。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと落ち着いた。。。

2010.02.27 (Sat) 父の看護日誌

彩佳が、2月7日に引っ越した。
自立への第一歩でごじゃります。
ホッとした部分もあるけど、心配なことも盛りだくさん。
とは言っても、親離れ子離れはしなくちゃいけません。
引っ越し直後は、洗濯の仕方を聞いてきたり
自炊も始めたようでお料理のレシピを聞いてきたり、何かと電話が来たけれど
なるべく私からは電話はしないようにしております。
が、先日用事があって電話をしたら

「彩佳、明日から北海道に行って来る」
「北海道だと?」
「うん」
「いつ帰ってくるの?」
「日曜日」
「あ、そう・・・」

本人は、一人暮らしを満喫してるようです。

父はと言うと。。。

「最近、彩佳が来ないから寂しいな~」

って、父のところに彩佳が行くのは、お小遣いをもらいに行くんだけど
それでも、初孫だけに可愛くて仕方ないらしい。

「しょうがないよ、引っ越しちゃったからね」
「大丈夫なのか?」
「心配だけど、大丈夫でしょ」

父は父なりに、心配しております。

彩佳の引っ越し後、そのまま確定申告に突入。
会計ソフトが正常に動かなくなったりして、ちょっとパニクったけど21年度分は終了。
今年から新しい会計ソフトに変更したのだけど、これまた登録やら何やらに迷って
ちょいと脳みその休憩をすることにした。
しばらくお休みして、腰を据えて再度取りかかる予定。
なので、やっと落ち着いたところです。

父の部屋のインターホンが故障してしまい、不動産屋さんに連絡したら
カメラ付きのインターホンに取り換えてくれました。
これで、誰が来たかわかるので、知らない人の時は出ないように出来る。
通話の仕方も教えたんだけど、最近やっと使えるようになったらしい。

Ⅰ先生の診察の時、日付が怪しくなってきていることを指摘された父。
顔を見ると、私も日付テストをしているのだけど、デイの施設にも
お願いして、日付テストをしてもらっている。
西暦で2010年と言うのはわかっているのだけど、平成で聞くと21年と答える。

「年明けたでしょ?」
「あ~そうか、22年だ」

デイに行く曜日は絶対忘れない父。
曜日はわかっているのに、カレンダーを見ても近辺の日付を言ったりする。

「最近よ~、Kさん(デイの職員さん)が、進さん今日は何日?って聞くんだよ」
「うん、お父さん日付が怪しいから、施設の人にも頼んだからね」
「そうか、だから聞くんだな」
「そうだよ、油断ならないからね(笑)」
「ほんとだな~(笑)」

まあ、神経質になっても良くないので、ボチボチと行きましょう。

でも一つ良いこともあった。
前の部屋に住んでた時、一人でトレッサに出かけて、出入り口を間違え
おそらく父の足なら、最寄りの駅まで20分ほどのところを道に迷って
2時間かけて歩いた父、駅だと気が付いて気持ちが折れたため
携帯に電話がかかって来て、車で迎えに行ったことがある。
それ以降、床屋さんと近所のお散歩以外は一人で出かけなくなった父。
毎週火曜日か水曜日に、父とお買い物に出かけるのだけど
これで、どうやらトレッサの出入り口から、中のスーパーまでの通路を覚えたらしい。

「お父さん、お小遣いまだある?」
「もうないよ」
「まさか、彩佳来てないよね?」
「彩佳?彩佳しばらく来ないな~」
「何に使ったの?」
「最近、スーパーに一人で来てるんだよ」
「何?一人で来れるようになったの?」
「そうだよ~、いっちょ前にカート引いて買い物するんだ(笑)」

ほうほう、それは良かった!
なので、この日の買い物は少なかった。
同じことをしていれば、覚えられると言うことだから心配はないのかな?

母が亡くなった後、母の葬儀をお願いした葬儀屋さんの互助会に入会していた父。
義弟の葬儀の時、ここにお願いしようと思ったのだけど
指定された会場以外が使用できず、ネット検索で見つけた葬儀屋さんにお願いした。
父の時のことを考えた時、家族葬にしたいと思っているし
義弟の時お願いした葬儀屋さんが、とても良かったのでこちらに頼みたい。
なので、互助会の解約をすることにしたんだけど、解約手数料のなんと高いこと。
でも掛けていてもしょがないので、父の了解の元、昨日解約手続きをした。
この時、なんだか身体がしんどいと言ってた父。
滅多に不調を訴えることがないので、心配になった。

「病院行く?」
「いいよ」
「しんどいって、身体が重いの?」
「う~ん・・・まあ・・・どうってことねえよ」
「どうってことねえって、でもしんどいんでしょ?」
「まあな・・・」
「あんまりおかしかったら、我慢してないで病院行くよ?」
「わかった、わかった」
「わかったじゃなくて、携帯を枕元置いて、夜中でもいいから電話してよ」
「わかったよ!」
「我慢しちゃダメだからね」
「わかったよ!]
「朝来たら、死んじゃってたなんてイヤだからね」
「そうしたら、お前達に迷惑かけなくて済むわい」
「そういう問題かよ!」
「大丈夫だよ!もううるせえから、早く帰れ!(笑)」

追い帰されたし・・・(・ω・;)
今日はデイの日、心配なので電話をしてみた。

「今日は調子どう?」
「あ~、いいよ」
「今日は行く日だよね?」
「もう準備はしてあるんだ。いつ迎えが来ても大丈夫だから、待ってるんだよ」
「デイには、行きたいのね?」
「そうだよ~、彼女に会いに行かなくちゃいけないからな(爆)」
「彼女だと?・・・そう来たか・・・(爆)」
「そうだよ、彼女が待ってるからな」
「それだけ元気があれば、心配ないね」
「大丈夫だよ~」

まさか、彼女っちゅう言葉が出てくるとは・・・(≧m≦)
本当にそういう相手が出来るのも、良いことだと思うんだけどね。

ま、色気があるうちは心配ないか。。。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。