。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアマネさん来訪。。。

2010.08.07 (Sat) 父の看護日誌

昨日は、ケアマネさんが来た。
先週から、デイに週4回に通うことになり
父の様子を看にくることになっていた。

父の方は、週4回になったことで、家に一人でいることが
つまらないと感じるようになったようだ。
どうやら、身体的にも精神的にも活性化されたように思う。

「進さん、週4回行くようになってどうですか?」
「どうでうか?って言われてもな~」
「身体は疲れないですか?」
「それはないよ」
「家にいるより、行ってた方が楽しいんだよね」(私)
「そうだよ。家にいてよ、テレビばっかり観ててもつまんないしよ。
 向こうに行けば、身体も動かすから調子も良いんだよ」
「良かったですね~」

ケアマネさんも喜んでくれた。
なるべく毎日変化を持たせず、習慣的に行動出来るように
持っていくことが、大事だと思っている私。
これが出来なくなってくると、いよいよだと思っている。
で、ケアマネさんも同じように思ってくれているようで
デイに通うことを、週5回にしたらどうか?と提案してくれた。
何しろ、週4回にするのに1年近くかかっているから
まだ良い返事をするとは思えなかったけど、案の定

「今のままで、いいよ~」

と言った。
私も週4回になったばかりなので、しばらく様子を看た方が
いいかとも思っていたけど

「でもおとうさん、デイではベテランなんだから、いいんじゃない?」
「そうですよ。進さん、もうベテランなんですから
 みんなのお手本になるんじゃないですか?」
「そんなことねえよ~」

元職人、ベテランって言葉に本当に弱いな~( ̄m ̄*)
もうすっかり、ニコニコ笑顔で

「みんなに言われるんだよ。進さん、いつもスカスカ歩くな~って」

スカスカって、どっか抜けてんだろって。
それを言うなら、スタスタだ o(>▽<)o ウキャキャウキャキャ!

「ずっとスカスカ歩いていたいでしょう?」

ケアマネさんまで、スカスカって・・・(^m^*)

「そうだよな」
「マシーンで身体動かしてた方が、調子も良いんじゃない?」(私)
「そうなんだよ、ジッとしてるとダメだよな」
「どうですか?金曜日も行ってみませんか?」
「そうだな~、行ってみようかな~?」
「おぉぉぉ~~~、良いですね~」

週4回にするのに1年近くかかったけど、週5回は2週間で
首を縦に振ったじょ、よっぽど楽しいんだな~( ̄m ̄)

「でもおとうさん、人数の空きがあるかどうか聞いてからだから
 いっぱいだったら、断られるかもしれないからね」
「断られることは、ないんじゃない?(笑顔)」

今一つ私の言った意味が理解出来てないらしい。

「断られないってか!」

ケアマネさんと大笑いしちゃった(^∇^)アハハハハ!
さっそく戻ったら、施設に連絡をしてくれることになり
昨日の面談は終了となった。

夕方ケアマネさんから連絡が入り、来週から金曜日もOKとのこと。
点数的に金曜日の入浴はダメかもと言ってたのだけど
ギリギリで入浴も出来るとのことで、デイでの流れも同じ。

今日は通所日。
いつものように、朝様子を看に行って

「おとうさん、来週から金曜日も行けるって」

そう言ったら、父の顔がニコニコ~とほころんだ。

「来週から、ちょっと忙しくなるね」
「そうだね~」
「水曜日と日曜日がお休み。週休二日だよ、大丈夫?」
「大丈夫だよ~」

近くに住んでると言っても、いつも一緒にいるわけじゃないから
一人で家にいるのは、寂しいのかもしれないな。

「俺、Kさん(施設の職員さん)に聞いてみようかな?」
「何を?」
「金曜日の来るけど、良いか?って」
「良いって言うよ」
「手がかかるから、来るなって言われちゃったりしてな(爆)」

そんな冗談まで、出るか (*´艸`)ウププ
これだけ喜んでくれると、こちらも嬉しくなる。

「でも疲れちゃったりしたら、休んでもいいんだからね」
「そんなことは出来ないよ~」

そうかい、そうかい。

「無理に毎日洗濯しなくても、ここにタオルも下着もあるからね」
「うん、うん」
「洗濯が間に合わなかったら、恵子がしてもいいから」
「いいよ~、自分でするから。帰ってきたら洗濯すればいいんだよ」
「そうだけど・・・」
「俺から洗濯取ったら何が残るんだよ(笑)」
「おとうさん、洗濯好きだもんね~(笑)」

母が入退院を繰り返してた頃から、洗濯だけはマメにやってたし
苦にならないと言ってたもんね。

「そうだ、恵子。これ買ってきてくれよ」

柔軟剤がないそうな。

「来週から、洗濯の回数が増えるもんね」
「そうだよ~(笑顔)」

やる気満々でごじゃります。
少し張り合いが出てきたのかな?
父の体調管理もしながら、様子を看て行きましょう。

そして今日も準備万端整えて、お迎えの電話を待っている父でした。。。
スポンサーサイト

K先生診察日。。。

2010.08.05 (Thu) 父の看護日誌

3日は、K先生の診察日だった。
Ⅰ先生の検査結果の報告があったし、父はデイの日だったので
私一人で受診、お薬ももらってくることにした。

父には、検査結果で悪いことは聞かせたくない。
聞いたところで、理解は出来ないようだけど
悪いと言うことはわかるので、自分で勝手な想像をして
気持ちが落ち込んでしまうため、結果を聞くときは
私一人で聞くことにしている。

いつものように、待合室にいると看護婦さんが

「あら?今日は一人?」

と声をかけてきた。

「検査結果を聞きに来たんですよね?」
「それもありますけど、Ⅰ先生の検査結果のお話があるので」
「わかりました」

・・・???
なんかいつもと対応が違って感じたし、検査結果ってなんだっけ?
で、気が付いた・・・
大腸がんは、父の検便待ちなんだけど、これが今だ取れない。
胃がんについては、とりあえず問題ないと言われたけど
肺がん検査は、2ヶ月先と言われたんだっけ。
中待合に呼ばれ、いつもは診察室1番で呼ばれるのに
2番の診察室に入るように言われた。

「先生、お隣でお待ちです。Ⅰ先生の検査結果もあるそうです」

先に顔を出した看護婦さんの顔つきが、いつもニコニコしてるのに
なんか神妙な顔つきで、少々不安になった。

「まずは、Ⅰ先生の結果をお聞きしましょう」

と言われたので、脳の血流検査の結果は
アルツハイマー型ではないこと。
でもパ-キンソンから認知症と診断されたことを言うと

「うんうん、そういうのあるんだよね」

で、認知症のお薬は、今回は処方せず
K先生とも相談しながら、様子を看て考えましょうと
言われたことを話した。

「それでね、この前検査した結果なんだけど・・・」

まず胃がんについては、言われた通り問題なし。
が、肺がん検査に引っかかったらしい。
K先生のところでは、大きな問題はないと
判断してたらしいのだけど
がんセンターからの結果は、右肺下方前側に影があるので
再検査の依頼が来たそうな。

「悪性ではないと思うんだけど
 再検査は受けてもらわなきゃいけないんだ」

んで、K先生からK病院を紹介された。
呼吸器科の先生がいれば、すぐに検査してもらえるけど
電話で確認してくれとのこと。
レントゲン画像と紹介状をもらって帰宅。
すぐにK病院に電話して聞いてみたら
呼吸器科の先生は、火曜日の午後のみで
まずは診察してから、検査日が決まるとのこと。
それなら、今父が通ってるI先生のR病院も同じ。
R病院もK病院も、急性期病院だから対応も同じだろうと思う。
検査してから、すでに2ヶ月が過ぎているし
緊急性があるなら、先生もそう言うだろう。
真夏の午後、暑い中大好きなデイを休ませてまで
連れ出すのもどうかと思うし、Ⅰ先生の病院の方が
万が一の時、父の症状やお薬のこともわかるだろうと思うし
R病院に変更することにした。
K先生に話したら、紹介状も書き換えてくれると言うので
R病院で予約を入れた。

18日(水)午前9時、朝一で予約が取れたし
デイを休む必要もない。
行き慣れた病院だから、私もあたふたしないで済むし
父も知らない病院に行くより、不安も少ないだろう。
同じ病院内で動くなら、いつもの検査だと言っとけばいいし
検査を受けたところで、時間が経てば
検査したことすら忘れてくれるから、結果を気にすることもない。
今更、1週間2週間あわてたところで
何かが変わるとは思えないしね。

父方に癌を患った親戚はいないから、癌家系ではないと思う。
とは言っても、楽観視は出来ないよな。
父の年齢を考えると、まだ若いと判断するのか?
もう充分と思うのか?
それは、父のみぞ知るだけど、今の父から
デイの楽しみを奪うのは、出来るだけ先に延ばしたい。

などなど・・・なんだか訳のわからないことまで
いろいろ考え出してしまった。
とにかく、再検査を受けてその結果が出てからのことだ。


先週から、月・木・土に加え、火曜日もデイに通い始めた父。
月・火と続くので、体調的にどうかと様子を看ていたのだけど
どうやら問題はないようだ。

「家にいるより、行ってた方が楽しいよ♪」

ニコニコ笑顔で言われると、増やして良かったと思う。

「家にいると、つまんないから寝ちゃうだろ。
 向こうに行くと、いろいろ忙しいんだよ(笑)」

そう言いながら、デイでの流れを説明し始める。

「まず行くとよ、お茶が出るんだよ。体操してよ~
 ゲームするだろ。いつも優勝しちゃいけないから
 考えてやるんだよ。そのうち風呂に入るだろ。
 風呂から上がると、メシだろ。みんなと一緒に
 食べるから、美味いんだよなぁ~。
 カレーなんか出たら、最高だよ(笑)」

カレー大好きなんだよね~、お子ちゃまかっ!
(='m')くすくすっ♪

「おやつ食べたら、すぐ帰る時間だしよ。
 午後は早いんだよ~」

何回も話してくれるから、私も覚えちゃったってば(^m^*)

デイのない日は、身体がしんどいと言うことがある。
倦怠感も症状の一つだけど

「向こうに行くと、不思議と治っちゃうんだよな~」

身体のしんどさも忘れるくらい、楽しいなら言うことなしだ。

月・火と続くので、洗濯物が間に合わないといけないと思い
タオルや下着類など、買って置いたのだけど
月曜日、デイから戻るとすぐに洗濯をして
エアコンの前で、乾かしているらしい。
先日様子を看に行った時、洗濯物を干していた父。

タオルは、角を揃えて洗濯ピンチに止めて
おパンツもパンパンと伸ばして、止めていた。
肌着は、ハンガーに肩のラインをきちんと合わせ
シワを伸ばしてかける。

「お父さん、洗濯物上手に干すね~」

ニコニコしながら

「角が揃ってないと気持ち悪いんだよ~」
「ふ~ん、B型ふたご座の男のこだわりだな(爆)」
「だけどよ、手が思うように動かなくてよ~」
「別にあわてる必要ないんだから、ゆっくりやればいいよ」
「身体が思うように動かなくて、やんなっちゃうよ」

肉体労働者だったから、身体を動かしてなんぼの父。
動けなくなるのが、一番気になるところらしい。

「家にいるとよ、テレビばっかりだろ。
 テレビもつまんないしよ、向こうに行けば
 マシーン(高齢者向け運動器具)があるだろ。
 身体を動かすから、良いんだよ」

父から、楽しい時間を取りたくないな~。
再検査・・・今から考えてもしょうがないけど
何事もなければいいな~。。。

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。