。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49日法要。。。

2009.10.22 (Thu) 義弟の病院・病気と症状

義弟の49日法要、そして納骨が済んで
あっという間に10日が過ぎた。
なんだか毎日、午前中が忙しく午後には電池切れの状態で
パソコンを開く元気もなく、開いても読み逃げばかりでした。

義弟の49日法要も無事に終わり、納骨も滞りなく済みました。

主人は、我が家にお骨が無くなってしまったことに
かなり寂しい思いもあるようです。

最初はすべてを実家に持っていくつもりだったけど
仏具一式は、義母の時に揃っているわけだし

「お義父さん、コーヒー入れたり煙草に火を点けたりしないでしょ?
 だったら、仏具一式家に残して簡単なお仏壇もどきを作って家でやったら?」

主人にそう提案したら、すぐに賛成してくれて
義弟のお位牌と大きな遺影は、実家に持って行きましたが
小さい遺影とコーヒーカップは残し、義母と私の母の写真などを一緒に置き
その横に、なつのお骨やお位牌などを置いて
我が家流お仏壇
我が家流のお仏壇コーナーを作り

今も毎朝コーヒーを入れ、煙草に火を点けて一緒に一服しとります。

法要には、義弟の会社の人事部長のTさんと同僚のMさんが来てくださいました。
義弟はブランド物の時計をたくさん持っていたので
会社の方々6名と友人や従兄に、形見分けとしてお渡ししました。
法要後の食事会でも、義弟の思い出話に花が咲き
形見分けのことで、義弟の後輩に主人が電話をしたのだけど
同僚のMさんのところで、電話が来て

「声がソックリで・・・」

と、声を詰まらせていたと聞いたりしました。
双子だから声はよく似てて、リビングで二人で話しているのを聞いてると
短い言葉だと、どっちが話してるかわからない時もあったもんな・・・
なんて、思い出したりもした。

食事が終わって実家に戻り、お仏壇を片づけて義弟の場所を作り終わり
みんなで話している時、主人が

「姉貴よお、お通夜の時だって座りっぱなしでよお、俺とカミさんで社長なんかに
 お酌して回ってんのに、ずっと座ってんだからよお。
 姉貴の後ろで、手伝ってくれた会社の人たちが食ってたんぞ」
「そんなの知らない」
「知らないじゃなくてよお、親父と憲児が勤めてた会社の人達なんだから
 もう少し気を遣えよ、それに俺らが戻ったら、飯も残ってねえしよ~(笑)」

突然、主人がそんな話を始めたので、ちょっとビックリしたんだけど
その話しの間中、義姉は私をチラチラと見て、言った言葉が

「しょうがねえだろ、お前は長男なんだから」

おぉぉぉ~~~い!そういう問題かい!!
別に私が言わせたわけじゃないのに、そんな反撃かよ!
と、ここで叔母が

「でも長男でも、ここまではやらないわよ。普通は」

ナイスフォロー、ありがとうございました!
まあ、もうこういうこともないだろうけどさ。


私にとっては、最低最悪の体調の中、義弟の葬儀があり
その後も返礼品を選び、エクセルで住所録を作り
住所のわからない方の住所や電話番号を調べたり
法要の準備も、主人の実家近くで行ったために
義父と連絡を取りながら、お寺さんへのお願いや
その後の食事場所の手配などなど・・・
とにかく滞りなく済むように、主人と二人それだけを考えて
法要の日までを過ごした。

そのせいか?義弟が亡くなってから、49日法要までとても長く感じたけど
終わってからの、この10日間は早かったな~。

わんこの病院、父の病院が2回、私の病院、ケアマネさんが来たり
返礼品は、主人がお香典をいただいた方全員に返すということで
合計219名あったのだけど、送付が始まって
住所が違ってたり、集合住宅の部屋番号がなかったりで調べたり
午前中がなんだかんだと忙しく、午後になると電池が切れる状態でした。

昨日は、私の受診日。
手術前検査で、レントゲン・心電図・血液検査を行った結果
貧血も改善されていたんだけど、生理を止める注射のせいで
更年期の症状が出始めているみたい。
またフェロミア錠の副作用もあって、身体がだるいらしい。
フェロミア錠は、今回処方されなかったので、あと2日飲んで終わりだから
だるさも取れるといいんだけどな。
先月1回目の注射の後、2週間後にもう1回出血があると言われたのだけど
4日からまた出血、4日ほど通常の生理と同じだったけど
その後もダラダラと続き、現在も止まらないので聞いたところ
私の筋腫はたくさんあるそうで、それらが全部子宮内に飛び出してるから
不正出血が始まると、ダラダラと続くらしい。
4週に1回の注射なんだけど、次回はその1週間後が手術になるので
18日に受診して、出血の状態を聞いてから、注射をするか?しないか?決めるそうな。
また卵巣を残すか?残すこと、取ってしまうことの、メリットデメリットなどなど
手術に関しての詳しい説明をすると言うことで、主人同伴で午後3時からとなり
入院の予約をして、帰ってきた。
昨日も主人が一緒に行ってくれたのだけど、私にしてみれば
18歳の時に、虫垂炎で下半身麻酔は経験しているが
全身麻酔は初めての経験になるし、お産の時以降入院したことがない。
麻酔の事故だってあるし・・・なんて、マイナス面ばかり考えてしまうんだな。
そして、一番心配なことが。。。

「あの~、家にラブラドールが2頭いるんですけど
 退院したら、お散歩は出来ますか?」
「別に制限はないけど、お腹に力入れると、かなり痛いと思いますよ」
「い、痛い・・・」
「術後、2.3週間は痛むと思うから、出来ないんじゃないかな?」
「じゃあ、痛みが取れたら大丈夫ですか?」
「そうだね、痛むうちはやめた方がいいだろうね」

痛いのか・・・当たり前か・・・

「大丈夫だよ!正月には、切って良かった~♪楽になったって言ってるから」
「そ、そうだよね」

主人も私の手術が終わらないと落ち着かないって言うけど
ヘタれの私。。。あと約1ヶ月・・・長いな~。。。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。