。。。家族の選択。。。

2009年8月25日この世を去った義弟の介護の日々。。。         2013年6月30日を持って終了しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション?

2007.11.30 (Fri) 義弟との日々の出来事

イライラ半減と言いながら、昨日の夕方また義弟と一発かましてしまった。

昨日の横浜は寒かった!全国的にかもしれないけど・・・午後からはなんだか寒かった!
寒いけどお散歩と言っても、リハビリで出かけるのだから
身体があったまるくらい一生懸命歩いてほしいところ。
私がわんこのお散歩に行けば、身体があったまって帰ってくるのだから
義弟だって、その気になって1時間しっかり歩けば、身体はあったまるはず。
ところが義弟の場合、出かけても公園で座ってタバコを吸って帰ってくるだけだから
身体もあったまるはずもないし、逆に冷えるに決まってるよ。
お天気の良い日でも、日が陰っている場所でジッと座ってれば寒いっちゅうの。
で、午前のお散歩も50分で帰って来たので、もう一度行けと言った。

「ちょっと待ってよ。外は寒いんだよ」
「そんなの知ってるよ。リハビリで出かけてるんだよ。寒ければ身体があったまるくらい
 一生懸命歩いてきて、初めてリハビリになるんだよ」

そんなやり取りをしばらくしてたら

「わかったよ!行きゃあいいんだろっ!」

そう怒鳴って出かけて行った。
寒いから帰って来たいのはわかるけど、それを許してたら
また一冬外に出ないってことになる。

午後からは、主人が昼間の仕事を終えて、夜勤仕事まで時間があるから
家で休むことにして、1時過ぎに帰ってきた。
さっそく一杯飲み始めたので、ツマミを出したりしてたのだけど
そこに、いつものお散歩仲間さんで、ボーダーコリーのりゅうちゃんのお母さんから
電話が入った。りゅうちゃんの具合が悪いので、病院に連れて行って欲しいとのこと。
りゅうちゃんはなつと同じ病院に通っているのだけど、今日はお休みの日なので
もう一つの病院まで行かなくちゃいけない。
車じゃないと行けない距離なのだけど、主人が帰っていたので一瞬ためらっていたら

「俺がいるんだから、なつの心配はないだろ。行って来いよ」

そう言ってくれたので、すぐに家を出て病院へ。
2ヶ月くらい前に後ろ右足を脱臼してたので、その影響かもしれないと心配してたのだけど
レントゲン・血液検査の結果は異常なしだったので一安心して帰ってきた。

3時40分過ぎ、駐車場の手前一旦停止で止まった時
駐車場の中に、義弟の姿を発見。
いつも反対方向から帰ってくるのに、何やってんだろう?と思って見ていたら
・・・なるほど、私の車があるかどうかを確認してたようなんだな。
寒いから早く家に帰りたい、でも私が帰ってれば追い出されるのはわかってる。
こういう確信犯的なことが、私って心が狭いから許せなかったりするのねん。
マンションの階段のところで追いついたので

「4時になってないけど」

と声をかけたら

「えっ?なんで?」

駐車場で車が無いのを確認したのに、帰ってきたからこんな言葉が出たんだろうね。

「駐車場で私の車があるかないか?確認してたよね?見てたけど?」
「えっ・・・・・・・いや、違うよ。兄貴の車を見てたんだよ」
「けんちゃんの駐車場と、全然違うじゃん。あそこは私の駐車場だけど?」
「いや・・・・・」
「もう一回行ってきなよ」

ところが10分経たないうちに帰って来た。

「10分しか経ってないよ。まだ4時になってないけど?」
「え~っ?あの工務店の所まで行って来たよ」
「はい?工務店まで行って、10分で帰ってこれるわけないでしょ?弟くんの足で」
「行って来たよ」
「どう考えても無理!なんで嘘付くの?」
「嘘じゃないよっ!行って来たって言ってんだろっ!」
「悪いけど、弟くんにすごまれても怖くないけど。。。なんで嘘付くの?って聞いてんの」
「嘘なんかついてねえよっ!」

一瞬考えてしまったよ。
義弟は本当に、工務店まで歩いてきたと思い込んでるのかな?って。
その工務店まで行って来たということは、義弟の足ならどうやっても20分以上はかかる。
なのに、10分かからず帰って来てるのだから、想像するに
この前休憩してた、あのショートコースを回ってきたとしか考えられない。

結局この後、またまたお子ちゃまのケンカ勃発となった。
おむつをしていることから始まって、いろいろ言ったのだけど、義弟の言い分は

「恵子ちゃんは、テレビのアンケート見てないのかよ」
「見てないよ」
「今はな、30代40代でおむつしてる人はたくさんいるんだよ」
「たくさんいるって、その中に入ってていいわけ?恥ずかしくないの?」
「別に・・・俺はこれでいいんだよっ!」
「はあ~、向上心はないわけね?」
「ないね」
「口でそうやって達者なこと言ってるけど、私に言わせりゃ、おむつしてるような奴に
 何を言われても説得力がないんだよ。みっともない。だから筋力付けろって言ってんの」
「俺はね、若い頃まだバリバリ仕事してた時に、このくらい寒い日に外で仕事して
 その後、光熱出してひどい目にあってるんだよ。こんな寒い日に外に出る奴はバカだっ!」

これに、私がプチッとキレた。

「じゃあ、これから夜勤で仕事に出かけるけんちゃんはバカか?」
「なんで、そういう屁理屈言うかな?」
「屁理屈言ってんのはどっちだよ!」

どっちもだがの・・・(^m^*)

「なんでそう取るんだよ」
「なんでって?寒い日に外でに出るのはバカだって言ったじゃん」
「そういうことじゃねえよ」
「じゃあ、どういうことよ。わかるように説明して」
「うるせえな~、出てきゃいいんだろ」
「またそれか!簡単にここを出てくって言うけど、お金はあるの?」
「俺の金は恵子ちゃんが持ってるんだろ?」
「持ってるよ。持ってるけど、いくら残ってると思ってるの?」
「2万くらい?」
「その2万で、どうやって部屋を借りるわけ?」
「株があるだろっ!」
「株ね~、今株価がいくらか知ってる?」

そこでネットで見せることにした。
株価は今、買ったときの半値に下がっているのを見せて

「これを現金にするの?大損もいいとこじゃん。ここからなつの医療費出してくれるんでしょ?
 けんちゃんが車を買うのに、少し出してくれるんでしょ?どうやって部屋借りるの?」
「・・・・・」
「朝は起きれないで起こしてもらって、そこに書いてあるルールも守れないで
 私に偉そうなことを言いたいなら、おむつが取れてからにしてくれ!じゃなきゃ納得しない」

口で私に勝つはずもなく、結局そのままわんこのお散歩に出てしまった。
理解できるわけもなく、向上心をもてるはずもなく、義弟を理解しようと思わず
そう考える人だと思えばいいい、言ってもしょうがないってわかっていても
なんだかムカムカが治まらず、家に戻った。
わんこの世話が終わり、しばらくしてパソに向かっていたら

「恵子ちゃん、さっきはごめんなさい」
「はい?」

こっちが拍子抜けしてしまった。

「なにが?」
「いや、さっきは俺が悪かったなと思って」
「ふ~ん、別にもう怒ってないけど」
「そうなの?でも、ごめんなさい」

こうなると、私は弱い。

「別にあんなの弟くんと私の、コミュニケーションみたいなものでしょ?」
「え?コミュニケーション?」
「文句の言い合いなんかで、いつまでも根に持たないよ」
「あれがコミュニケーションって、俺と恵子ちゃんってどういう関係なんだよ」
「義理の兄弟です!それ以外なにもありません」
「そうか・・・そうだよね~(笑)」

笑うってか・・・ま、いいけどね。

「どうでもいいけど、そこの書いてあるスケジュールだって、ちゃんと守れて
 朝も自分でちゃんと起きて、筋力付けておむつだって外して
 それが出来なくちゃ、一人暮らしなんて絶対に無理!まずは自分の身体を鍛えてください」
「は~い」

なんだかな~、こうやって月日は流れた行くんだろうな~。



人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o
スポンサーサイト

余談ですが・・・

2007.11.29 (Thu) 思うこと

昔経理をやってことがあるから、この時期年末調整のことや確定申告のことで
聞いてくる友人が数人いる。
で、なんとなくこの季節思い出したことがあった。
その中の一人で、私の中学時代の友達がいるのだけど
彼女一昨年、目の手術をしたんだよね。
で、確定申告で医療費控除の申告をしたらしいのだけど
税金が8000円ほどしか戻ってこないって電話が来たんだ。
医療費を結構払ってるのになんでだろう?って、よくよく話を聞いたら
彼女の払ってる税金も、8000円ほどだったのね。
だったら全額戻ったことになる、払った税金以上は戻ってこないってことを
説明したんだけど、今ひとつ納得が出来ないみたいで

「申告しても意味がないじゃん」

って言う結論に達したらしい。。。
これだけの医療費がかかると、これくらい戻ってくるって目安だけ見て
それが全部もらえるって、勘違いしちゃうんだろうけど
自分が払った税金を、医療費や住宅控除によって、払った中から戻ってくるわけで
払ってもいない税金が、戻ってくるはずもないし、それを戻ってくるとは言わないよね。
こういう間違いと言うか、勘違いをしてる人って結構多かったりする。

なんで彼女の話しになったのか?
ちょっと彼女を分析をしちゃったみたいなんだよね。

彼女のことちょっと書いちゃおう。
私は正直言って、この彼女に対してヒガミがあるんだと思う。
朝から晩までよく働いてたし、家の中もきれいにしてるし、よく遊びもする。
彼女は、子供の頃からお金に困ったことがない。
裕福な彼女だけど、人とはちょっと違った苦労をたくさんしてきてるのも知ってる。
彼女にとっての一番の痛手は、二人の子供のうち下の息子を
不慮の事故で3歳の時に亡くしてること。
この哀しみは、母親なら想像は出来るよね。
この子が亡くなった時、それに伴なって大事件も起きてるから
普通じゃ経験できないことまで、経験しているんだな。
だから違った意味での苦労を、彼女がしてることも私は知ってる。

母子家庭をしてた頃に、彩佳を父に預けて食事に行こうと誘われた。
彼女が言う食事は、母子家庭の私に払える金額じゃない。

「バカだね、恵子。男に出してもらうんだよ。自分で払うわけないじゃん」

これは、彼女のママの影響が強いんだと思うけど
彼女のママ、昼間は喫茶店夜はスナックのお店と、雀荘を経営していて
彼女もそこを手伝っていたから、ママと一緒に初対面のお客さんでもご馳走してもらうのは
当たり前だったのだろうけど、私にはそういう経験がない。
彼女にとっては知り合いでも、私にとっては初対面の人から
そんな高い食事をご馳走になるなんてことは、到底出来ないんだからしょうがない。

「アンタはそういう考え方かもしれないけど、私には出来ないってば」
「だから、恵子は損してるっていうの。少しは外に出て、遊びなよ」

そうは言われても、母子家庭ですから、遊んでばかりもいられないし
子供は漏れなく連れて行くのが、私ですから。。。
子供を連れて行けないようなところは、まったくとは言わないけど
あまり行かなかったしな~。
でも寝ている隙に、夜中カラオケに行ったことはあるけどね。
どちらにしても、彼女の付き合う方々とは世界が違うと言うかなんと言うか
苦手であったことは間違いし、今もそうなんだよな。

彼女はお金を持っていない男は、相手にしないという。
彼女も離婚を経験して、子連れ再婚をしたけど、今の旦那も親が会社経営者。
いずれそこを、旦那が受け継ぐことになってるんだけど
今は実質、旦那が運営しているようなものなんだよね。
もちろん今だって彼女は、旦那の会社の下請けのところで働いてるよ。
そこは離婚した後一旦家を出て、勤め出した会社なんだけど
家にジッとしてられる子じゃないから、今も同じところで働いている。
パートだし、旦那の関係会社と言うこともあって、融通もきいてるみたいだし
働きやすいところだって言ってた。
旦那の会社は手伝わない、すっと一緒なんてイヤなんだって。
彼女は強者なんだ、まだ同棲してた頃に旦那の給料を見て
籍は入ってないけど、彼女からすると義父になる社長に電話をし

「お義父さん、この給料じゃ家はやっていけません」

ってハッキリ言えるとこがすごいでしょ。
その時の給料の額を聞いてみたけど、一般的なサラリーマンの倍はもらってたからね。
で、このお義父さんも給料を値上げしたんだから、またすごいよな。
ママと一緒にいた頃は、お金を握ってたのがママだったから
欲しいものを好きな時に、好きなだけ買えたけど支払いはママ。
自分で自由になるお金は持ってなかったんだよね。
この旦那と同棲を始めた頃、一度このママと親子の縁を切った形になったんだ。
と言うのも、息子が亡くなった原因が当初この旦那にあると言われていたからなんだけど
実際のところ、事件なのか事故なのかは、今もわからないのだけどね。
結局親は折れたし、この旦那も旦那の家族も、息子を助けてやれなかったことに
大きな負い目も感じてるらしくて、最終的に長男でありながら養子に入った。

「娘にも孫にも、一生お金には苦労させないこと。そうやって育ててきたから」

と言うのが、ママが出した入籍の条件でもあったらしい。
7歳年下の旦那だけど、よく働くし何より彼女に惚れてるんだろうね。
本当は仕事をやめて、家に入ってほしいんだけど、彼女がそれを拒否してる。
同棲を始めてしばらくしてから、お金にも時間にも余裕が出来たようで
海外にもよく行くし、ブランドのバーゲンもよく知ってる。
お金に関しても、彼女が握るようになったから自分で自由に使えるわけで
彼女は好きな物は好きな時に買ってるようだけど、旦那はいちいち彼女に
お伺いを立ててると言う感じ。
自分は娘とどこへでも行くけど、旦那がゴルフに行くなんて言うともったいないって言ってる。
でも自分が計画をして、家族で行くゴルフや旅行には惜しみなく出す。
でもそれなりに従業員の前では、旦那のことも立ててるから
恐妻家で通っていても、それはそれでいいんだろうな。

「恵子、もう私らの年齢なんだから、こういう良い物を身に着けないとダメだよ」

って言われても、私には金がないってばよ。
確かにブランドの良い物を買えば、半永久的に使えるし
実際私が使っていた物を、今彩佳が使っていたりもするから
買った価値があると思うけど、今の私には必要がない。

「Tシャツを買いにハワイに行きたい。向こうは安いんだよ」
「娘が化粧品買いたいって言うから、海外行ってくる。やっぱり良い物は違うよ」

・・・ってTシャツならユニクロで充分だし、海外に行く旅費を考えたら一緒では?
娘の化粧品のために海外?彩佳は100円均一の物も使うけど
我が娘ながら、綺麗だし・・・
と言う感じだから、私のような小市民にはついていけない部分もあるんだけど
これを私らにも、同じようにした方がいいと説教じみたことを言うことがある。
この娘彩佳の3歳年下なんだけど、仕事中の今の旦那に携帯から

「○○ちゃん、小遣いちょうだい!3万持ってきて」

なんて電話を入れると、この旦那もわざわざ家に帰って来て3万を渡す。
この話を笑いながら話してくれるのだけど、どうにも私には笑えない。
孫にもお金の苦労はさせないことが条件でも、これは単なるわがままではないのか?
彩佳が同じことをしたら、主人もだけど私も横っ面張り倒してるところだ。
ま、彩佳はやらないけどね。。。
子育てもそれぞれの家庭のやり方があるし、それでいいと思っているのなら
他人がとやかく言う必要もないのだから、いいんだけどさ。

家も3年前に注文住宅で、一戸建てを建てた。
まだ行ったことはないけど、かなりかかったらしい。

要するに、彼女と私、価値観がまったく違うんだと思うし
彼女には彼女の、私には私に合った相手を選んでいるのだろうと思うから
それはそれでよし!なんだとは思うけど・・・

時々彼女の価値観の押し付けに、うんざりすることもあるんだな。

先日、彼女の前の旦那、娘と亡くなった息子にとっては
実の父親が亡くなったという知らせが入った。
元の旦那と一緒に暮らして、最後を看取った女性から連絡が来たんだって。
その女性が連絡してきた理由は、元旦那が娘を受取人にして保険に入ってたのだけど
借金の返済に充てたいから、そのお金をこちらに譲ってほしいと言うことだったんだな。
女性が言うには、闘病生活に入ってからは元旦那の借金もその保険料も
自分が払って来たし、その保険料で借金を清算したいってことだったらしい。

「娘に入ってた保険だよ。受取金が700万なんだって」
「それで、Sちゃんの借金はいくらあるの?」
「知らない」
「保険金を受け取ると、相続したことになるからね。相続ってプラスの面だけじゃなくて
 マイナスの面も相続することになるんだよ」
「そうなの?」
「そうすると、700万もらっても1000万の借金があったら、300万子供が払うんだよ」
「700万だけもらうってことは出来ないの?」
「出来ないよ。お金に困ってるわけじゃないんだから、向こうにやればいいじゃん」
「だって、子供が受取人なんだから、権利は娘にあるわけでしょ?」
「そうだけど、借金の返済とか保険の支払いもそうだし、Sちゃんの面倒も看てきたんでしょ?
 借金を清算したいってことは、その人のこれからの生活もあるわけだからさ」
「でも700万だよ」
「だったら、借金がどれくらいあるのか聞いてから決めたら?プラスになるのかどうか。
 借金まで相続したら、結局困るのはアンタだよ。よく考えた方がいいと思うけど」

と、こんな話を延々としたのだけど、どうにも納得が行かなかったらしく
その後、生命保険会社に勤めてる友人にも電話して同じことを聞いたけど
私と同じ返事をしたそうで、その後どうしたかは聞いていない。

彼女も小型犬を3頭飼っているけど、、うんちくんも拾う人じゃない。一緒に出かけたときに

「自分の子のうんちぐらい拾いなよ」
「だって、こんな小さいんだから別にいいじゃん」
「チリも積もればだよ!他でどうしようといいけど、私の前では拾ってくれ」

わんこの飼い方も、全然違うんだよな。
我が家がシャンプーやフード、サプリメントにこだわっているのを聞いて

「犬にそんなにお金はかけられない」

と言ったこともある。
わんこのシャンプーも100円均一の物で、しかも毎日シャンプーしている。
毎日使うから高いのは買えないそうだ。一緒に寝るのに、犬臭いのがイヤなんだって。
我が家も一緒に寝てるけど、我が家は2ヶ月に一度のシャンプーだな。
そろそろシャンプーしようかと言う頃に、なつが病気になっちゃったから
感染症のこともあるし、シャンプーは今は禁止されてることもあって
お盆からシャンプーもしてない状態だけど、我が家は人が訪ねてくれても
犬臭いと言われたことはないし、エリーとなつのことも臭いと言われたことがない。
同じシャンプーで、同じ物を食べてても、個々に匂いも違うしその匂いを
いとおしいとは思っても、臭いと思ったこともない。
ま、わんこバカの言うことだから、ここは聞き流してくれていいのだけど・・・

彼女との付き合いは、中学1年生の時からだけど
その頃もチワワがいて、一緒にお風呂に入ってるのも見たことがある。
その後、ポメラニアンがいたのも知ってるけど、上の子が生まれた時
犬の毛でアレルギーが出てしまったために、狭いところに閉じ込められて
いつも吠えていたのも覚えている。
その頃の私に、わんこのことを気にする意識がなかったから、特別聞いてもいないけど
そのわんこたちが、亡くなったと言う話も聞いたことがない。
その子達がその後どうなったのかは、今となっては聞こうとも思わないけど
自分がわんこと寝食共にするようになってからは、なんとなく嫌な感じがしてしまうのも事実。
人それぞれ考え方もあるし、価値観も違うから、犬にお金はかけないと言うのなら
それはそれで良いと思うけど、今いる子達は最後まで看取ってやってほしいと願うばかりだ。

でもね、なんでかな?彼女のこと、ヒガミがあると思うし、そういう気持ちになってしまう
自分がイヤだから、私から彼女に連絡することはほとんどないけど、でも

「ねえ~、恵子~・・・」

なんて電話が来ると、結局会ってしまう私がいる。
なんでかわからないけど、憎みきれずにもいるヘンテコリンな私だ。
だけど、考えたら1年以上連絡がないな。

実は彼女の旦那と私、少々モメてしまったからなんだけどね。
彼女が入院してた時、この旦那何かと言うと私に電話をしてきた。
意見を求めてきたり、相談だったりなんだけどね。
何度かお見舞いにも行ってたけど、その会話の内容でやっぱり私の中の
ヒガミ根性が沸々してしまって、自分自身がイヤになるから
お見舞いに行くのを断る理由として、義弟のけいれん発作を利用したんだ。
そのときも、旦那からの電話でそういう話しになったのだけど

「悪いけど、義弟が発作を起こしちゃったから、お見舞いに行けないって言っておいて。
 発作の後は、何かと心配だからさ」
「発作を起こしたの?良かったじゃん」
「はい?」
「発作っていうことは、先が見えたってことじゃないの?だから良かったじゃん」

おいおい・・・なんでそういうことになる?
しかも、そういうブラックジョークが通用するような間柄でもないし・・・みたいな・・・
それに彼女に対しても不信感を持ってしまった。
確かに義弟のグチを彼女にも話していたし、その話を旦那にしたって別に構わないが
いったいどういう伝え方をしたんだろうと思ってしまった。

「いや、良かったとは言えないけど?」
「恵子さんはさ、うちのと性格似てて、優しいからさ~俺が代弁してやったんだよ」
「代弁って?それに性格似てないし、アイツと私性格真反対だよ」
「そうかな~?」

私の元旦那も共通の友人で、彼女と同じく中学からの友達のことも彼女の旦那は知ってるから

「M(これ私の元旦那)やEにも聞いてみな?性格全然違うって言うから。
 それに私の口から、良かったとは言えないよ」
「なんで?」
「なんでって、・・・・・」

とこの後、私の気分がものすごぉ~く悪くなってしまったので、早々に電話を切ってしまった。
と言うわけで、この話を彼女の旦那が私の元旦那にしたらしく、電話がかかってきて
いきさつを私の方から話したわけだけど、またその話を私の元旦那が彼女の旦那にしてと
私の関係のないところで、話は大きくなったようでそれ以来彼女の旦那から
連絡が来ることが無くなったんだけど、その後1回だけ彼女と食事をしたのが最後だ。

ま、これは余計な話しだけど、彼女が幸せにやってるならそれでいいことだもんね。

我が家の経済は現在、火の車だ。
だからかな?お金に困らない人って、どういう考え方をするんだろうと
分析しちまったらしい。。。

でもどう考えても、私には彼女のマネは出来ない。
お金もないし、病人&障害者、老人だけでなく、病犬まで抱えてる我が家だけど
その中でも、幸せだと感じてる私もいる。

やっぱり私は、私でいいのである。

くだらないことを、長々書いちゃった(* ̄ー ̄)>てへ




人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

イライラ半減?

2007.11.28 (Wed) 義弟との日々の出来事

気が付けば、1週間更新してないし・・・

先週木・金・土曜日と、2.3分遅れた日もあったけど3日続けて
ギリギリと言うところで、義弟は朝リビングに出て来た。
コーヒー&一服タイムを取りたいなら、7時前に起きるように言ってあったけど
義弟にしては上出来と言うことで、コーヒーの準備をしても何も言わなかった。
・・・が、その後が8時過ぎまで、のんびりしてしまうので結局9時に終わらない。

「7時に起きてきても、のんびりし過ぎてたら同じでしょ?」

最初の日はそう声をかけて、次の日からは

「7時半過ぎるよ。やるべきことを、先にやりなさいね」

と言うと、行動開始となって、なんとか9時前後には終わるようになった。
・・・が、義弟に4日目はなく、今日に至るまで毎朝私が起こしている。

7時20分から7時半前後に、リビングに出てくる義弟。
まずは座って一服となるんだけど、これはしょうがない。
同じ喫煙者としては、朝の一服は活力源にもなると思うから。
一服が終わる頃には、声かけが必要になる。

「時計見なさいよ~。やるべきことを先に終わらせてね」
「は~い」

黙ってると、二服目に入っちゃうからね。
これを黙ってると、いつまでもタバコばっかり吸ってるから。
朝は起きれないけど、これによって一つのパターンが出来始めたように思う。

一服し終わったら、目薬→朝食→お薬→洗面ハミガキ
一連の行動としてやれるようになってきたように思う。
思うのだけど、これも一つ注意し気が付いたら声をかけないといけないのが

「今使った物を片付けてから、次の行動に移りなさいよ」

目薬、お薬の箱、食べた後の物、使用済みのティッシュ、薬を飲んだコップ、コーヒーカップ・・・
さらにここに、今日読もうと思う本まで出てきて、テーブルの上がいっぱいになっちゃう時がある。
何かしようと思うと、今やってたことはおろそかになるからしょうがないけど
これも本人の注意次第では、出来るときもあるわけだからね。
だけど、あれほど朝私をイライラさせていた行動は、今かなり減ったように思う。

同じマンションで懇意にして頂いてるママさんと、次男くんとでやってる床屋兼美容院。
今まで片道義弟の足で歩いて30分ほどの、主人と同じ床屋さんに行ってたのだけど
今回はそこに行った。歩くのがイヤになって、近場で済ませたのだろうけど。
余分にお金を持たせると、残ったお金で違うものまで買ってしまうので
支払いは私が行くことにしておいたので、翌日支払いに出かけると

「弟さん、結構グチって行きましたよ」
「ハハハ・・・うるせえババアだって言ってた?」
「まあ、そんなとこですかね(笑)」

ママは他のお客さんをやってたそうで、次男くんがやってくれたみたい。
さすがに本人目の前にして、「ババア」発言のことまで言えなかったんだろうな。
言葉を濁していたけど、だいたい想像がつくよ。

「前に比べたら、足の筋力弱っちゃったわね~。結構歩いてると思うけど」

椅子から立ち上がるのに、フラついて危なかったらしい。
本人には自覚がないから、いくら周りが言ってもダメなんだけどさ。
身体のことだけに限らずだけど、この障害を持っても、仕事をしてる人もいるから
社会と関わりを持ってる人は、いくらかでも自覚症状が持てるのだろうけど
義弟のように、社会とはほとんど断絶した生活を送ってると
関わりを持ってるのが家族だけだもんね。
家族の言うことなんぞ、うるさいだけだと思うよ。

先日『高次脳機能障害』の特集を、またテレビでやっていた。
義弟がそれを見ていたのだけど、義弟はどう思ったんだろうな?
テレビで言ってた「記憶障害」「遂行障害」「注意欠陥障害」のことって
いつも私が義弟によく言ってることだったんだよね。

「弟くんは、すぐに忘れるでしょ?」
「物事順序だてて、よく考えて行動しなきゃダメだよ」
「今やってたことを片付けてから、次の行動に移るんだよ。周りをよく見て考えて」

こういうようなことを、テレビでも言ってたんだよね。
義弟はずっと見てて、何か聞かれるかと思ったけど、何も言わなかった。
何か感じ取ったかな?感じ取ってたら、聞いてくるか?行動が変わるか・・・
何も変わったことはないから、何も感じ取ってないか?

義弟の会社から、年末調整の書類が送られてきた。
会社を休職して、来年の3月で丸8年になる。
それでも給料を出してくれてるのだから、これほどありがたいことはないんだけど
その書類を見ながら

「俺の給料なんてたかが知れてるし、こんなもん書いたって税金も戻ってこねえのによ」

そりゃあね、税金ほとんど払ってないんだから、戻ってもこないってばよ。
意識の違いって、面白い。
私達からすれば金額の問題ではなく、社会保険だって使えるわけだし
長期に渡ってある意味保証もされてるわけで、仕事もしてないのに収入があるんだから
これはありがたい、感謝すべきことなんだよね。
でも義弟に言わせると、俺の全盛期はこんなもんじゃないと・・・
この程度の給料しかもらってないんだから、文句を言われる筋合いはないそうだ。
そういえば、このことでこの前また言い争ったことがあったっけ。

義弟がまだバリバリ仕事をしてた頃、やはり病欠してた上司にお給料を払っていたらしい。
もちろん管理職の方だったから、金額も義弟より多かったわけだけど
その頃義弟はそれに対して、相当文句を言ってたらしいんだな。
仕事もしてないのに、給料を払うなんておかしいってね。
結局その後その方は亡くなってしまったので、1年と支払ってはいなかったと聞いてる。
今義弟も同じ立場にいることを、どう思ってるのか聞いてみたんだ。

「弟くんだって、仕事もしてないのに給料もらってるんだよ?同じことじゃないの?」
「金額が違うんだよ。向こうは良い給料もらってたんだぞ。俺のなんか少しじゃねえか」

視点が違うとでも言いましょうか?
他人に厳しく、自分に甘い。常に被害者意識が強くて、おまけにガンコ。
主人もガンコだけど、理屈に合わないガンコは困るよ。
人の話を聞かないし、ちょっと何か言えば

「俺は病気、俺は身体に障害がある」

ってことを前面に出してくるから、我が家では通用しないけど他人は引くだろうな。
自分が非常識なことを言ってることにも気が付いてないからね。
なんとか理解させる努力もしてきたつもりだけど、今となってはその気力は失せてしまった。
本当に社会に出そうと思えば、それも必要なことだろうけど
主人はもうずいぶん前から、私も今は自分たちで背負って行こうと決めたから
理解させる必要も無くなったってことだね。

いろいろある中で、自分がいかにイライラせずに済むか・・・
それが最優先なんだよね。




人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

嫌がらせか・・・

2007.11.21 (Wed) 義弟との日々の出来事

昨日は家に到着したのが、7時頃。
予想外の出来事が続発していたので、私としてはもうヘロヘロだった。
父の方も異常がなかったこと、なつも膀胱炎だったけど今の血液検査の状態を保てれば
膀胱炎が完治していなくても、来週は抗がん剤治療は出来ることがわかって
気持ち的にも、ホッと一安心。

この年齢だから、更年期も出てきているのだろう。
なんだかめまいもするので、白ご飯もあるし冷蔵庫にはそれなりに入ってるし

「弟くん、悪いけどご飯もあるし、冷蔵庫の中見て適当に食べてくれる?」
「疲れたから飯の用意なんか出来るかと、勝手にやれってこと?」

なんでこういう物の言い方をするんだか・・・
こっちも疲れてるから、イラッとして

「今日1日、私は出たり入ったりしてて忙しかったのわかってるでしょ?
 弟くんはそこに座ってるだけじゃないの。飯の支度ぐらい自分でやってよ」

毎度のことながら言い過ぎたと思っても、言ってしまった物はしょうがない。
余計に疲れちゃって、そのまま女中部屋に入ってしまった。

昨日は義弟のお風呂の日。
8時半までに入るようにしてたのだけど、これも8時半ギリギリで入ると
上がってくるのが9時半過ぎてしまうことがある。
そうなると10時就寝は出来なくなるので、30分早めて8時までに入るように言ってあった。

「今日はお風呂の日でしょ?もう7時過ぎてるんだから、早く食べないとお風呂入れないよ」

そう言ったら、すぐに行動に移った。お腹も空いてたんだろう。
昨日は私の都合で、時間が遅くなってしまったし、主人も夜勤でいなかったから
さっさとやるようなら、8時を回ってもお風呂には入っていいことにしようと思っていた。
8時5分過ぎには、食事を終えて片付けも終わりお薬も飲んだ様子。
なので、お風呂を許可することにした。

「恵子ちゃん、お風呂入っていい?」
「今日は私の都合で遅くなってるから、どうぞ」

めずらしく早く上がり、9時にはリビングに座ってテレビを見てた義弟。
私の方はめまいもするので、女中部屋でのんびり過ごしていた。
父のお薬を待ってる時、私は軽く食事を済ませてたし
もうお風呂はパス・・・こういう日のビールは美味い!
ドタバタした1日ではあったけど、とにかく全部が何事もなく終わった。
膀胱炎のなつは、いくらか頻尿になっていたので
トイレの方に行けば、気にしながらシートを取り替えていたのだけど
9時も回ってくると、眠くもなってきた。
でも10時には、なつに食事を与えなくてはいけないし、義弟の就寝時間でもある。
テレビを見ながら、デレ~っと過ごしていたのだけど

「ねえ、恵子ちゃん」
「はい?」
「なつがチッコしてるよ。シート取り替えないの?」

で、シートを取替えに行った。しばらくするとまた

「恵子ちゃん、なつがまたチッコしてるよ。シート取替えなよ」

2回目に言われた時には、またしてもイラッとしてしまった。

「あのね、弟くん。いちいち報告に来なくていいから。気が付いたら取り替えるから。
 弟くんはトイレから外れてしてたら、踏まないようにだけしておいて」
「いちいち、うるせえってこと?」
「そういうこと」
「はいはい、わかりましたよ」

と言って就寝時間少し前、またしても

「恵子ちゃん、なつチッコしてるけど、シートいいの?」

3回目で、またしても私キレました。

「だから、いちいち報告に来なくていいってば!気が付いたらやるから、放っておいて!
 弟くんは自分のやるべきことをやりなさい!もう寝る時間でしょっ!」

また怒鳴ってしまった。。。
義弟には、なつのチッコが血尿か?そうでないかの判断は出来ても
血便か?そうでないかの判断が出来ない。
チッコは片付けてもいいけど、うんちは片付けないでと言えば、混乱することはわかっている。
だからトイレに関しては、何もしないでと言うことにした。
つい怒鳴ってしまっては」いるけど、この行動自体は義弟の優しさだと受け取っていた。
なつの病気に関しては理解が出来てないようだけど、病気だということはわかっている。
だから自分も何かしたいのに、出来ないからつっかかってくるのかと思っていた。
でもこの話を主人にしたら

「単なる、嫌がらせだよ」
「そうなの?」

主人が言うには、元々持っている性格が前面に出てきてるだけだという。
同じことを言っても、義弟はふてくされたり、つっかかってきたりするけど
父は反省&落ち込みモードになる。
人の話を聞く耳を持ってるか?持ってないかの違いだと言うんだな。
父は『老いては子に従え』的なので、私に何か言われると次からは気をつけようとする。
義弟の場合は、言われたことが気に入らないと何か私の非を見つけて文句を言い
優位な立場に立とうとするんだって。
こういうところは、病気になる前からあったらしい。

ま、口じゃ義弟に負けないから、10倍以上にして返してるからいいんだけどさ。

今日は床屋に出かけた義弟。
同じマンションで、床屋兼美容室を経営してる方がいて、今回はそこに行くと言う。
親しくさせていただいてるし、義弟の状態も知っているから
電話で支払いは明日行くことにして、お願いした。
床屋代は約4000円、なのでもう今月いっぱいはお小遣いがもらえないことになる。

義弟はこのお小遣い制を、今でも理解が出来てないみたい。
昨日おむつ代を2000円渡したのだけど、お釣りが500円はあったはず。
私としては、コーヒーはインスタントが家にあるのだから、残ったお金で
タバコを買うと勝手に思っていたのだけど、そのお金で
缶コーヒーを3缶買ったらしいのだな。

「恵子ちゃん、130円貸してくれない?」
「貸してくれって、どうやって返してくれるの?」
「給料が入ったら、返すよ」
「給料が入ったって、お小遣いもらえないでしょ?朝起きてこれないんだから」
「えっ?そうなの?」

ここでもう一度、お小遣いの渡し方を説明して

「今日床屋に行ったんだから、今月いっぱい小遣いはないでしょ?」
「そうなんだ」
「そうなんだじゃなくて、今月のお小遣いはもう使い切ってるんだよ。
 今は家から持ち出してる状態なの。よく考えてみてよ」

そう言ったところで、義弟が考えてもわかるはずもなく。
1日1000円で、月30000万のお小遣いだけど、好きなコーヒーも用意してあって
自分でやらせることはあっても、食事も全部用意してあって、飲み食いには困ってないんだし
出かけることもなく、ほとんど家の中で過ごしてる義弟に30000円だよ。
主人は家に戻らない時の食事代含めて、月60000円。
その中から、さらにヘソクリまで生み出す人なんだけどね。

食費で40000万もらってて、朝起きれないから結果として30000円も
我が家に入ってることになってるけど、床屋代・おむつ代・病院代・タバコ代などなど
義弟が必要と思うお金を出しても、30000円じゃ足りない時だってあるんだけど
そういうことはわかってないからね。
お金の計算が出来ないことはしょうがないけどさ、キャッシュカード落として
お金を盗まれたりしてるのに、限度があるってことをわかってない。
二言目には、株を現金にすればいいって言うけど
自分はいったいどれほどの金持ちだと思ってるんだ?

前の私なら、こういうことも理解させよう、計算も出来るように教えようと思ったけど
最近はあきらめちゃったからな。
言ってもわかろうと努力をしない・・・と言うか、出来ないと判断するしかないから
しょうがないよな。

1日1000円のお小遣い、起きてこれなければ1000円罰金のお小遣い制も
何度教えても、理解が出来ないみたいだし
10日以上連続して義弟が朝起きてこれるとは、到底考えられないから
必要な時に、必要なだけ渡すと言うことで・・・

義弟が理解できる出来ないまで考えてたら、私の方が参ってしまう。




人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

大腸カメラ

2007.11.20 (Tue) 父の看護日誌

昨日は父の大腸カメラの検査の日。
前日夜も実家に行き、下剤を飲むよう説明をした。
翌日7時にも下剤の内服薬を飲まなくていけないので、朝のお散歩はパス。
エリーのお散歩が終わって家に戻ってから、電話で確認したら今飲んだと言っていた。
その直後に、なつの血尿がわかったので、そこから私の頭がパニくった。
予定をどう変更しようか?どう対処していけばいいか?
いろいろ考えてる中で、↓のような義弟の行動にイライラしていた。

8時からは、2リットルの下剤を2時間かけて飲みきらなければいけない。
病院からも一緒にいて、飲みきるように見ててほしいといわれたけどそうもいかなくなった。
まずは父に2リットルの下剤を届けて、飲み方をメモに書き

「コップ1杯を1.2分かけて飲むんだよ。10分経ったらまた飲んで
 10時までに飲みきってね。わからなくなったら、このメモ読んで。わかった?」
「うん、わかった」
「それから今日は絶食だよ。食べちゃダメだからね」
「うん、わかった」
「だけど水分だけは取ってね。お水でもお茶でもいいから、でも食べちゃダメだよ」
「うん、うん、わかった」
「じゃあ、がんばってね」


それから家に戻り、今度はなつを連れて病院に行った。
膀胱炎とわかったけど、超音波の検査と血液検査もすると言うし
家に置いておいても、義弟では様子を見ることもできないし
緊急で何かあった場合に対処も出来ないので、その日は病院で預かってもらうことにした。

家に戻って10時少し前、父に電話を入れて下剤の飲み具合を確認。

「もう全部飲んだ?」
「いや、まだ残ってるよ」
「10時までに飲んでね。全部飲むんだよ」
「10時~?飲めるかな?」
「飲まなきゃダメなの。がんばって」

それから食事をしてなかったので食事をし、簡単に家事も済ませて
なつの検査結果を聞くために、病院に電話。
やはり膀胱炎なので、お薬で治療していくとのこと。
とりあえずは、病院に預けてあるので、なつの方は安心できる。

コーヒーを1杯飲んだところで、1時前に実家へ。
ところが、下剤が1/4残ってるし・・・

「10時までに全部飲んでって言ったでしょ?」
「だってよ~、腹はグルグル言うしよ~、調子は悪いしよ~、飲めねえよ~」

2時からの検査だから、今さら言ってもしょうがない。
検査が出来るか出来ないかは、もう病院の判断に任せるしかないよな。

「もう腹の中に何も入ってねえよ~」
「今日が終われば、もうしばらく検査はないからさ」

と話しながら、大腸検査はおケチュから管を入れる話になったら

「えっ?今日それをやるのかよ?」
「そうだよ、前から何度も説明してるでしょ?」
「ほんとかよ~」

娘の話を聞いてないな・・・と、そこから父が落ち込んできた。
話題を変えたりして気分を盛り上げ、30分様子を見てる間に2回の排便。
1時半過ぎに実家を出発したのだけど、忘れ物をしたので家に寄った時父が

「朝からパン1個じゃ、持たねえよな~」

なぬ?パンを食べただと?今日は食べちゃダメって言ったのに~っ!

「パン食べちゃったの?食べちゃダメって言ったでしょ?」
「そうだったか?」
「いつ食べたの?」
「いつだったかな~?」

・・・って、忘れちゃうんだから・・・

「まったくどいつもこいつも、私の言うこと聞いてないんだから!」

親子だから遠慮もなく、怒ってしまったら今度は反省モードに入ってしまった。
こういうとき、義弟の反応はふてくされるか?くだらないことでつっかかってくるかだけど
父は反省&落ち込んでしまうので、ここからまた気分を盛り上げるのに必死になった。

少し落ち着いたところで、病院到着。
結果は便が腸に残ってはいたものの、検査は無事に出来た。
便秘をしてるので、腸が長くなっているらしく、盲腸の辺りまで届かないけど
大腸・直腸には異常なしということで、一応問題なしという結果をもらった。
その結果を持って、いつもの病院へ。
火曜の午後はK先生ではなく、別の先生だったけど結果を見て異常なしと言う判断。
ガン検査も血液検査も、異常なしと言う結果をもらい一安心。

さすがに父も疲れたみたいで、身体もかったるいというのでそのまま家まで送り届けた。
それからエリーの夕方のお散歩を済ませて、お薬をもらいにいつもの調剤薬局へ。
ところがでしな、この調剤薬局が10月末日で閉店ガラガラ・・・
なんでだよ!連絡ぐらいくれよ!と思いつつ、もう一つの薬局へ。
そしたら無いお薬があるとかで、別のお店に取りに行くから1時間くらいかかるとか。
もう・・・今日は予想外の出来事ばっかりだ!

なつの病院に遅れる連絡を入れて、1時間待つことに。
あわててもしょうがないし、主人は夜勤、娘は泊まりだと言うし
義弟の食事はなんでもいいし、小腹も空いてたのでその時間を利用して食事をした。

お薬を受け取り、父に届けて、なつを迎えに行き、家に着いたのが7時少し前。

その後もいろいろあったのだけど、それはまた明日。
とにかく、いろいろあってドタバタした1日だった・・・
父に異常なしで、良かったよ。。。


人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

うるさい!

2007.11.20 (Tue) 義弟との日々の出来事

この障害の人って、みんな同じなんだろうか?
やらなくていいとか、やっちゃいけないってことは、せっせとやってくれるのに
これはやってほしいとか、やらなきゃいけないことは、何度同じことを言ってもやらない。
出来ないと解釈した方がいいのかもしれないけど、時々無性に腹が立つ。

昨日も抗がん剤治療ができなかったなつ。
アレルギーと血便が出てしまったことが原因なんだけど
その前から、なつの排泄物は管理をしなくちゃいけないから
何もしないでくれと言ってあったんだけど、手を出すんだよね。

「取り替えてから思い出した」

と言いながら、シートを取り替えてしまったりうんちを片付けてしまったり・・・
血便が出てるかどうかの確認もしたいから、うんちだけは片付けないでほしいのに
トイレに流してしまったり・・・
その度に同じことを言うんだけど・・・

「なつの状態がわからなくなるから、やらないでって何度も言ってるでしょ?」
「良いうんちしてたよ」
「だから、今血便が出てるの!良いうんちじゃないの!それを確認したいんだってば!」
「あ~そうか・・・」

こういうときだから、義弟もなつの世話をしたいのかもしれないけど
きちんとした情報を伝えてくれないから、困るんだよ。
正直なところ、余計なお世話なんだってば。
で、それを言うと今度は

「恵子ちゃん、なつチッコ出たよ」
「ほら、トイレ片さなくていいの?」

などなど、おまけにいちいちうるさい!
今までは気が付いていても、またいで通った人なのに
やらないでと言ったとたんにこの有様だ。
今朝は6時までは普通にしてたチッコが、7時にしたチッコは真っ赤で血尿になっていた。
今日は父の大腸カメラもあるから、下剤を2ℓの水に溶かして実家に持って行ったり
電話で確認もしなくちゃと、いろいろ考えてたところに
なつの血尿で、私の頭がパニくった。
幸いなつ自身は、元気で食欲もあるのだけど、朝一で病院に連れて行こうと思っていた。
実家から戻ったら、やっと起きてきた義弟が

「恵子ちゃん、なつのチッコ赤いよ」
「うん、知ってるよ。血尿が出てるの」
「なんで?」
「なんでと言われても、わからない。後で病院連れて行くから」
「ふ~ん」

その後病院に行くまでの間に、2回チッコが出たのだけど
自分の朝やるべきことはのんびりで、なつの行動ばかり眺めて

「ほら、赤いでしょ?」とか「見てみなよ。血が混じってんじゃないの?」とか・・・

「もう!いちいちうるさい!あとで病院に連れて行くって言ってるでしょ!
 いちいち言わなくてもわかってるから、黙ってて!自分のやるべきことをやりなさい!」

と、怒鳴ってしまった。その直後には

「恵子ちゃん、床屋に行きたいんだけどお金ちょうだい」
「床屋?今日は火曜日だから、お休みでしょ?」
「あ・・・そうか・・・じゃあ、ガマンする」
「ガマンするじゃないよ!小遣いもないのに、どうやって行くの?」
「えっ?だって必要な時は言えばいいんでしょ?」
「・・・・・朝は起きてこない。やるべきことはやらないのに、自分のやりたいことには
 お金くれって、おかしくない?朝ちゃんと起きてから言ってよ」
「えっ?は~い」

そして、その直後に

「恵子ちゃん、タバコないからタバコ代ちょうだい」

コイツは・・・私は金の生る木か?
自分はいったいどれだけ、お金を持ってると思ってるんだ?
株があると思ってるんだろうけど、その株だってそれほど大きな金額じゃないし
まだ現金になってない!
またまた、説教タイムとなってしまったよ。

彩佳が言ってたっけ。

「弟くんと私達の住んでる世界は違うんだよ」

確かにそうなんだよ。
私達から見たらかなり重要なことでも、義弟にとっては軽いものでしかなかったり
私達から見たらそんなくだらないことと思っても、義弟にとっては重要だったり
今やらなきゃいけないことよりも、目に付いたこと、やりたいことが優先されるから
こっちから見ると、イライラしてしまう。
意識の違い。。。価値観は通常の人とは、かなりかけ離れてるからな。

こういう状態の時、義弟の遠慮なしの屁の音を聞くと、またムカっとしてしまう。
出物腫れ物、所嫌わずと言うからしかたないんだけど、なんだかんだ言ってる私も
たかが屁なのに、理不尽な怒りを義弟に向けてしまってるよな。
ついイライラして

「うるさい!黙れ!」

と、思ったり怒鳴たりしてしまうよ。

どうでもいいけど、人がパニくってる時に、余計なことをしたり言ったりするのは
やめてもらえないのだろうか?








無理だよな・・・




人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・

2007.11.17 (Sat) 義弟との日々の出来事

一昨日発作を起こした義弟だけど、その日の午後もせっせとお散歩に出している。

「しっかり歩いて体力筋力付けていけば、発作の回数も減るって先生に言われてるんだから」

何度も説明はしてるのだけど、馬の耳に念仏・・・ブツブツ・・・状態。
昨日も夕方、1時間しないで帰って来たのでもう一度追い出した。
発作を起こした日の午後から、またなつにジンマシンが発生。
結局一晩入院することになってしまったので、入院したなつを迎えに
行かなくてはいけないので、それから10分後少し早めのエリーのお散歩に出た。
マンションを出てすぐの路地を入ったところで、座って休憩してる義弟を発見。

「そこで何してるの?」
「・・・・・」
「休憩しに出かけろって言ったんじゃないでしょっ!外で座ってるだけじゃリハビリにならない」

そう言ってもキョロキョロとあちこち見てて、こっちの話しなんか聞いちゃいない。

「そこに座ってても、リハビリにならない!歩きなさい!」

と言ったら、みごとな短縮コースで帰って行った。。。
言ってもダメなんだからしょうがないけど、あれでは筋力体力付くはずもない。
┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・

なつは現在、ステロイドの副作用で血便が出ている。
なので便のチェックをしているのだけど
今朝エリーのお散歩から戻ると、女中部屋に黒いシミが2ヵ所に付いていた。
なんだろう?と思って匂いを嗅いだけど、あまり臭くもないし物体も落ちてない。
ヒート中だから、まずは蓄膿症を疑ってなつの大事なところを確認・・・と思ったら
なつのおケチュに、ベッタリとうんちがくっついていた。
わんこってムズムズすると、オチリをズリズリすることがあり
エリーはよくやるんだけど、足の短いなつはやったことがない。
どうしてこんな上の方までベッタリくっついたんだ?って不思議だった。
オチリがムズムズすると、ペロペロしようとしてくるくる回るなつだから
タンスかどこかにぶつかった拍子に、こうなっちゃったのかな?などと考えながら

「なちゅ、なんでこんなにしちゃったの~?」

と朝から、なつの便の状態を確認しながら、オチリをゴシゴシ洗った。
色はやっぱり少し黒いから、まだ血便が出ているようだし
それにしては柔らかくないようだけど
固くもないし、下痢もしてないようだけど、こうくっついちゃってると判断も難しい。
だけど、なんでだろう~?なんでだろう~?と思ってたんだな。

今日も朝は起きれず、いつものように

「やるべきことが先、ご飯食べて洗面ハミガキやっちゃいなさいよ」

と声をかけておいたんだけど、もう8時半を過ぎてると言うのにタバコに手を伸ばしたので

「タバコはあと。時間見てごらん。もう8時40分過ぎるんだよ」

と言ってるそばからタバコに火を点ける。

「だからなんで火を点けるの?あとって言ってるでしょ?9時に終わるの?」

で、タバコを消して動き出したと思ったら、今度はなつのチッコシートを取り替え出した。

「だからそれは私がやるから、今は自分のやるべきことが先」

やらなきゃいけないことがあるときに限って、余計なことに気を取られる。
こっちがバタバタと忙しく動いてる時は、なつがチッコをしてようとうんちをしてようと
またいで通るのに、これを先にやりなさいと言ってる時に限って
関係ないことに手を出すんだよな。
やれと言われることはやりたくないから、余計なところに気が散るんだろうけど
申し訳ないが、返って手間がかかってしょうがないっつうの!
朝食食べて片付けてお薬飲んで片付けて、洗面ハミガキに声をかけて2時間近くもかかる。
黙って義弟のやりたいようにやらせてたら、これだけのことに午前中いっぱいかけちゃう。
時間の無駄遣いしてることには、気が付いてないからしょうがないんだけどさ。
┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・

9時半ごろになって、義弟が

「あ、そうだ。恵子ちゃん、今朝なつうんちしてたよ」

なぬ?そうか、これで謎が解けた。

「お尻、拭いたでしょ?」
「えっ?いや~それがさ~、今日はお尻拭くの忘れちゃってさ~、俺としたことが・・・」
「あ、そう」
「うんち取るのに必死になっちゃって、拭くの忘れちゃったんだよ。いや~まずかったよな~」
「・・・・・」
「とにかくうんち片付けなくちゃと思ってさ~」

・・・・・おじさん?墓穴掘ってますがな・・・・・
普段私達が女中部屋にいても、なつがうんちをすると必ず

「恵子ちゃん(あんちゃん)、なつうんちしたからお尻拭いて」

そう言いながら、トイレットペーパーまで持ってくる義弟なのに、今朝に限って忘れたと・・・?
そこまで必死に言い訳しちゃうのも、おかしくね?
いつもなら、やってなくてもやったと言い張る人が・・・
オチリを拭いたはいいけど、毛に隠れていたうんちにまで気は回るはずもなく
そのまま拭いて、ベッタリ付いたうんちくんの処理までは出来ず、放置といったところでしょ。
でもうんちをしたことは、言わなくちゃと思ったんだろうね。

「どんなうんちだった?」
「え~っと・・・普通のうんちだったよ」
「色は?」
「暗かったからよく見てないんだけどさ~、え~っと・・・普通の良いうんちだったよ」
「どれくらいしてた?」
「え~っと・・・普通にしてた」

なつのうんちは、オチリに着いたので確認はしてたから
義弟がなんて言うか、聞いてみたんだけど
判断が難しいとは言っても、あの黒いうんちが普通なのね・・・

「あのね、今なつはオシッコもうんちも、出た量や色も確認しなくちゃいけないから
 これからはやらなくていいから、夜中に起きて来た時、踏まないようにだけして」
「は~い」
「何もしなくていいんだからね。全部管理しなくちゃいけないから」
「余計なことはするなと?」
「そういうこと」
「はいはい、わかりましたよ」

本当にわかってるかな?
エリーのお散歩に出たのが6時10分前、帰って来たのは6時40分過ぎ
その間に起きて、なつのうんちくんまで処理して目覚ましだって鳴っただろうに
なんでまたお布団に逆戻りしちゃうかな~?
┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・

「恵子ちゃん、タバコないからお金ちょうだい」

お小遣いも、もう10日先までもらえない。
10日続けて義弟が起きれるはずもなく、たぶん永遠にお小遣いをもらえる日は来ないだろうな。
建前は朝起きたら1000円だけど、今後は必要な時に必要な分だけ渡すことにしよう。
いちいち日にちをチェックするのも、面倒臭くなってきたよ。
┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・

今朝もそんな風に、いろいろ言ったからだろう。
午前のお散歩は10時過ぎに出かけて、12時半過ぎに帰って来た。
またヒデさんのところに、逃げ込んだようだ。
はあ~あ。。。 ┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・


人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

発作

2007.11.15 (Thu) 義弟の病院・病気と症状

・・・と↓を書いていた11時45分過ぎ、電話が鳴った。

「○○救急隊ですが・・・」

ありゃ、また救急車呼ばれちゃったのねん。
あわてて車椅子を持って迎えに行ったら、いつもの休憩場所の公園で、休憩中
けいれん発作を起こしたらしく、見つけた人はビックリして連絡したらしい。
倒れてけいれん起こしてるんだから、初めて見る人はそりゃあ驚くよね~。
必ず持つように言ってるある緊急メモを持っていれば、それを見せればなんとかなるものを・・・

「どうしても病院はイヤだっていうですよね、大丈夫ですか?」

救急隊の方に言われたので事情を説明した。

「もしかして何かあったら、すぐに救急車呼んでくださいね」

とても親切に優しく対応してもらったので、義弟としては嬉しいらしい。

「俺は救急車はいいって言ったんだよ、なのにさ~」

また人のせいか。。。

「病院はいいっ!(これまた大きな声で)って言ったんだけどさ~、勝手に連絡されちゃったんだよ~」
「発作の後は、弟くんは普通にしゃべってるつもりでも、聞き取れない時があるの!
 私はいつも一緒にいるから、何を言ってるかだいたいわかっても
 知らない人にはわからないことだってあるんだよ」

発作の後くらい優しくしてやりたいところだけど、そうするとまたどんどん当たり前になっちゃう。
だいたい緊急メモを持ってなこと事態に問題ありだよ。
結局車椅子を押しながら、また説教タイムとなった。

「だから緊急メモを必ず持てって言ってるんでしょっ!救急車の前に私に連絡が入るように
 メモに書いてあるんじゃないの。誰だってけいれん起こしてるとこ見れば、ビックリして救急車呼ぶよ。
 そのために緊急メモを作ったんでしょうがっ!
 自分が面倒臭がって、持たないからこういうことになるんじゃないの!
 いろんな人に迷惑かけて、本当に緊急な人がいたらどうするのよ。
 私がやれって言ってることには、全部意味があるんだよ。
 体力だって付ければ、けいれんも少なくなるって先生に言われてるのに忘れちゃった?
 筋力を付けることだって、体力を付けることだって、同じことだよ。
 それを毎日あの公園に行って、休憩して帰ってくるんじゃ30分も歩いてないんだよ。
 1時間外にいればいいんじゃないの!1時間歩けって言ってんの。
 1時間や2時間、休憩しないで歩けるくらいの、体力筋力付けろって言ってるんだよ」

階段を昇るときも、車椅子を持って後ろから激を飛ばす。
義弟を抱えて上がることは出来ないから、自力で上がってもらうしかないもんね。

「足にしっかり力入れて上げなさい!」
「まだ足が階段に乗ってないでしょ!」
「ほら、だから転ぶんだよ!力入れて!」

玄関に入ってからも、手は絶対に貸さない。
何度もひっくり返っているから、エリーが気にして吠える。

「エリー、あれは弟くんが自分でがんばるしかないの。おかあさんたちは力は貸せないんだよ。
 弟くんのリハビリなんだから、自分でがんばるしかないの。だから見てるしかないんだよ」

あえて、義弟に聞こえるようにエリーに話す。
手を貸すのは簡単なことだけど、義弟自身ががんばるしかない。。。というより、がんばらせるしかない。

救急車を呼ばれると、本当に緊急の人がいたらどうしようと思うから、必死に走ってしまう。

「ゆっくりでいいですよ~、あわてなくていいですから~」

救急隊の方が声をかけてくれてから歩いたけど、ぜえ~ぜえ~しちゃうぜ。
手は貸さないと言っても、ここは絶対に危ないというところでは支えたりするから力仕事にもなる。
手も足もフルフルしとるよ・・・私も筋力付けろってことだな(≧m≦)

朝晩はかなり冷えるようになってきたけど、ここ数日日中の気温は20度近くまで上がる。
私は汗だくになってるのに義弟の着てるものと言ったら、ダウンに手袋、マフラーまでしておる。
。。。真冬か!
毎日この武装で出かけていくんだけど、いくら言ってもやるんだからしょうがない。

はあ~、毎日いろんなことがあるから、人生は楽しいのだな(T▽T)アハハ!
 

人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

しけもく

2007.11.15 (Thu) 義弟との日々の出来事

「タバコが無くなる前に言いなさい!」
「しけもくはしないで!」

もう口がすっぱくなるくらい、耳にタコが出来るくらい言ってるけど
タバコが無くなっても言わない。無くなるから、しけもくをする。
しけもくもできなくなってから、タバコがないと言う。。。
昨夜もタバコが2本残っていたのを確認した。
吸殻を置いておくと、しけもくをすると思ったので灰皿をきれいに洗っておいた。
午後のお散歩から戻った義弟は、灰皿を眺めて固まっていたので

「弟くん、タバコあと2本しかないみたいだけど、何も言わなくていいの?」
「えっ?」
「言われなくちゃ、私は何もしないよ。それに絶対しけもくはしないでよ」
「は~い」

そう声をかけたけど、結局昨夜は何も言わず、残りの2本も吸ってしまってた。
今朝その2本の吸殻を見たら、かなり短くなっていたので
私が女中部屋に入ってから、またやったなとは思っていたのだけど
いくらなんでも、これ以上は吸えないだろうと思っていた。
今朝も起きていたけど7時には出てこれず

「やるべきことが先だよ。いつまでもボーッとしてないでさっさと動きなさい」

そう言うと、朝の行動が始まった。
最近起きてこれないけど、朝のコーヒータイムをやめさせたことで9時までには終わるようになってきた。
朝が起きれないことを除けば、私のイライラもかなり軽減されている。

「恵子ちゃん、タバコ代ちょうだい」

洗濯を干していた時なので、後で渡すことにして先に家事を終わらせることにした。
義弟が洗面ハミガキをしているときに、テーブルの上に300円を置いておいた。
火曜日の夜にジンマシンが出てしまったなつが、昨夜も出てしまい
食材のことやその他のことで、主人と相談するために電話で話してた最中
義弟が玄関を出て行ったので、タバコを買いに行ったのはわかった。
時計を見ると9時15分程前、今日は早く終わったな~と感心してたのだけど
義弟が戻る前に電話が終わり、リビングに行くと・・・
テーブルの上は食事をし終わったままの状態、吸殻を見るとフィルターまで吸った形跡。
食後に一服したいのはわかるけど、あの短さでも吸うのか?あれじゃあ火を点けたら
もう吸うとこはないくらい短かったし、一息吸ったらもう吸えないだろうってくらいの短さだぞ。
それじゃあ、吸った気にはならないから買いに行ったのだろうけど、なにもかもやりっ放しかよ!
どうしてやりたいことが先になってしまうんだ?
で、黙っていられる私ではないので、朝から怒鳴りつけの~叱りつけの~。
言ってもしょうがないと思っても、言わなければどんどん堕落していくのはわかっているから
言わずにもいられない。

「しけもくしたでしょ?」
「してない」
「したでしょ?」
「してないっ!」
「吸殻見ればわかるんだよ!」
「(大きな声で)してないっ!」
「朝吸殻の確認してるんだよ!フィルターまで吸ってて、それでもしてないって言い切れるの?」
「・・・・・した」

こういうことも、しょっちゅうだが・・・

「タバコが無くなる前に言えって何度言ってる?昨日だって、私から聞いたはずだよ。
 2本しか残ってないけど、何も言わなくていいの?って、絶対しけもくはしないでよって言ったよね?」
「うん」
「わかってて、なんでやるの?なんでやりたいことが、先になっちゃうの?」
「だって~、ガマンができないんだもん」
「ガマンが出来ないって、何かする前に少し考えなさいっていつも言ってるでしょ?
 これはやるべきことか?やりたいことか?どっちかな?って、考えなさいよ。
 これをやったらまた恵子ちゃんに怒られるかな?とか、やってはいけないことだったかな?とか
 いちいち考えてから行動しなさいって、やりたいから、ガマンできないからって、弟くんは大人でしょ?」
「・・・・・」
「弟くんは、隠れてやっても必ず後でバレるんだって、何度も言ってるじゃん。
 時計見てごらんよ!先にやるべきことをやってしまえば、9時に終わってたじゃないの!
 タバコは弟くんのやりたいことでしょ?全部終わらせてから買いに行けば
 こんなに怒られることもなく、のんびりゆっくりコーヒー飲みながら一服も出来たんじゃないの」
「・・・・・」
「今度しけもくしてるのがわかったら、家の中は禁煙にするからね」
「えっ?」
「前にも同じこと言ってるよ。これから冬になるんだから、寒くてもベランダで吸ってね。
 次はないから、それがイヤだったらしけもくしないで!」
「わかったよ、ノートに書いておく」
「しけもくのことだけじゃないよ。やるべきことが優先ってことも書いておきなさいよ。
 それに書いても見なくちゃ意味がないんだから、毎朝ちゃんと確認しなさいよ」
「は~い」

本当は毎朝300円タバコ代として渡そうかとも思っていたんだけど、それではさらに朝は起きれない。
タバコ代くれって言うのがイヤだからとか、早くお小遣いもらいたいとか、そう言った簡単なことでも
いくらか緊張感につながってくれればいいと思ってるんだけど、これもなかなか難しい。
もう10日以上前貸しになってるから、10日間続けて起きるのは無理だろうな。
しけもくだって、したいならやらせておけばいいのかもしれないね。
タバコだって良くないと言われているのに、しけもくなんかさらに良くない。
だけどいくらやめさせようと思っても、隠れてやられてはわからないもの。
もうこれについては、放っておこう。



人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

K先生診察日&ケアマネさん来訪

2007.11.14 (Wed) 父の看護日誌

今日はK先生の診察日。。。

本当はこの日の1週間前に、血液検査に行かなくていけなかったのにすっかり忘れてしまった。
カレンダーに書くのを忘れてたし、なつのことばかりに意識が行ってしまった。

血圧 108-70 体重 58.5kg

前回の体重が57.6kgだから、少し増えてる。 
特別父に異常もなかったのだけど、先日1回しか取れなかった検便の結果
便に血が混じっていることがわかった。

地元の町密着型のお医者さんは、病院同士での連携が素晴らしい。
父が朝からお水しか飲んでいないと言うと、すぐに別の病院に連絡を入れてくれて
胃カメラを飲む予約を入れてくれた。

「一応ガン検査に出しますね」

そう言われた瞬間、私の方が一瞬血の気が引いてクラッとしてしまった。
なんで?なんで今?なんでジイジが?
そう思いながら

「ジイジもさ~、老人なんだから、あちこちガタが出て来るんだよ。とにかく検査だけしてもらおうね。
 なんでもなければそれで済むことなんだからさ」

父を励ましながらも、自分の方がおかしくなりそうだった。
血液採取をした後、紹介状と会計を待つ間に、一服のために外に出たらちょうど主人から電話が入った。

「ジイジ、便に血が混じってるからガン検査するって」

今聞いたことを説明して、とにかくこれから胃カメラだから終わったら連絡することにした。

胃カメラの結果は、食堂から胃の入り口のところに少し炎症が見られたけど
胃も十二指腸にも異常はなく、きれいなものだった。
大腸カメラは、腸をきれいにしてからではないと見れないので来週の予約となった。
5日前から便を柔らかくするお薬を飲み、3日前からは消化の良い食べ物にし
前日の夜は強い下剤を飲み、当日は絶食お水は飲んでもいいそうだけど
朝7時ごろに下剤を飲んで、8時から2ℓの水に溶かした下剤を2時間以内に飲み干さなければいけない。
当日は間に合わない場合があるから、紙おむつにした方がいいと言われた。
義弟のを1.2枚頂きましょ!

5日前から、いろんな面で一応の管理が必要になる。
明日はデイサービスの日だからお願いするとしても、金曜日からは少し父の方にも行った方がいいだろうな。
パーキンソンの症状として便秘があるし、父の排便は3~4日1週間ぐらいに1度だったりもするから
出る時が固いらしく、もしかすると切れただけなのかもしれないし
ガンだったら、体重が増えるなんてことはないよな。

主人も電話の後いろいろ考えたらしく、父が落ち着くまで義弟を実家に預けようかとも思ってくれたらしい。
とにかく検査結果が出るのを待つしかない。

悪いことばかり考えてもしょうがあるまい。
先のことばかり考えて、落ち込んでも損するだけ。
なつのことも、父のことも、とにかく今は元気なんだから、それでよし!と思えばいい。

11月20日 14時~ 大腸カメラ その後結果を持ってK先生の診察

胃カメラを飲んでいるので、買出しは私が行こうかと思ったのだけど
父自身はまったく元気で、一緒に行くと言うのでそのまま買出しに。
帰って来たのは1時少し前、2時からケアマネさんがくることになってたので
急いで片付け、朝から食事をしてなかったのでこれまた急いで食べて実家へ。
すでにケアマネさんが到着していた。

電子レンジ・・・じゃなくて、電子辞書をもらったので取り説を見ながら最近せっせと励んでいる父。
そんな話や、施設での出来事は同じ話がいつも出るのだけど
嫌な顔一つせず聞いてくれる、イケメンケアマネさん。
電子辞書のボタンが小さいために、その文字を読むのに涙目になってしまうらしく
なかなかうまく行かないことを、せっせと話していた。

約1時間程の訪問だった。

次回は12月13日14時から




人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

予想通りなんだけど。。。

2007.11.12 (Mon) 義弟との日々の出来事

「朝ゆっくりとコーヒーを飲みたいなら、7時前に起きてきなさい」

そう毎回言ってはいるのだけど、朝はまったく起きてこれず。
なのでまずは朝食・洗面ハミガキを終わらせることを優先させるようにしたら
起きてくると、一服した後目薬を注し、すぐに洗面ハミガキか朝食摂り、9時前後には
朝やらなければいけないことは、終わるようになってきた。
少しずつ習慣化されつつある。
けど、私がいないとまずはコーヒーを入れようとする。今朝もそうだったので

「コーヒーは後でしょ?まずはやるべきことをやりなさいよ」
「飲まないよ。入れておくだけ」
「だからそれは弟くんのやりたいことでしょ?やりたいことが先じゃないの!やるべきことが先なの!」
「だから入れておくだけだよ」
「だからね、飲まないんだったら今入れる必要はないでしょ?その時間をやるべきことに使いなさい」

それでもスプーンに手を伸ばすんだよね、時々こういうときがある。

「まだやりたいことが先なの?コーヒーをゆっくり飲みたいなら、7時前に起きて来い!」

そう言って、やっと洗面に入った。
習慣化されつつあると言っても、監視があってのことなんだよな。
それでもやるだけ、まだ良い方だから、これはよし!としてるんだけど・・・

先日おむつを買いに行くよう言ったのだけど、細かいお金がなかったので翌日まで待ってもらった。
翌日お金を崩してくるから、午後から買いに行くよう言ってたんだけど、私が出かけて帰ってきたら

「恵子ちゃんが帰ってこないから、おむつを買いに行けない。だからお散歩も行ってない」

・・・ってどういうこと?

「おむつを買いに行くことと、お散歩は別問題でしょ?午後から行って来てって言ったじゃない?」
「だって~、午後から行くとキツいんだもん」
「どうして?薬屋さんまで1時間で行って帰ってこれるじゃん。毎日1時間歩いてるんじゃないの?」
「えっ?」
「だからね、あの公園で休憩ばっかりしてるから、1時間歩くのがキツいなんて言ってるんだんよ。
 弟くんは外に何しに行ってるの?休憩しに行ってるわけじゃないでしょ?
 1時間や2時間くらい、休憩なしで歩けるくらいの筋力体力付けてください。
 その程度のこともできないのに、仕事も一人暮らしも出来るか!今から行ってきなさい」

そう言ったら黙って立ち上がり、準備をして買いに出かけたけど
リハビリのついでに買い物じゃなくて、買い物のついでのリハビリだから困ってしまうよ。
そんな状態でも、今だに義弟は仕事復帰も一人暮らしも出来ると思ってるんだから。

「なちゅ~、今日も元気だね~、もう治ったんじゃないの~?ねえ、なちゅ~」

何を言ってるんだか?と思いながら、なつに向かって話してるので私はパソコンを見てたら

「ねえ、恵子ちゃんに聞いてるんだけど?」

と、いきなり私に向かって大きな声を出した。

「なに?」
「なつ、こんなに元気なんだから、もう治ったんじゃない?」
「なつの病気は治らないの。今日も抗がん剤治療に行きますよ」
「えっ?そうなの?こんなに元気なのに?また病院行くの?」

何度も説明はしてるんだけど、今ひとつ理解が出来ないんだろうね。

昨日主人がある車に興味を持って、ネットでその車のことを調べていた。
今我が家が買えるはずもなく、3年後には彩佳も大学を卒業するしトラックのローンも終わるので

「3年後に中古出るかな~?」
「3年後までに、頭金くらい貯めるか?」

私もその車が気に入って、そんな話をしながらその車のいろいろを見ていたんだよね。

「買っちゃえ!買っちゃえ!」

いきなり義弟がそんなことを言い出したのだけど、主人も私もそれには答えずに

「収納もたくさんあるんだね」
「コンパネも結構いいじゃん」
「やっぱりグレードの一番いいの買った方がいいよな。スポイラーとかフォグランプもついてるし」
「これウーハー一発ついてんじゃん」

などなど、二人で盛り上がってたんだけど、その背後から

「買っちゃえ!買っちゃえ!」
「お前簡単に買えって言うなよ。今家が買える訳ねえだろ?」
「俺の株があるじゃねえか」
「お前の株で、なんで家が車買うんだよ?買えるわけねえだろ!」
「なんでだよ?」
「なんでって・・・お前の株を解約したところで頭金にもならねえよ」
「そうなの?」
「余計なこと言うなっ!」

兄弟げんかが始まりそうだったので、私は女中部屋に引っ込むことにしたんだけど、その後もしつこく

「買っちゃえ!買っちゃえ!」

と何度も言ってたらしく、うんざりして女中部屋に戻ってきた。
これ以上聞いてたら、怒鳴ってしまいそうになったらしい。

「なんであんな簡単に、買っちゃえって言えるんだ?すぐに株、株って言いやがって」
「よっぽど自分は金持ちだと思ってるんじゃないか?なつの病院代もそうだけど
 すぐに俺の株を解約すればいいって言うもの。金銭感覚がないから、しょうがないんだろうけど」
「早く現金に変えたいんだろうな~、そうすりゃいくらでも使えると思ってるんじゃねえか」
「かもね~、そうはさせられないけどね」

義弟の聞いてくることには、時々こっちが悩んでしまう。
今日もエリーとなつに、冬用の安いベッドを購入してきた。
私がパソコンをやていると、わんこ達はリビングに来る。
リビングはフローリングで冷たいから、パソコンの横私の足元にベッドをセットしてあるんだけど
今も食事をしながら

「恵子ちゃん、こいつらはどこで寝るの?」
「はい?」
「いや、だからこいつらはどこで寝るのかな?と思って・・・ここで?」

なぜいきなりそんなことを聞く?ベッドを新しくしたから、寝る場所を変えると思ったのか?

「・・・・・今までと何も変わりませんけど、なんで?」
「いや、別に・・・」

別にと言う答なら、何故聞いた?なんてことは、日常茶飯事なんだけどさ。

タバコについても、しけもく禁止令を厳しく言ったけど、いないとやっぱりやっておる。

「タバコがなくなったら言いなさいって言ってるでしょ?身体に悪いし臭いってば!」

言っても言っても、これは直らないだろうな、隠れてやるんだから。
朝起きれなくても、タバコも買えてコーヒーも飲める、食べるにも困らないのだから
ますます朝は起きれなくなるだろうな・・・と思っていたとおり

「恵子ちゃん、タバコがないからお金ちょうだい」

あっさりと簡単に言うようになってきた。

「あのさ、確かになくなったら言えとは言ったけど、簡単に言わないでよ。
 朝起きれば、お小遣いをもらえるんだから、朝起きてくれないかな?
 自分がいつからお小遣いがもらえるか、わかってるの?」
「今月いっぱい無理なんでしょ?この前恵子ちゃん、そう言ってたじゃん」
「私、そんなこと言ってませんけど?」
「えっ?」
「そういうことも自分で把握してないで、言えば簡単にお金をもらえると思わないでね」

結局無言・・・これも今ひとつ理解が出来てないんだろうね。

ま、予想通りと言えば予想通りなんだけどさ。



人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

おかあさんは大変です(^m^*)

2007.11.07 (Wed) 義弟との日々の出来事

今朝4時過ぎ、なつの吠え声で目が覚めた。
少しの物音で、吠え出すなつなのだけど、体調の悪い時はこれもなかったので
今は体調が良いのだと思う。
義弟がトイレに起きてきたから、吠えたのだけど・・・

「あ・・・なんだよっ!チッ!」

と義弟が舌打ちするのが聞こえた。

「もしかして、なつのうんちくんまた踏んじゃったかな?」

そう思って、真っ暗な中女中部屋から見てみると、黒い物体はないので
うんちくんではないらしい。

義弟が我が家に来て、まだこの障害のことを知らなかった頃
夜中にトイレに起きてきた義弟は、なつのうんちくんを踏んづけた。
だけどトイレが先の義弟は、そのままトイレに入りトイレマットをうんちだらけにし
トイレから出た後は、そのまま洗面所に行きそこにある椅子に座って
ちょうど主人の起床時間だったので、起きて行った私に

「これ、どうしよう?」

と足の裏を見せてきた。

「どうしようって、お風呂で洗うしかないでしょ?」

そう言ったら、パジャマもそのままズボンのすそを上げるでもなく、袖をまくるでもなく
そのままでお風呂に入り、まだ濡れているお風呂の椅子にそのまま座り
シャワーを出して洗ったはいいけど、今度はパジャマのズボンのすそ・袖やおしりのあたりを
ビッショリ濡らし、お風呂から出て来たらそのままで和室に行こうとしたので

「ちゃんと拭いて、パジャマそこで脱いでから、和室に行って~」

トイレや洗面所まで、うんちくんの後を点々とさせてあるのを掃除しながら、そう言うと
私の目の前で、パジャマを脱ぎ出しおパンツ1枚となり、和室でおパンツも取り替えたのはいいけど
そのおパンツはそこに置いたまま、寝てしまったと言うことがあり
その時はその異常行動に、主人と二人で目が点になった。

今なつは、ステロイドを飲み始めたので、飲む量も出す量も多くなった。
1度シートにチッコをすると、2回目はトイレから外れたところですることがある。
そのことをうっかりしてしまったから、どうやらトイレの外側で1回チッコをしてたらしく
それを踏んでしまったらしいのだ。
前は目が点になってあたふたしたが、障害のこともわかったし何度もこういうことがあるうちに
こちらにも余裕が出来ている。
で、その後どうするのか?様子を見てしまった。

トイレのから出て来た義弟は、洗面所の椅子に座る音がした。
それから手を洗い、一度消した洗面所の電気をもう一度点けて、しばらくしてから電気が消え
和室に戻って行った。

そのままにしておけないないから、片付けるために起きて行った。
なるほど、洗面所から見えるところになつはチッコをトイレから外してしてあった。
そこからトイレ、トイレから洗面所まで、義弟の靴下の足跡が付いてるし
トイレに敷いてあるタオルも、そのまま踏んだから濡れたらしく、それは端っこに丸めてあった。
一度踏んづけたので、場所を確認するためにもう一度電気を点けたんだな。
洗濯籠の中に、ぐっしょり濡れた靴下が片方だけ脱いであった。
ほお~、長袖長ズボンのパジャマにダウンベストを着て、靴下まで履いて寝てるのか。
靴下まで履いてるとは思わなかった。。。して、もう片方の靴下はどうされたかな?
と思いつつ、チッコの片づけをして、濡れたトイレのタオル・靴下も流して
目が覚めてしまったので、そのまま女中部屋でテレビを見て過ごし
5時40分頃から朝のお散歩に出た。
6時40分過ぎに戻ると、また義弟がトイレに起きてきた。
ほお~、片方だけ靴下は脱いで、片方は履いておる。
なんとも奇妙な行動というか、なんというか・・・( ̄m ̄*)

そのまま黙ってられる私であるはずもなく

「弟くんさ、なんでそのまま寝ちゃったの?」
「だって~、片付けなんかしてたら、目が覚めて眠れなくなっちゃうもん」

片付けなんかときたか。。。やっぱり寝る方が先かい。。。
片付けはきちんとできないから、やらないでもらった方がいいけどさ。

「片付けまでしろとは言わないよ。でも自分の不注意でおしっこを踏んづけたんでしょ。
 だったら、濡らした靴下ぐらいは、水洗いしてもいいんじゃないの?」
「・・・・・」
「それくらいは、やってから寝てください」
「は~い」

そのまま起きて準備は始めていたようだけど、毎朝準備に30分くらいかかるのだから
間に合うはずもなく、話した分を5分と考えて、今日は7時5分まで待ったけど
結局リビングに出てきたのは、7時20分を過ぎていた。
一服が始まったけど、それはまあ良いとして

「もうコーヒー飲んでる時間ないよ。一服が終わったら、次の行動に移りなさいね」

そう言っておいたら、一服が終わって行動開始となった。
洗面ハミガキが終わり、朝食を食べ終わったのが8時15分ごろ。
それからどうやらボーッと一服が長かったみたい。
片づけが終わったのが9時10分前、そのままコーヒーを入れ出したので

「薬は飲んだの?」
「まだ」
「だったらそっちが先でしょ。薬って食後30分って知ってる?」
「知ってるよ」
「ご飯食べ終わって、何分経ってるの?」
「えっ?・・・・・」
「もう30分過ぎちゃうでしょ?1時間超える時もあるの、弟くんわかってる?」
「え~っ?そんなことないよ」
「そんなことあるから言ってるんです。洗面ハミガキして、食べて片付けて
 薬を飲むまでを9時までにやるんだよ」
「は~い」

で、薬を飲んで9時ギリギリセーフ。。。朝はなんとなく出来てきてるよ。
夕食後の行動も、最近は出来るようになってきた。
食べた後の食器を洗い、お薬を飲み片付けるまではテレビは点けてない。
私の監視がなくても、出来るようになればいいんだけどな。

お散歩に出る時、いつもタバコを持っていくのに、午前のお散歩のときタバコの箱が置いてあった。
中身を見たら1本だけ入ってた。灰皿の中を見ると、どうやらしけもくもしているらしい。
しけもく禁止令を出してるのに。タバコもなくなる前に言えって言ってるのに。
帰って来た義弟に

「弟くん、しけもくしてるでしょ?」
「えっ?うん」
「しけもくはしないでって言ったよね?」
「うん」
「臭いし、しけもくは良くないって言ったよね?だからタバコ代は無くなれば出すから
 しけもくしないでって言ったよね?ただし、3箱で1日分のお小遣いだよって言ったよね?」
「うん」
「だったら、もうしけもくは禁止。絶対にやらないで」
「今日はもうやらないよ」
「今日はじゃなくて、ずっとしないでって言ってるの」
「あ~そうか。わかった」
「朝も起きてこなくちゃ、いつまでもお小遣いもらえないでしょ?
 1日起きれたからって、終わりじゃないんだよ。毎日起きなくちゃ意味ないの」
「うん」

素直なのはいいけど、朝くらいは起きれるようになってくれよ。
主人とも話したけど、食う寝るに困らないし、タバコもなんだかんだ言っても買えるし
病院代、おむつ代ももらえるんだから、お小遣いがなくても困らないもんな~。
起きれるようになるかしらん???

「あ、そう言えば、おむつはまだあるの?」
「あと2枚ある」
「じゃあ、もう買わなくちゃダメでしょ?」
「うん、そうだね」
「そうだねじゃなくて、無くなる前に言ってっていつも言ってるよね?」
「あ~そうだ」
「おむつは残り2枚になったら、恵子ちゃん、おむつが無くなるよって言いなさい。
 タバコが残り2本になったら、恵子ちゃん、タバコが無くなるよって言いなさい。
 無くなってからじゃ遅いんだよ。濡れたおむつを履いてなくちゃいけなかったり
 しけもくしなくちゃいけなかったりするんでしょ?だから無くなる前に言うの、わかった?」
「うん、わかった」
「タバコだって、おむつだって、お小遣いから出してるんだよ」
「うん、当然でしょ」
「だけど朝起きないから、お小遣いだっていつまでももらえないんでしょ?
 どんどんどんどん先になっちゃう。
 弟くんがせっせと起きなくちゃ、今月お小遣いもらえないで終わっちゃうよ」
「うん、そうだよね(笑)」

笑い事かい!42歳の子供のおかあさんは、大変です(≧m≦)
ま、今日は素直だし、とりあえず出来始めてることもあるから、上出来だな♪

追記。。。
今日はお布団を干していたので、今洗濯物やお布団の取り込みをしたのだけど
薄いTシャツ1枚で、少々汗ばむような陽気。
確かに明日は立冬と言われておりますが・・・

なのに義弟は、ダウンを着るの~♪毛糸の手袋までして行くの♪
この~ ポカ~ポカ~陽気にぃ~~~♪
(曲はチェリッシュ なのにあなたは京都に行くの ご存知の方はご唱和ください)

いいのか?これで?




人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

今日も今日とて・・・

2007.11.06 (Tue) 義弟との日々の出来事

私のパソコン、スクリーンセーバーをマイピクチャに設定してある。
マイピクチャには、わんこや甥っ子の画像が入っているので、放っておいて時間が来ると
わんこや甥っ子の画像が、ランダムにパソコンの画面上を流れている。
時々義弟は、それをボーッと眺めている時がある。
それは別にいいのだけど、昨夜義弟が聞いてきた。

「ねえ、恵子ちゃん。そこに写ってる写真で一つ、なつがすごく可愛いのがあるんだよね」
「一つ?全部可愛いよ(笑)」
「そうなんだけど、1枚さ~、すごく可愛いのがあるんだけど、あれどこで撮ったの?」

こんな風に言われて、どこで撮ったものかわかる人はいないと思う。

「どの写真のこと言ってるの?それがわからないとどこだかもわからないでしょ?」
「えっと・・・石畳みたいなとこで~、なつが気が抜けた顔してるんだよね」
「石畳でなつが気が抜けてる?」
「そうだよ、あれはどこで撮ったの?」
「悪いんだけど、それだけじゃどの写真を言ってるかわからないよ」
「だから、石畳みたいなとこだよ。わかんないの?」
「わかんない」
「なつが気が抜けてるみたいな顔しててさ~、可愛いんだよな~。あれはどこなの?」

だからね、そんな説明ではわからないんだってば!

「悪いけど、どの写真かわからないから、答えようがないよ」
「どこかわかんないのか・・・だけど本当になつが、可愛いんだよな~」

そうでなくて・・・って、もういいやと思って、そこで話は終わった。
こういう会話は日常茶飯事なんだけど、まだこんな風に終わるなら良い方だ。
時々、私がわからないことにイラッとするらしく

「もう、いいよ!」

と怒り出すときもある。。。腹が立つ時もあるけど、笑ってしまう時もあるんだな。

昨日起きれたことで、どうやら義弟のお悩みは解決してしまったらしい。
今朝も6時過ぎから鳴っていた目覚ましだけど、7時に和室を開けたら
目覚まし時計を右手で押さえ込み、お布団を頭までかぶって眠っておりました。
7時35分過ぎてリビングに出てきたので

「今日はコーヒー飲んでる時間はないよ。さっさとやらないと、9時に終わらないからね」

そう声をかけただけで、洗面ハミガキを終わらせ食事をして、9時ギリギリに終了となった。
今日の横浜は、雨の予報。
9時過ぎには止んでいたので

「今日は1日こんな天気だってよ。雨が降る前に、傘持って早めに行ってくれば?」

と言ったら、9時半には出かけて行った。
父も今日は買出しをしてきてくれと言うので、義弟が出かけた後すぐに私も出発。
父に買ってきた物を届けて、マンション下に荷物を降ろしたのが10時40分ぐらいだった。
まだ帰ってないだろうと思ってた義弟は、すでに着替えも手洗いも済ませた状態で
トイレに入っていたんだな。こりゃあ、1時間歩いてないのはすぐにわかる。

「また1時間歩いてないでしょ?」
「うん、途中でサボったけどね」
「途中でサボってるのは知ってるよ。そうじゃなくて、1時間外にいないで帰ってきてるでしょ?」
「だって~、途中で大きい方したくなっちゃって、立ちションなら出来るけど大きい方は出来ないだろ」
「そんなの当たり前でしょ!トイレに帰ってくるのはいいけど、終わったらもう一度行く気はないの?」
「・・・・・」
「雨も降ってないのに、1時間は歩くのがルールでしょ?」

そう言ってる私の横を通り過ぎて、座った。

「ちょっと、休ませてよ」
「弟くんは、1日そこで休んでるのと一緒じゃないの。居眠りばっかりして。
 歩くぐらいは時間を守って、しっかり歩いてきなさいよ」
「コーヒー飲むだけだよ」

で、黙ってたら今度は一服始まった。

「こんだけ言ってんのに、タバコまで吸うか!もう一回行って来いって言ってんだよ」
「・・・・・(そっぽ向いたまま、タバコをぷか~)」
「そんなことばっかりしてて、いつになったら、筋力が付くの?」
「・・・・・」
「いつになったら、一人で出来るようになるの?」
「一人で出来るよ」
「どこが?毎日私怒ってますけど?毎朝私が起こしてますけど?」
「わかったよ、行って来るよ」

そう言って、1時間外には出かけてきた。
言いたくないこと、言わなくていいことまで言わないと動かないってのは
言う方もストレスが溜まるよ。

今日も昼間は居眠り開始。
朝だけは、なんとか出来るようになってるし、お散歩も追い出せばなんだかんだあっても
出かけて行くのだから、OKということにしよう。


人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

悩み解決?

2007.11.05 (Mon) 義弟との日々の出来事

土曜日にもう一度ノートの確認をしたら

※どうしてか、今日も7時に起きれなった。

は消しゴムで消され

※先日に引き続き、今日も7時をまわってしまった。

と書き直されていた。
1本線で消した物は、そのまま残っているのだけど、何か意味があるのかな?
土曜日も日曜日も、昼間居眠りする姿は見なかった。
土曜は午後から主人がいたからかもしれないけど・・・

お小遣いはなくても、タバコだけは買い与えることにしたのだけど、それにも関わらず
しけもくを吸ってるのは何故なのか?聞いてみた。
どうやら普通に吸っても、しけもくをするために長めに残しているらしい。
で、しけもくを吸う時は一気に5本ぐらい吸う。
それが臭くて、どうにもたまらないので

「タバコ買ってるんだから、しけもくはやめて。臭くてしょうがないよ。身体にも悪いし。
 しけもくを5本も続けて吸うなら、1本をしっかり吸って本数を減らしてください」

それから我が家では、しけもく禁止令を出した。
けど、いない時はやってるんだろうな。

夜になって、主人とまだ晩酌をしていた8時半ごろ、リビングの電気が消えた。

「弟くん、寝ちゃったみたい」

と主人に言ったら、思わず吹いていた。
悩んだ義弟は、夜早く寝れば朝も起きれると思ったのだろうけど
これは義弟の、起きれない言い訳の一つ。早く寝ても起きれないんだけどね。
で、日曜日の朝、わんこのお散歩の準備をしていた5時40分頃から義弟の目覚ましが鳴り出した。
で、その成果は残念ながらなく、7時に和室を開けたら着替えてる途中だった。
7時30分近くなって、リビングに出て来た義弟がまたコーヒーを入れようとしたので

「もう7時半だよ。コーヒーはあと、やるべきことが先でしょ?」
「だって~、そうやってたら胃が痛くなっちゃったんだもん」
「だったら、空きっ腹でコーヒーなんか飲むのはやめなよ。その方がよっぽど胃に悪い」

コーヒーを飲む言い訳をしたのだけど、トンチンカンだからな~。
と言っても、朝からカップ麺のうどんもどうかと思うんだけどね。
でも起きれなかった日は、コーヒーは飲ませず洗面ハミガキをしてから、朝食になったら
9時前後には、一応終わるようになってきてる。

「朝コーヒーをゆっくり飲みたいなら、7時前には起きてきてください」

で、そうすることにした。
洗濯物を干していた9時半ごろ、弟くんに聞いてみた。

「弟くん、今日は何月何日何曜日?」
「えっと・・・(カレンダーを見て)11月4日日曜日」

よし!今日はわかってるじゃん。

「合ってる?」
「合ってるよ。時々抜き打ちで聞くからね」
「は~い」

それなりに意識してれば、ちゃんとわかるんだよね。

「時計見てる?」

いつもの声かけで、10時には午前のお散歩に出かけて11時半過ぎに帰って来た。
朝晩は少し冷え込んできたけど、昼間は陽気がいいから公園でのんびりしてきたらしい。
座ってると寒いんだろうね。。。何度もみっともないからやめるように言ってるけど
義弟は、ダウンを着て毛糸の手袋着用で出かけて行く。
もう言うのはあきらめた。。。本当に真冬になったら、どうするのでございましょうか?
夕方わんこのお散歩から戻って来た頃から、義弟の目覚ましが鳴ってはすぐ止まる。
ちょっとやる気のない目覚ましだから、時々そういう現象は起きてたんだよね。
ちょうど今朝義弟が目覚ましを鳴らした時間に近かったから、切り忘れたのかと思ってたんだ。
ところがその後も、何度も何度も鳴るもんで義弟に聞いてみた。

「目覚ましもセット、切ってないの?なんで切らないの?」

と言ったら、こちら側とは反対側に目覚ましを置いていたから見えなかったのだけど

「目覚ましが鳴るかどうか、確認してるんだよ」
「毎朝目覚ましは鳴ってるよ」
「えっ?じゃあ俺、目覚まし鳴ってるのに起きないの?」
「目覚まし抱えて寝てることもあるでしょ?」
「いや~、電池がないのかと思ってさ」
「でも鳴るんだから、確認は出来たんでしょ?」
「うん」

で、目覚ましは片付けられた。
先日お散歩仲間さんから、青森のお友達が手作りした物だと言ってイクラ・筋子・明太子を頂いた。
たくさん頂いたし、生物だから2.3日中に食べるよう言われたので、モツの煮込みを大量に作って
イクラ・筋子・明太子の盛り合わせと漬物と言うメニューを、土曜・日曜と2日続けて出した。
もちろん私達も、モツ煮と漬物をツマミにしてご飯はイクラ・筋子・明太子で美味しく頂いたのだけど。

「2日続けて、同じメニューで悪いんだけど」
「出された物は文句言わずに、食べるからいいんだけどさ~」
「いいけど、なに?」
「明太子なんだけど、この着色料どうにかなんないの?」

着色料?手作りだし、着色料を使ってるようには見えないんだけど・・・

「どうにかって言われても困るけど、これ青森から手作りで送られて来た物だよ」
「えっ?そうなの?・・・どうりで美味しいと思った」

・・・・・・・どういうこっちゃ?
お寿司が大好きだから、イクラ・筋子・明太子も好きだと思ってたけど、明太子は苦手なのか?
結局、きれいに食べたんだけどね。

「明日もけんちゃん、1時半起きだよ。もう寝る準備しなさい」

8時過ぎて、そう声をかけて顔を洗いパジャマには着替えたんだけど

「お布団も敷いて、寝るばっかりにしときなさいよ」

と言ったら、テレビを見ながらお布団を敷き始めた。
その後バレーボールを見ていたんだけど、私達も食事が終わり片付けも終わり
トイレに行った主人が

「おい!俺は明日も早いんだから、もう寝ろよ」

と声をかけてトイレに入ったのだけど、出てきてもテレビに夢中になってる義弟に

「おい!聞いてるのか?朝も起きれないんだから、もう寝ろって言ってんの!」

めずらしく主人が言っていた。
朝起きれない悩みはどうなったのか?それとももう考えるのをやめちゃったのか?
彩佳は友達の家に泊まりに出かけてたので、9時には我が家は全員就寝。

2時半前には主人も出勤して、私は夜中のパソコン作業。
3時と5時半過ぎにトイレに起きてきた義弟は、今日は7時ギリギリにリビングに出て来た。
これで悩みは解決か?明日はどうなるかな?
でも今日は7時半までは、コーヒータイムは許しましょう。

「7時半になったら、次の行動に移りなさいよ」

そう声をかけたら、7時半過ぎには行動開始。
洗面ハミガキを終えて、今は食事も終わり、お薬の準備をしながら聞かれた。

「ねえ、恵子ちゃん。今日はダバコ代ももらえないの?」
「はい?私毎日ダバコ代渡すって言ってないよね?」
「でも今日起きたから・・・」
「今日は起きたけど、もう何日分前渡してる?説明したでしょ?」
「・・・・・」
「タバコもそうだけど、弟くんの物は失くなる前に言ってくれなくちゃ、私にはわからないでしょ?」
「あ~そうだよね」
「タバコ無いの?」
「うん」
「じゃあ、これで3箱目だよ。1日分だからね」
「はい」

ふう~、今ひとつお小遣い制の意味を理解してないらしい。
今日も9時前に、朝やるべきことは終了。
このまま習慣化されるといいんだけど。。。

今日はまた、なつの通院日。
血液検査の結果がどうなるか?
そろそろ準備を始めよう。





人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

義弟の悩み?

2007.11.03 (Sat) 義弟との日々の出来事

昨日はまあまあのペースで9時ギリギリには終了した義弟。
本を読んでいて(見ているだけかもしれないが)時計を気にする様子がないので

「時計見てるの?」

って声をかけて、10時過ぎに午前のお散歩に出かけた義弟は、12時近くなって帰って来た。
またヒデさんところか。。。
文句を言われたってことしか、残らないんだろうね。

今日はずっと曇りのお天気。
確かに昨日よりは寒いと思うのだけどね。
今朝も1時半起床だった私、午後2時ごろからお昼寝タイムに入った。
義弟が玄関を出る音で目が覚めたら、時間は2時57分。
一応時計を見てたのかな?

しばらくして、日付のことを思い出したのでノートを確認、一応書いてある日付は合っていた。
その上に、こんな反省文が。。。

どうしてか朝が弱い どうしてか時間どおりにおきれない 
確かに薬の作用があるとも思わないが 自分に甘いのは何故?


1本線で消してあるのは何故?
いつもは必ず消しゴムを使って、消しちゃいけないとこまで消しちゃうのに(^m^*)
よくわからないけど、起きれないのはお薬のせいになってる?
それでも反省はしてるってことなのか?1本線で消すことで、反省してるとアピールしてるのか?
と思ってたら、3時45分に

「雨が降ってきた」

と言って帰って来た。
外を見ても降ってませんがな・・・パラっとしたのかもしれないけど。。。
当然もう一度追い出したのだけど

「わかったよ~、行けばいいんだろ~」

そう言って、もう一度出かけて行った。
これも自分に甘いってことなんだけど、わかってないだろうな。

夜になってもう一度ノートを確認したら、その日の感想文の下に

※どうしてか、今日も7時に起きれなかった。

そして、今朝もどうしてか?起きれなかった( ̄m ̄*)

「今日は言い訳してもいい?」
「なに?」
「時計が遅れてたんだよ」
「ふ~ん、どれくらい遅れてたの?」
「いや~、6時半の時ちゃんと時間を確認してるんだけどさ~、6時半だなって思ったんだよ」
「???じゃあ、時計は遅れてないんでしょ???」
「いや、遅れてんだよ」

よくわかんないから、そのことには触れるのをやめた。

「6時半を確認してたのなら、その時間に起きればよかったんじゃないの?」
「そうなんだけどさ~、もう一つ言い訳していい?」
「なに?」
「お風呂に入った次の日は、必ず起きれないんだよね」
「お風呂入ってなくても、起きれないでしょ?昨日だって、お風呂入ってないよ」
「金曜日だよ」
「間違えて木曜日に入ったから、昨日は入ってないでしょ?」
「・・・・・そうだっけ?」
「お風呂とは関係なく、朝は起きれないでしょ?」
「起きる時もあるよ」
「数ヶ月1回あるかないかで、そんなの起きたうちに入らないよ」
「まあそうだけど・・・・・そう言えば、なつはいつ病院に帰るの?」

話がなつに飛ぶのか・・・
昨日なつが退院してきた。次の診察日は月曜日なので

「退院したんだから、月曜日まで病院は行かないよ」
「えっ?じゃあ、もう治ったの?」
「ガンですから、治ってはいないけど」
「月曜日にまた入院するの?」
「それは検査をしてなつの状態を見て夕方帰ってこれるかどうかが決まるの。
 具合が悪くなれば、また入院ってこともあるんだよ」
「恵子ちゃんさ~、一回医者を脅してやればいいんだよ」
「はい?」
「金なんかいくらでも払ってやるから、最先端の医療で治療しろってさ(笑)」

・・・・・何を言ってんだか・・・・・笑って言う話しか?・・・・・

「最先端の医療で治療してもらってるから、言う必要もないけど?」
「えっ?そうなの?」
「はい、そうなの」

入院しただけで、いくらかかるのか気になったり、金はいくらでも払うと言ったり
その時思いついたことを、口に出すからな~。
私達夫婦が今どんな気持ちかなんて、お構いなしだからね・・・(´Д`)ハァ・・・

そろそろタバコもなくなる頃

「弟くん、タバコまだあるの?」
「もうない」
「じゃあ、後で300円渡すから自分で買ってきなよ」
「うん」
「これで2箱目だからね、3箱目で1日分の小遣いだよ」
「えっ?そうなの?」
「うちの家計から弟くんのタバコ代は出ませんよ。自分のお小遣いで買ってください」
「あ~そうか」

と言うことで、10時のお散歩前に300円を渡した。

今日は祝日なんだけど、主人は昨夜夜勤で今日の昼間も一仕事して午後1時ごろ帰ってきた。

「あんちゃん、なんでこんな早く帰って来たんだよ」
「今日は祝日だろ?」
「・・・・・」

日にちを書いていても、よくわからなくなってるらしい。
朝起きれないことを、いくらか悩んでいるらしい。
少し悩んだ方が、脳みそが動いて良いでしょう。
平和な悩みだ。。。
今は一応、本を読んでおる。
この後、女中部屋にこもる予定なので、どうなるかな?


人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

またやっちゃった(* ̄ー ̄)>てへ

2007.11.02 (Fri) 義弟との日々の出来事

前日しけもくばかりしていたので、灰皿の中身を見たらもう全部フィルター近くまで
吸ってるように見えたのだけど、置いておいたらまた吸うだろうと思い
吸殻を捨て、タバコ盆もきれいに掃除してテーブルの戻しておいた。
その時点確認はしなかったけど、タバコの箱はあったのでまだ数本はあると思っていた。
7時20分過ぎて、目薬の箱を持ってリビングに出て来た義弟は
またキッチンでコーヒーを入れようとしたので

「もうコーヒーを飲んでる時間はないでしょ。やりたいことが先じゃなくて
 やらなきゃいけないことが先なの。やることやってから、コーヒーにして」

そしたら、まずは洗面ハミガキに入った。
8時過ぎて朝食を食べ出したので、これなら今日は9時前に終わる。
良いペースだと思って、女中部屋に引っ込んだ。
昨日はなんだか起きた時から、眠くてちょっと横になったら眠ってしまった。
気がつたのが9時5分前、なつの食事を作らなくちゃと思ってキッチンに向かったのだけど
義弟はキッチンで何かやっていて、テーブルの上には食べた物はそのまま、お薬の箱も出しっぱなし
目薬の箱も置きっぱなし、ティッシュが散乱して、他にもいろいろ出してある。

「8時過ぎからご飯食べ出したのに、今まで何をやってたの?」
「いろいろやることがあるんだよ」
「だから何をやってたの?って聞いてるの」
「・・・・・」
「なんで返事が出来ないの?」
「・・・・・」

と聞いてたら、キッチンからテーブルのところに戻った義弟が、スウェットのポケットから
タバコの吸殻を灰皿にポンと放り込んだ。
捨てた吸殻、漁ってきたのか。。。
座布団に座った義弟は、まだ私が話しかけてるにも関わらず、鏡を見て鼻毛を抜き出した。
なるほど、途中で鼻毛が気になって鼻毛抜き始めちゃったわけね。

「鼻毛を抜くのは後回しでしょ!やるべきことを先にやりなさいよ」

そう言っても、鏡を見て鼻毛抜きをやめない。

「聞いてるの?」
「聞いてるよっ!」

大きな声で怒鳴り返してきたので

「やるべきこともやらないで、何逆切れしてんだよ。
 そういう態度が人をバカにしてるように見えるって何度言った?
 人の話聞くよりも、鼻毛を抜くことの方が大事なのか?ふざけるなっ!」

これでやっと、毛抜きを置いて私の方を向いた。

「テーブルの上見てごらんよ。何でもかんでも持ってきて、片付けてない。
 用が無くなったら片付けてから、次のものを持ってくるよう何度も言ってるでしょ?
 食事だって食べてそのままじゃんよ。そんなだらしないことしないでよ。
 今日は何も言わなくても出来てるなと思ってたのに、なんで余計なことを先にやってるの?
 もう9時過ぎちゃったじゃんよ」
「・・・・・」
「薬は飲んだの?」
「うん」
「だったら鼻毛より、食べたもの片付けて、お薬の箱も目薬も片付けて。そっちが先」

そう言ったら立ち上がり、まずはお薬の箱から持って行った。

「目薬は?まだ使ってないの?」
「これからやるんだよっ!」

また大きな声を出したので

「使い終わってるなら、薬の箱と一緒に持って行けばいいでしょ?」
「持てねえんだから、しょうがねえだろっ!」
「・・・・・出来る努力もしないで出来ないことを、威張って言うんじゃないっ!」

お子ちゃまの言い合いに発展!またやっちゃった。。。

「弟くんの身体の麻痺は、一番軽いものなんだよ。自分の努力でどうにでもなるものなのに
 筋力を付ける努力もしないで、なんでもない右側まで筋力を落としてるんじゃないの!
 薬の箱と目薬を一緒に持てないような筋力しかないこと、偉そうに言わないでよっ!」
「恵子ちゃんは知らないことが多すぎるんだよ」
「何を?」
「あの箱はね、持ち方があって片手じゃ持てないんだよ」
「知らないことってそんなこと?悪いけど、そんなことは私には関係ない。
 弟くんが普段そういうものを、そう扱っていようと私が知る必要もない。
 だけど、私は弟くんのリハビリのことなら、ほとんどことを知ってるよ。
 知らない、わからないことが多すぎるのは弟くんだよ。
 箱がどうだか知らないけど、薬の箱と目薬を一緒に持つにはどうしたらいいか?考えればいいでしょ」
「・・・・・」
「身体を動かさないと、動けなくなるって言われたの覚えてないの?」
「えっ?どこで?」
「病院で」
「・・・・・あ~、骨が固まるって言われた」
「骨が固まるってことは動けなくなるってことでしょ?動けなくなるってことは、寝たきりと一緒だよ」
「・・・・・」
「そうなったらどうするのよ?」
「放り出せばいいだろっ!」
「放り出せって、どこに?ゴミ置き場に置いといても、清掃局の人は持っていかないよ!
 施設だって、誰が探すの?誰が手続き取るの?動けなくなったら
 全部人の手を借りなくちゃいけないんだよ!施設に入るんだって、お金がかかるの。
 そのお金はどうするの?弟くんは株があるって思ってるかもしれないけど、その程度のお金で
 施設になんか入ることさえ出来ないよ。月々だって給料の10万じゃ足りない。
 その給料だって、寝たきりになった人に払ってもらえるとでも思ってんの?物事簡単に考えるな!」
「・・・・・」
「犬はね、ヘルニアで後ろ足が麻痺したって、立ち上がろうと努力するんだよ!
 少しを犬の努力を見習え!犬に負けてどうすんだよ!」

ついわんこにたとえてしまう私。
なつが入院してから、入院中のいろんなわんこを見たからなんだ。

「身体だけじゃないよ。脳みそだって、いちいち考えなくちゃボケちゃうでしょ!
 毎日のんべんだらりと過ごして良いのは、定年後の老人だけだよ。
 老人だってボケないように寝たきりにならないように、いろいろ工夫してるじゃないの。
 弟くんは、ちょっと私がいないとすぐテレビ見て、ボーッと過ごして日にちも曜日も
 わからなくなっちゃうじゃない。日にちもわからない人が、社会で通用するわけないでしょ!」
「まあ、そうだけど・・・」
「そうだけどじゃない!だからスケジュールだって作ってるんだよ。
 人間はみんな時間に追われて生活してるんだよ。その張り紙書いてあることは、考えなくても
 出来て当たり前のことだよ。それが出来なくちゃ、弟くんは一人で生きてなんかいけないよ」
「・・・・・」
「いちいち考えて行動しなさいよ。考えなくちゃ、本当にボケちゃうってば。
 そうならないために目標立てたり、スケジュールを作ったりしてるんだよ。
 文句を言うなら、朝自分で起きれるようになってから言ってよ」

と、この辺でやめておいた。半分もわかってないと思うけど・・・
その後拾ったしけもくを吸っていた。
お散歩に出る時、昨日は小雨が降ったり止んだりしてたけど、陽気としてはあたたかかった。
だけど義弟は、また冬のダウンを着ようとしたので、それもまた注意した。

「人が見たら、おかなし人に見られるから言うんだよ」

で、薄いジャンパーを着て出かけて行った。
お散歩に出た後、置いてあるタバコの箱の中身を見たら、空っぽだった。
さて、どうしよう?タバコぐらいは吸ってもいいと思うし・・・
なつの面会に行く途中で、一応タバコを買っておくことにした。

お散歩から戻ったら、今度はまた居眠りが始まる。

「また居眠りしてるの?眠いの我慢出来ない?なんでガマンしようと思わない?身体を動かしなって」
「・・・・・」
「なつは熱があっても、歩こうとするよ。なつに恥ずかしくないの?」
「・・・・・」

また犬をたとえに出してしまった。。。

タバコのことは主人に相談したら、どうするか明日まで様子見れば?と言ってたけど
出来ないことを承知で、朝から文句ばっかり言ってるし、タバコまで取り上げるのは忍びない。
ただ渡せば、当たり前になるから、少々小言は言うことにして渡すことにした。

「弟くん、タバコも買えないの?全然ないの?」
「うん」
「私だって、毎回毎回は渡さないよ。朝起きてちゃんとお小遣いもらえるようになりなさいね」

そう言って、タバコをテーブルの上に出したら

「ありがとう」
「3回タバコを渡したら、1日分のお小遣いだからね」
「えっ?1日分?」
「当然!1個300円でしょ。100円は手数料」
「あ~そうか」
「それが嫌なら、とにかく朝自分でちゃんと起きること!」
「は~い」

午後のお散歩は、自分で時間どおりに出かけて行った。
ところが夜になって、昨日は11月1日木曜日なのに、金曜日と勘違いしてお風呂に入った。
また日付間違えてると思ってたら、主人がお風呂を開けて

「おい!今日は風呂の日じゃねえだろ?」
「金曜日だからいいんだよっ!」

めずらしく主人に大きな声を上げた。

「金曜日じゃねえよ!今日は木曜日だ!ボケてんじゃねえっ!」

ノートを確認したら、10月30日の次が11月1日になっていた。
お風呂から上がった義弟に、日にちを確認したら
10月28日と言ってみたり、11月3日と言ってみたり、11月28日と言ってみたり・・・
その後も日付や曜日を思い出させるのに、四苦八苦したんだけど

「10月は何日まであるの?」
「30日」
「違うでしょ」
「えっ?じゃあ、31日?」

うそっ?これは小学生でもわかることだよ。こういうのは倒れる前の記憶なのに残らない?
それとも認知症の症状が進んだか?
結局10月は31日まであるから、ノートを書き直すように言って
もう一度日付の確認をして、毎日カレンダーも見て確認するように言ったけど
どっかでまたごっちゃになるだろうな。。。

「あんなことやってたら、お前が参るぞ」
「うん。前は絶対思い出させようと思って必死だったけど、今はある程度のとこでやめてるから」
「日付がわからないのはしょうがないと思うけど、開き直るから質が悪いんだ。
 お前がいくらああやって教えても、憲児は日付なんか関係ねえと思ってるぞ」
「そうかもしれないね」

主人がああいう場面に遭遇するのは滅多にないから、ちょっと面くらったらしい。
私に言わせりゃ、いつものことだ。

今朝も7時に和室を開けたら、目覚ましを腹の上において手で押さえたまま眠ってた。
義弟が朝起きれる日は来るのか?お小遣いをもらえる日は来るのか?
まあ、義弟次第ってとこでしょう。

7時40分にやっとリビングに出て来た義弟は、またまたコーヒーを入れようとしたので

「コーヒー飲んでる時間はないでしょ?」
「えっ?」
「朝起きてゆっくりコーヒーが飲みたいなら、朝7時前には起きてきて。先にやることやっちゃいなさい」
「は~い」

今朝はまあまあ、良いペースだった。




人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

逃げ場

2007.11.01 (Thu) 義弟との日々の出来事

昨日の朝、言いまくって8時50分にはなんとか
朝やらなければいけないことを、やり終えた義弟。
だけど嫌気がさしたのか、私の顔を見るのが嫌だったのか?
10時のお散歩の時も、声かけをして10時過ぎに出かけた義弟が
帰って来たのは、1時半近かった。
またヒデさんのところに、お邪魔したそうだ。
お天気も良くてポカポカ日和なんだから、日光を浴びて歩けばいいのに
サボることだけは、天下一品。

「またヒデさんとこ?」
「うん」
「こんなにお天気が良いのに、なんでお日様浴びて歩こうと思わないの?」
「・・・・・」
「朝口うるさく言われたからって、いちいちヒデさんとこに逃げ込んでたら何も変わらないよ」
「・・・・・」
「どうせまたコーヒーご馳走になって、テレビ見て居眠りでもしてきたんでしょ?」
「・・・・・」

言ったところで返事もないし、着替えることに意識が行ってるから、聞いちゃいない。
義弟のお友達関係に口を出すつもりはないけど、最近の義弟は
私が口うるさく言った日は、必ずと言っていいほどヒデさんの所に行く。
ヒデさんに私のことを愚痴るのは構わないけど、それでスッキリしてまたリハビリ励むなら
いいけど、逃げ場は必要なのかもしれないが、逃げ込むだけじゃなんの進歩もない。
ヒデさんも、どんな風に思ってるのだろう?と時々思う。

ヒデさんって人をよく知らないけど、ご近所では変わり者で有名な人なんだよね。
ヒデさんもシーズーを2匹飼っている。
男の子はお母さんが、女の子は妹さんが飼っていたんだけど
どちらも亡くなったのでヒデさんが面倒見ている。
足が悪く松葉杖を付いて歩くんだけど、この2頭いつもノーリード。
女の子の方は、何度か脱走してよそのお宅に保護されて泊まってきたり
私の知り合いが保護したこともある。
その時、ヒデさんのところのわんこだと言うことで、家に案内した時
義弟がお邪魔してることがわかったんだけど・・・
我が家のわんこにはやらないけど、男の子の方は気に入らないわんこが来ると近づいて行き
「わんわん」と噛み付く勢いで吠えながら、ノーリードだからずっと着いて行っちゃうんだよね。
怖がりなわんこはあわてて逃げるから、飼い主さんは引っ張られて転びそうになったり
小さいわんこなら抱きあげても、飼い主さんに飛び掛る勢いで吠えまくる。
逆に売られたケンカを買うわんこだっている。
自分のわんこの性格を知っていたら、飼い主さんだって必死だよ。ケガさせたら大変だもん。
いくら自分のわんこのリードを引っ張っても、着いてくるんだから。

「ボク~(わんこの名前)、ダメだよ~、おいで~」

くらいしか言わないから、興奮してるわんこが聞くわけがない。
吠えてるわんこを、身体を使って止めようと言う気もない。
で、リードを着けるように言っても

「俺はこんなだから、リードを引っ張れねえ」

って言うんだな。
だからそのわんこが苦手でわかってる人は、ヒデさんが散歩させてる時は絶対に近寄らない。
でも私も目撃したんだけど、その時もわんこがいつものように柴犬に吠え掛かった。
ところがその柴犬も売られたケンカは買うわんこだった。
だから飼い主さん柴犬をあわてて抱き上げたけど、柴犬だって興奮してる。

「リード付けてくれよ」
「俺はこんなだから付けられねえよ」
「リード付けないで、歩かせるな」
「俺はこの時間にいつも散歩させてんだ。そっちが時間ずらせばいいだろ」

すげえ~理屈だ。そんなの初めてその時間帯にお散歩に来た人は、知らないって。
しばらく怒鳴りあいの押し問答を続けてた。
これを見てから、我が家は挨拶程度で関わらないようにしてたんだけど
義弟が近づいちゃったんだよね。
主人は何かあっても、それは義弟の問題で俺たちには関係ないって言うけど気になっちゃうんだな。
だからあんまり行ってほしくないというのが、本音なんだ。

1時半に帰ってきて、手洗い着替え、そして一服したらもう2時。
それから昼食を食べ終えたら、もう3時のお散歩の時間になる。
義弟にしてみれば帰って来たばかり、居眠りをしようとするからまた私が怒ることになる。
で、しぶしぶまた出かけて行き、帰ってくると入れ違いで私がエリーの散歩に出る。
その時間、義弟の顔や動きを見れば眠っていたことがわかる。
何をしてるか、わからない1日になっちゃうんだな。
でも感想文は、短く書いてあるんだよ。だからよし!とはしてるけど。。。

「ちょっと出かけてくる」

そう言ってエリーのお散歩の後、なつの面会に出かけて帰ってくると

「恵子ちゃん、どこ行ってたの?なつのとこ?」
「そうだよ」
「なんだ~」
「なんだ~ってなに?」
「なつに会うだけでしょ?」
「会うだけっって?」
「だからなつに会うだけなんでしょ?」
「会うだけじゃないよ。いろいろやってくるよ」
「俺も行きたかったのにな~」
「悪いけど、弟くんは連れて行けないよ」
「なんで?」
「病院はいつも空いてるわけじゃないよ。座れないときだってあるんだよ。
 外に連れ出す時もあるけど、点滴とかいっぱいぶら下がってる狭いな所で会うときもあるの。
 予防注射の子もいるけど、病気やケガで来てる犬や猫ばっかりなんだよ。
 そんなところで弟くんが転んだら、どうなる?ケガさせちゃったり
 点滴の管が外れたらどうする?だから連れて行けない」
「あ~そうですか」
「そうですよ」
「わかりました」

理由は話すべきだと思ったから話したけど、理解は出来てないらしい。
返事の仕方でわかるけど、連れて行く気はないってことはわかったんだろうね。。

パソコンに向かっていたら、何回もカチカチとライターの音がして、いつもと違う臭い匂いがする。
短いタバコをしけもくしてるようで、少し吸っては次に火を点けてるんだな。
私も喫煙者だけど、しけもくの匂いは臭い。

「弟くん、さっきから何本続けてしけもくしてるの?臭いよ」
「えっ?あ・・・ごめん」
「タバコないの?」
「うん」

タバコ盆を見たら、タバコの箱が置いてあるから、大事に何本か取ってあるのかと思ったんだけど

「悪いけど、しけもくはもうやめて。身体にだって良くないし、臭いから」
「は~い」

と返事をしたものの、数十分後には

「恵子ちゃん、しけもくしていい?」
「ダメ!タバコを買うお金も失いなら、朝起きなさいよ。もう7日までお小遣いはもらえないんだよ」
「えっ?そうなの?」
「そうなのって、朝起きてこれないじゃん」
「あ、そうか」
「もう早く寝て、明日は起きなさいよ」
「は~い」

私が女中部屋に引っ込んでからは、また吸ってたみたいだけど
しけもくばかりあんなに吸ってたら、どっかおかしくなるんじゃないの?
いよいよ本当に、お金が失くなったのかな?

で。。。結局今朝も起きれず。。。

人気blogランキング 気が向いたら、ポチッとお願いしますm(__)m

→の拍手もしてみちゃってくださいo( _ _ )o

 | HOME | 

プロフィール

恵子

Author:恵子

2000年3月
『悪性脳腫瘍』と診断された義弟。
手術をしても余命2年。。。
いろいろなことがあって
いろいろな思いもあったけど
だけど、義弟も私達夫婦も
同居して約8年間がんばった!
2009年8月25日
午前10時59分
義弟がこの世を去るまでの
看護・介護の日々。。。

父の介護は
義弟の日々とのおかげで
暗くならずに過ごせています。

いろいろあって
ブログ維持が難しくなり
義弟との思い出として
ブログは残しますが
2013年6月30日を持って
終了しました。

長い間、読んでくださり
ありがとうございました。

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。