えてないの?」
「そうなんだよ~、なんで違うズボン履いてるのか?わかんないんだ」
「濡れちゃったから、取り換えたんじゃない?」
「そうなんだろうな~?」

記憶もかなりきてるらしい。
ここ1ヶ月ほどで、急に悪化してるようにも思う。

軽失禁用ボクサーパンツに変えてからは、デイに行く時のカバンの
中身をチェックするようにし、予備の着替えも入れていた。
なぜボクサーパンツにするかと言う説明は、何度もしてるのだけど

「慣れだよな~」

その時は、そう言うのだけど、やっぱり「たま苦しい(←失礼)」らしい。

「きつくて、イヤなんだよ~」

と言って、トランクスに履き替えてしまうし、デイに持って行く下着も
トランクスを入れてしまうので、行く行くのことを考えて
トランクスは我が家に回収して、ボクサーパンツも追加注文した。
とにかく、この「たま苦しさ(←失礼)」にも、慣れてもらわなくては
次の段階に行くのも、難しいと思った。
それに、予備の着替え類を、別の袋に入れて、説明して
カバンに入れてるのだけど、少しカバンが膨らむことに
私が帰った後、疑問に思うらしく、中身を確認して
自分が入れた覚えのない物を出して、タンスに片付けていることもわかった。

デイでの様子も気になったので、23日の夕方施設に電話を入れた。
最近の父、デイで元気がないそうな。
お散歩も以前は、張りきって出かけていたけど、行きたがらず
しょんぼりしてることもあるらしい。
20日の土曜日は、入浴の時介助をしてる際、排尿してしまったそうだけど
本人は、出ちゃってることにまったく気が付かず・・・
父の性格もわかっているので、なんとか元気付けるような言葉かけを
してくれてるらしいけど、職員さんも気にかけてくれてるそうな。

で、わたくし、自分なりに考えたのが、おそらく知らないうちに
ズボンを履き替えてたり、時にはズボンが濡れてることに
自分も紙おむつにならなくてはいけないのか? と
気分が落ち込んでるんじゃないかと、思ったわけで・・・
でも今は紙おむつは、恥ずかしいことではないってことを
わからせる必要があるんじゃないかと、考えた次第です。
いろいろ考えながら、私も犬のお散歩時、トイレに行きたくなると
途中の公園に立ち寄るのだけど、お散歩の時間に合わないと
いけないから、私も紙おむつを使ってると言って、一度履いて
見せようか?などと、ない知恵を絞って考えていたわけです。

が、その日の夜、前に食事にも行ったことのある施設のKさんから
電話が入り、施設での様子を、さらに詳しく聞くことが出来た。
排泄の問題は、とてもデリケートな部分でもあり
父も一番気にしていることでもある。
朝夕の打ち合わせの時も、父のことが話題に上がり
連絡帳に書くと、父の目にも止まるため、連絡をどうするか?
と言う話になったらしいけど、Kさんが自分が直接私に連絡して
相談すると言うことで、話しは付いていると言ってくれた。

Kさんが言うには・・・

やはり、排泄のことで、父は落ち込んでいるようだということ。
帰り際などに、着替えたりすると、がっくりとしょげて

「進さん、あんなに気にすることないのに」
「いつもの元気がないのが、とても心配」

などなど、職員さんたちも、気にかけてくれているそうな。
また、最近時間を見て、トイレに誘導してくれてるらしいけど

「どうして、今までは言わなかったのに、最近言うんだ?」

と疑問にも思ってるらしく、余計に気になっている模様。
施設としては、排泄に関しての問題は、大きなことではなく
それよりも、意欲や元気が無くなることの方が問題だそうだ。

で、最近自転車マシーンが新しく入り、脈拍や時間、距離などを計り
それを箱根駅伝になぞらえて

「今日は大井町まで行った」 とか 「鶴見まであと少しだよ」 とか言うと
「じゃあ、もう少しがんばろうかな」

そう言って、一生懸命漕いでいるらしい。

なにしろ、褒められて伸びるタイプの父。
誰でもそうだろうけど、嬉しい、楽しいで過ごしたいわけで
ゲームの賞状も20枚とたまると、父は何かもらえると思っていたようで
持って行くと催促してるようだから、準備はしてるものの
なかなか持って行けないようだと話したら
枚数によって、お相撲になぞらえ、前頭とか小結など
最終的には横綱まで、写真を少しずつ大きく
引きのばして、貼り出しているらしい。
今少し元気がないようだから、その賞状を持たせるから
それで、少し楽しい気分になるんじゃないかと話すと
それを使って、気分を盛り上げてくれると言ってくれたので

「おとうさん、これ持って行くと楽しいことがあるらしいよ」

そう言って、今日賞状を持たせることにした。
また紙おむつの件も、まだ早いそうで、ボクサーパンツに慣れてくれれば
そこにパットを挟めば、失禁もズボンまで濡らすことは防げるし
本人も、紙おむつではないから、気分的にも良いんじゃないかと
アドバイスしてくれた。
父の気持ちを考えると、紙おむつにとても抵抗があるので
これで、私の気分も少し楽になった。

「進さんが、気持ち良く過ごせるように、いろいろ相談しながら
 方法を考えればいいから、何かあったらいつでも電話して」

Kさんの携帯番号も知っていたけど、勤務時間以外で電話するのも
どうかと思って、遠慮していたけど
Kさんにそう言ってもらえて、感謝です。

義弟の時もそうだったけど、父のことも、私は恵まれていると思う。
ケアマネさんも、施設の方も、相談に乗ってくれたり
いろいろな方法を考えてくれたりと、本当に助かる。

義弟の時、出来ないことを私が受け入れることが出来ずに
きついことばかり言ってしまった。
こんなことも出来ないの?って、思うことが多かった。
自分の父親だから、義弟とはまた違うのはわかっているが
毎日習慣付いてることは出来ているのに、まず先に
排泄障害が出てくるとは、思わなかったから、ちょっとショックだ。
だけど、これも自分が受け入れることが先決だ。

「おとうさん、おちっこのこと、悩んじゃってるんでしょ?」
「ん?うん・・・」
「そんなこと、悩む必要ないんだよ」
「だから、あんまり飲まないようにしてるんだ」

こらこら!そう言うことじゃないだろがい!

「ダメだよ、飲まなきゃ!詰まって引っくり返るから」
「そうだけどよ~(笑)」

笑いごとじゃないけどね。
トイレの心配して、お散歩に行かないとか、出かけるのいやだとか
飲み物控えるとか言ってないで、ボクサーパンツに慣れれば
ちょっと漏れたって気にしなくていいんだし
紙おむつだって、まだ考えることないけど、恥ずかしいことじゃない
ってことを、昨日の朝、少しだけ話して、しばらく様子を看ることにした。

デイに行くことを、あんなに楽しみにしてたのだから
行きたくないなんてと思わないようにしないといけないな。

介護第二弾の、入り口に来たのかもしれましぇん。。。
スポンサーサイト

お試しか!

2010.11.20 (Sat) 父の看護日誌

注文していた、軽失禁用ボクサーパンツが到着した。

軽失禁用ボクサーパンツ
これなんだけどね・・・

義弟は、ブリーフ派だったから、紙おむつの装着感に
あんまり違和感は、なかったように思う。
主人も、ボクサーパンツを持ってるけど
基本的には、トランクス派。

主人が言うには。。。

「たま苦しい(失礼!)」

と言うことらしい(='m')くすくすっ♪
女には、わからない感覚ではごじゃりますが(≧m≦)

水曜日に注文したのだけど、注文したあと、父に

「おとうさん、おしっこした後、漏れちゃうことあるでしょ?」
「ん?うん・・・」
「そういう時のための、パンツがあるんだって」
「うん・・・」
「それ注文してみたから、試しに履いてみようよ」
「いいんじゃない」
「おとうさんも、ちょっと漏れても気にしなくていいから、安心だし」
「そうだな~」

なんて、会話をしておいたので、今朝持って行った。

「おとうさん、パンツ届いたよ。見て」

そう言って、ボクサーパンツを見せた。

「どう?恰好良いでしょ?」
「そうだな~(笑)」
「今日から、履き替えて行こうよ」
「うん」
「じゃあ、ズボン脱いで、履き替えよう」

そう言ったら、マッサージチェアにつかまって
ズボンを脱ぎ出したので、足元で介助を始めた。
ふむふむ・・・すっかり、介助されることに抵抗がない。

膝までは、自分でズボンを下して、足元で私が脱がす。
同じく、ステテコちゃん、そして

「下向いてるから、パンツも脱いで」

はい!おパンツも、そのまま脱いでくれました。
今度は、逆バージョン。
膝まで上げれば、後は自分で履いてくれました。
とは言っても、シャツなどがたるんでたり、はみ出してたり
そこは、整えて・・・

「どう?履き心地は?」
「う~ん、なんか狭苦しいな」

なるほど・・・主人が言ってたことだわね( ̄m ̄*)

「でも、これ履いてた方が、安心じゃない?」
「そうだよな~、慣れだよな、慣れ」
「そういうこと」
「慣れれば、どうってことなくなるよな」
「うん、そうだよ。だから、がんばって慣れてね」
「そうだな」

自分に言い聞かせているような感じだったけど
トランクスだと、漏れた時ほぼダイレクトにズボンが濡れちゃうけど
これなら、ワンクッション入るから、少しはいいかな?と思う。

デイの職員さんは、排泄の際、感覚が鈍ってるんじゃないかって言ってたけど
なんとなく、会話の様子では、漏らしたことはわかっているけど
恥ずかしくて言いだせず、放置してるような気がするんだな~。
じゃなきゃ、今まで「たま苦しい(失礼!)」のはイヤだって言ってたのに
自分に「慣れ」だと言い聞かせながら
こんなにすんなりと、このボクサーパンツを受け入れるとは思えない。

親の良く目・・・じゃなくて、子の良く目かしらん?

とりあえず、これで様子を看てほしいと、連絡帳に書いたので
しばらくは、このまま行くしかないわねん。
これに慣れてくれれば、紙おむつの装着感も違和感が少ないかも。
今すぐじゃないけど、行く行くのことを考えるといたしかたない。

お試しの履き心地、慣れてくれることを祈るのみでごじゃる。。。

早いなぁ~。。。

2010.11.18 (Thu) 父の看護日誌

毎日が あっという間に過ぎて行きます。
歳を取った証拠か(・ω・;)・・・
もう11月も中旬が過ぎてしまった。

最近の父はと、言いますと。。。

週5回のデイには、それは楽しみに出かけている。
毎朝、お薬チェックも気を付けているので
今のところは、飲み過ぎも防げている。
朝、様子を看に行くと、まだ着替えの途中だったりするのだけど
デイでは、お風呂などで介助を受けているから
最近は、私の介助も素直に受ける。

「最近、身体の動きが鈍くてよう」
「あわててるわけじゃないんだから、ゆっくりやればいいじゃない」
「そうなんだけどよう・・・」

と、会話をしながら、私が手を出すと、黙ってやらせる。
着替えが終わっていても、ボタンが段違いだったり
花魁状態だったり、身なりを整えるのも、私の朝の仕事になった。
デイに行く用意をしてる時もあって、なるべく手を出さないで
自分で出来るようにと、看てるのだけど
着替えの下着類など、なかなか袋に入れられなかったり
それをカバンの中に、入れるのにうまく入れられなかったり
入れた後、カバンのチャックがうまく締められなかったり
でも、私が行った時には、すでに終わってる時もあるから
出来ないわけじゃないんだよな。

私も看ていて、ついつい手を出してしまう。
手を出してしまうから、父もだんだんと、他力本願になってきてる。
毎回と言うわけでもなく、自分でやろうとしてるのを
私が看かねて、手を出すから、しょうがないんだけどね。

先日、朝様子を看に行った時、デイのおパンツ等を借りてきていた。

「おとうさん、おしっこした後、また漏れちゃった?」
「ん?あ~・・・」

と、なんだか、歯切れが悪かった。
ん?と思っていたら、案の定、失禁があったらしい。
夕方のお散歩の帰り、ちょうどデイの送りの時間と合って
職員さんと、お話が出来た。
お風呂の後、運動器具が開いたので、父に声をかけると
ズボンがびっしょり、濡れていたそうな。
父の性格を、よく知っている職員さん

「進さん、濡れてるみたいだから、着替えようか?」

と、こっそり耳打ちしてくれたらしい。

「大丈夫だよ~、すぐ乾くから」
「いやいや、荒れちゃうといけないから、あっちで着替えよう」

そう言って、別室で着替えさせてくれたらしい。

「俺も、もう紙おむつをしなくちゃダメかな~?」

とがっくり落ち込んだそうな。

「大丈夫だよ~、進さん。こういう時もあるから、大丈夫!」

そう言ってくれたらしいが、本人はちょっとブルーだったようだ。
話しを聞いた限りでは、父は失禁したことに気が付いていたけど
言うのが恥ずかしくて、放置してたんじゃないかと思うのだけど
職員さんが対応した感じでは、失禁に気が付いてなかったように
感じたらしい。
失禁はしょうがないことだけど、それに気が付いてないことが
気になるので、しばらく様子を看て、もう一度あるようなら
替えの下着類を、余分に入れてもらえればと言われていた。

んで、またしても、デイの替えの下着類が洗濯してあったので
またやったんだなと思っていたら、案の定でした。
今回は、お風呂に入った時、下着類を片付けようとして
気が付いたそうで

「進さん、間違えて濡らしちゃったから、今日はこっちの履いてね」

そう言って、デイの物を貸してくれたそうな。

毎回ではないけれど、失禁が合った時、自覚がないことが
気になるらしい。
自覚がないのか?はたまた、わかっちゃいるけど言えないのか?
ひょっとすると、排泄障害が出てきてる可能性もあるけど
余分に着替えを用意して、もうしばらく様子を看てみると言うことで
私の方からは、軽失禁用のおパンツを準備すると言うお話をした。

父は、ブリーフではなくて、トランクス派なので
ネットで、ボクサーパンツを注文してみた。
あとは届いたら、父にお試ししてもらわなくちゃだ。

ボチボチだけど、悪化するのはしょうがない。
施設の職員さんも、その都度、相談しながら行きましょうって
父が失敗すると、落ち込んで自分を責めるということを
わかってくれてるので、その対応の仕方もありがたい。
だからこそ、父もデイに行くのが、楽しくてしょうがないんだろうな。

施設の職員さんや、ケアマネさんから

「進さん、可愛いから~」

って言われると、嬉しい♪
子供みたいになってきている父だけど、私も可愛いと思ったりして
うん!このまま、可愛いおじいちゃんで行ってほしいものです。

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。